古本屋通信

林潤君のニュース

古本屋通信     No710  2月19日

 林潤君のニュース
  
 
 林潤君が 02-16 の自分のブログで下(青文字)のように書いていました。すばやい報告です。ニュースとして貼っておきます。

 因みに他の市会議員さんの次期選挙での続投、引退は明らかではありません。地区党会議での候補者内定は、あくまで組織内の決定であって、党公認は記者会見での発表が公表だと思うのですが。

 県議候補の森脇、氏平、すます各氏の発表も、県党会議直後の県庁での記者会見発表の直後でした。いっぽう県党組織の三役は県党会議決定の時点での公表でした。この辺の事も潤君はわかっていないようです。たいした事ではないので叱られませんが。

 潤君は余程嬉しかったのでしょう。引きつづいて頑張ってください。

 次期岡山市議選のポイントですが、共産党が北区で引き続いて2人たてるのか、それとも1人に絞るのか。いま河田さんと田中のぞみさんの複数です。定員が減るし、年齢からいって河田さんが引退する可能性もあります。その場合、田中さん1人に絞って万全を期すのか、それとも新人を立てて現有議席確保を目指すのか、むつかしいところです。竹永さん、東君は事情がないかぎり続投・再選はかたいでしょう。その場合、竹永さんが市議団長です。私は何の不安もありませんが、地区委員会の指導下での活動をお願いしたいと思います。

 緑の党は前回、県議の横田さん、市議の鬼木のぞみさんとも最下位当選でした。ぜひとも頑張って、鬼木さんが再選されて欲しいものです。私はもし共産党が北区安全パイで田中のぞみさん一本で行くなら、鬼木さんに投票します。そして市議会でののぞみコンビの活躍を期待します。その際の注文は、どうか左翼魂を持ち続けて欲しいということです。

文字色
日本共産党岡山地区委員会の党会議が開かれました。岡山地区での活動方針やそれを実現するための体制を決める会議です。
新任や引退、任務の変更があり、来る人去る人がありました。
日本共産党の出会いと別れの季節です。「来年のいっせい地方選挙で岡山市議三期目を目指す」という私の任務に変更はありませんでした。
引き続き、頑張ります。
林潤
 2014-02-16 22:18

??? 「出会いと別れの季節」 ねえ? 初めて聞いた。こりゃ、重症だな。
 
 それと、揚げ足をとる訳じゃないけど、コレ「岡山地区委員会の党会議」じゃないだろ。これだと地区委員会総会だ。岡山地区の党会議だから地区党会議という。支部から選ばれた代議員も地区委員も対等な立場で議決権を持って参加するんだ。キミ地区委員だろ。ちゃんと区別してよ。
  1. 2014/02/19(水) 09:15:22|
  2. 未分類