FC2ブログ

古本屋通信

共産党が採用している姑息な手法

古本屋通信   No 3684    2018年  12月04日


  最近、日本共産党が採用している姑息な手法


 部分的な事実の指摘は、それが象徴的な事実に見えても、必ずしも全体の真実を語るとは限らない。木を見て森を見ない議論がある。さいきん日本共産党が採用している姑息な手法がある。その中から典型的な事例を2件あげよう。


  その ① 志位委員長のツイッターより

志位和夫‏認証済みアカウント @shiikazuo · 12月2日
「『中絶か強制帰国、どちらか選べ』 妊娠の実習生は逃げた」
西日本の研修施設の規則には「異性との恋愛行為は一切禁止」とあり、実習生に署名させていた。恋愛も妊娠も禁止とは恐るべき人権侵害というほかない。まずやるべきは人権侵害の一掃だ。



朝日新聞デジタル 2018年12月1日19時03分 平山亜理
「中絶か強制帰国、どちらか選べ」 妊娠の実習生は逃げた
写真・図版 研修施設が技能実習生に約束させる同意書。「異性との恋愛行為は一切禁止」などとある
 外国人の技能実習生が妊娠し、強制帰国や中絶を迫られる例が相次いでいる。受け入れ機関側から「恋愛禁止」や「妊娠したら罰金」と宣告されるケースもあり、専門家は「人権上問題だ」と指摘している。
 「妊娠2カ月なんです」。首都圏の人権団体のシェルターに保護された技能実習生のベトナム人女性(22)は静かに語り始めた。西日本の製紙工場で実習するために来日し、1カ月の事前研修を終えた矢先に妊娠が分かった。
 「中絶するか、ベトナムに強制帰国かのどちらかを選べ」。研修施設の担当者に迫られ、中絶の薬を与えるとも言われた。
 「子供を産みたい。でも日本で働き借金を返したい」と思いつめ、逃げ出した。ベトナム北部の貧しい地域の出身。日本に来たのは「病気の母の治療費で多額の借金があったから」。渡航費の約100万円は祖母が親戚らから借りた。
 来日前に関係を持ったベトナム人男性との子だったが、相手は「自分の子ではない」と否定。女性はカトリック川口教会のベトナム出身のシスター、マリア・レ・ティ・ランさん(55)を頼った。SNSで相談すると、逃げる手はずを全統一労働組合(東京都台東区)と整えてくれた。
 マリアさんの元にはベトナム人女性からひっきりなしに同様の相談の電話やメールがある。先日も「自殺したい」と32歳の実習生の女性から連絡があった。妊娠し、やはり実習先から帰国を迫られ逃げたという。
 西日本のある研修施設の規則には「異性との恋愛行為は一切禁止」「外出は2人以上の行動とし、単独行動はこれを一切禁止する」とあり、実習生に署名させている。「男性と女性はお互いの部屋を行き来しないこと」とも書かれている。研修施設での順守事項だが「企業実習に於(お)いてもほぼ同様の規則となるので今から三年間は気を緩めず厳守すること」とある。
 施設の元担当者は「会社は実習生を効率よく働かせたい。妊娠したら生産能力が落ちる。実習生に産休をとらせる会社など聞いたことがない」と理由を話す。
 また、研修の教職員に配られた…


志位さんへの返信から
じじい通信‏ @KakioKueba · 12月2日
返信先: @shiikazuoさん
じじい通信さんがじじい通信をリツイートしました
もう事実上の、戦前の強制連行の復活。

🐰SOT-dantyo 🐰‏ @TDantyo · 12月2日
返信先: @shiikazuoさん
こんな奴隷契約がまかり通る日本は先進国とは言えない。
それを認識できない人間が多すぎるから当然ですが。

と お る‏ @_Ru_3_ · 12月2日
草。合意してきてるんだから規則は守るべきでは?何のための合意?規則?

星空ヨーゲン@toshi2791‏ @toshi27912 · 12月2日
最近のヤクザは違法な契約を結ばせて、そういう台詞を言うらしいな

フミヤ 🇯🇵‏ @sho_0238 · 12月2日
返信先: @shiikazuoさん
いや、お前は何しに日本に来たんだったって話じゃないの?
"実習"しに来たんだよね?
孕んで仕事出来なくなるなら中絶or強制帰国って当たり前じゃない?

T.Tokunaga‏ @ttoku1969 · 12月2日
返信先: @shiikazuoさん
人権侵害に、日本人も外国人も関係ありません。実習生制度はまさに野麦峠を想像させる過酷さであり、また上からの理不尽なことに耐えることが美徳で逆に目下には何をやってもいいという考えを持っている愚かな日本人が多いことも浮き彫りになっています。政治主導の労働環境改善が大いに必要と思います

Xianglan‏ @bamo02 · 12月2日
返信先: @shiikazuoさん
問題の本質を有耶無耶にして人権問題にすり替える、で何も解決しない。

徒然なるままに‏ @Tsuredure_blogg · 12月2日
返信先: @shiikazuoさん
そうではなくて、技能実習制度が既に破綻しているんですよ。技能実習制度の中身を確認してから言いましょうね。志位さんの娘さんが米国へ留学したとしましょう。そして恋に落ちて妊娠したとする。学業は?学費は?滞在は?どうしますか?人権だ~の問題とは別に考えなければならないことあるのでは?


taka_pub‏ @taka_pub · 12月2日
返信先: @shiikazuoさん、@sugi_moiraさん
taka_pubさんが志位和夫をリツイートしました
人権問題として全世界に発信すべきこと。今は外国人労働者がターゲットだが次は貧困層が同じことになるのでは。カルト安倍独裁政権をみているとそう思える。

モジャオモジャ‏ @majimojyao · 17 時間17 時間前
返信先: @shiikazuoさん
最近の政権批判詰まらないですね、貴方の口から人権問題とかが出て来る事自体が滑稽です。
就労契約と同じでしょう守らないのが悪い、無茶振りで人権問題にすり替えないで下さい惨めですよ。

藤本順一‏ @1958fujijun · 12月2日
返信先: @shiikazuoさん
労組が不法残留のお先棒とは驚き。出産や帰国資金を募るとか他にもやりようはあったはず。産みたい、働きたいも如何なものか。そもそも何しに日本へ。労働目的なら入国は許可されません。ゆるゆるの制度運用、制度の悪用が生んだ悲劇。彼女の思いとは別に、労組の行為に問われるべき罪はないのかな?


 古本屋通信
 読者には議論をママにお読み頂いて判断されたいが、私は上記のコメントの中では大字の徒然なるままに‏さんを支持する。こういう議論だと何時まで経っても平行線になる。それは木を見て森を見ないからである。日本にも世界にも、こういう理不尽な事例はゴマンとある。それを弁証法的唯物論の立場から如何に捉え、如何に変革して行くかが問題である。志位さんの指摘は事実の指摘ではあるが、それを指摘して「許せない」と叫んだらどうなると言うのか? 日本の悪政のせいにするには無理がある。技能実習制度が既に破綻しているのだから、その制度を廃止することが唯一の外国人労働者救済の道であろう。だが制度廃止に伴なう外国人労働者の処遇の問題も残る。万年野党党首の無責任な放言となる。あとは読者の御判断を。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  その ② おかやま民青さんのリツイートより

 これはさいきん停滞著しいおかやま民青さんのリツイートだが、元ツイートの党青年・学生後援会にアッと言った。‏まさか、まさかである。さらに検索して行くと、これはデマに近いツイッターだと判明した(つまり神奈川の青年400人の実態調査に1人の実例があったという赤旗首都圏版の記事。それも証拠写真さえもない)。やることが姑息という以上に汚い。学費と生活費をまかなうためにキャバクラでバイト」 なんて、都内でも全国でも掃いて捨てるほど事例はあるだろう。そういう部分を民青や党後援会が(斬り捨てろとはいわないが)正面から取り上げること自体が、これまた弁証法的唯物論の見地からは凡そ考えられない。

おかやま民青さんがリツイート
日本共産党青年・学生後援会‏ @redflagfes · 11月30日
「学費と生活費をまかなうためにキャバクラでバイト」
「1000万円の奨学金返済に備えて1日8時間、週5日バイト」
神奈川の青年が400人以上に実態調査をもって国会要請!
#赤旗首都圏版



  古本屋通信

 800円の時給でコンビニで働いていた女子学生が時給2万円の売春をやる、そしたら再びコンビニに戻れるだろうか。党はこれまで女子学生の売春問題を採り上げたことはなかった。それは真面目な、議論すべき課題ではないからだ。売春はルンペンのやることである。ルンペンは基本的な社会階級ではない。つまり春を売る人間は労働者を資本家にも売るだろう。それがマルクス主義のルンプロ観だ。エエ加減にせえ。

ルンペン・プロレタリアート  ウィキペディア
ルンペンプロレタリアート(独: Lumpenproletariat)とは、カール・マルクスが使用した用語で、プロレタリアート(労働者階級)のうち階級意識を持たず、そのため社会的に有用な生産をせず、階級闘争の役に立たず、更には無階級社会実現の障害となる層を指す呼称[1]。略して「ルンプロ」ともいう。
ルンペンプロレタリアート(Lumpenproletariat)の用語は、「ぼろ、浮浪者、悪漢」などを意味する「ルンペン」(独: lumpen)と、労働者階級を意味する「プロレタリアート」(独: proletariat)より作られた。
  1. 2018/12/04(火) 00:37:29|
  2. 未分類