FC2ブログ

古本屋通信

こんなブログなら発信するなよ

古本屋通信   No 3681    2018年  12月03日


  こんなブログなら発信するなよ


 何時から須増さんはオカシクなったか? 党岡山の災害対策本部長に就任した時からである。それまでも須増さんはブログを殆ど発信していなかった。だが稀に書くと理解できる優れた文を数行で書いた。だから私は安心して彼女を支持できた。だが下記の数文はいったい何なのか? ただ活動したという事実が書かれているだけである。その活動の意味がまるで分からない。

  なぜこういう事になったか? それは諸活動が彼女の中で統一的に把握されていないからである。ネジレを起こしているからである。もっとハッキリ云えば、やりたくない活動をイヤイヤやっているからである。
そう、党岡山の災害対策本部長は彼女にとって不本意な、やりたくない任務であった。それが文に正直に顕われている。今すぐ党災害対策本部は解散したほうがよい。でないと彼女は潰れてしまうだろう。以下、各文に簡単な私のコメントを赤で付ける。こんなでたらめな文なら発信しないほうが余程マシである




 ダムの放流と決壊の関係について
2018年11月30日すます伸子
国土交通省、岡山河川事務所に、ダムと決壊の関係についてと、小田川の決壊の情報の発信状況、さらに小田川付け替え点工事についてなどを聞きました。
河川事務所は、ダムの放流と決壊の関係について、原因の一つと考えて、今後、新成羽川ダムに対し、治水能力も対応いただくため検討していく。と答弁されました。

 さっぱり意味が分からない。これは国交省のレクだろう。そもそも党は今回の事故について、国交省と対立していたのではないか。ここに来て国交省の説明を認めるのか、その根本のところが不明である。結論はハッキリしている。国交省が正しい。終始党が間違っている。とりわけ小池書記局長が倉敷にやって来て暴言を吐いた。それから元党倉敷市議の小山博通氏のキチガイ文(小田川はなぜ決壊したか)。それらは自党の過去の工事妨害を棚上げして、政府国交省の工事を総攻撃するデタラメだった。それを何時のまにか忘れて今回のレクである。いい加減にせえよ。



 「あじさい」問題について、申し入れをおこないました。
2018年11月30日すます伸子
障害者就労支援A型事業所「あじさい」問題について、県議団で、県の保健福祉部長へ申し入れを行いました。
部長は、解雇された障害者の皆さんの就労あっせんを市と協力して努力するとともに、検証の必要性も考えていきたいと答えました。

 これまたサッパリ分からない。ちゃんと説明しろよ。市議団の田辺さんの記事も読んだが分からない。申し入れの全文を転載すべきだが、この問題は党倉敷地区委員会と党倉敷市議団が全力で取り組むべき大問題である。なのにやらない。だからこういう申し入れでお茶を濁している。いますぐ災害対策本部を解散して、あじさい問題に全力で取り組みなさい



  ゆきとどいた教育を
2018年11月30日 すます伸子 
ゆきとどいた教育をめざす会の皆さんが、18462筆の署名を集め、岡山県議会議長へ届け、それぞれの思いを訴えました。
高橋議長は、党派関係なく、先生を増やし多忙化を解消し子どもたちに向き合う時間を増やしていくため、がんばります と語られました。

 同じ取り組みというより申し入れを党福山市議団がやっている。河村さんの報告のように具体的に書けよ。アリバイ運動は不要である。切実さが感じられない。

2018年 11月 29日 河村ひろ子
教職員の働き方を変えたい!提言書を渡しました
大平よしのぶ前衆議院議員と日本共産党福山市議団は福山市教育委員会へ
「教職員の働き方を変えたい」という日本共産党の提言を渡し、懇談しました
c0344085_17563315.jpg
2016年度の教員勤務実態調査によると
教員は月曜日から金曜日まで、毎日平均12時間ちかく働き、休みのはずの土日も働いています
忙しすぎて、先生同士がコミュニケーションをとる時間がなく、連携が悪くなったり
精神疾患の休職者が増え、過労死もあとをたちません
教員の長時間労働は全国的な大きな問題です
しかも、公立学校の教員が、法律で例外的に「残業代ゼロ」とされてきたこも重大です
私の近所の学校も、夜の9時や10時になっても学校の職員室の電気がついている
朝も早くから先生は校門のそばに立っていたり、本当に長時間過密労働だと思います
今日の懇談でも話しになりましたが、福山市は月に1回、先生の研修日を設け、生徒を一斉下校させ研修を充実させたり
クラブ活動がない曜日を設けるなど、先生の働き方を変える取り組みを行っています
しかし、団塊の世代の大量退職に伴い、新たな先生を確保することが非常に困難になっています
募集をしても先生が来ない!
先生が体調不良で休みになっても代わりの先生が来ず、プリント実習など「教育に穴があく」ことも起きています
2~3年前、英語の先生が休んで授業ができず、息子のテストにも影響することもありました
各自治体と学校現場の取り組みと共に、国として先生の働き方を改善をする取り組みが必要です
将来教師になりたいな、と思える環境づくりが、今こそ求められてます
私も母が教師だったこともあり、先生の大変さは小さい頃から感じていました
先生にとっても、子ども達にとっても安心して過ごせる学校になって欲しいですよね!
残業代をきちんと払い、残業時間を規制すること
労働時間の把握と健康管理
専門職として働くルールをつくる
などなど、日本共産党は全力で頑張りますよ~!




  6度目の政府交渉をおこないました。
2018年11月30日 すます伸子
西日本豪雨災害
6度目の政府交渉です。
かみあわない所もありましたが、グループ補助金と持続化補助金は継続の可能性が大きく、諦めていた方々に良い報告ができそうです。
その他にも仮設住宅の二年間の期限を伸ばすことは知事の判断で可能であること、また医療費の無料化は、国の10割負担で引き続き出来るかどうかは市町村の判断であることなどがわかりました。
しっかり被災者の、声を届け県や市を動かせるようさらに頑張りたいと思います。

 やりたくないんだろうな。いや政府がではない。須増さんたちがだ。アリバイ「闘争」がミエミエである。それでもやらないと党のブルジョア議会主義路線が完全に破綻してしまう。だけどやればやるほど党の支持率は低下する。悲しい哀しい路線であるナ。
 


  倉敷支部の総会

2018年11月26日 すます伸子 
国民救援会の倉敷支部の総会に来賓として参加し、挨拶をしました。
末田市議も倉敷民商を支える会会長として挨拶されました。


 先日の倉敷民商弾圧反対決起集会は国民救援会が中心でしたね。貴女はその日、集会を欠席されて東北でしたね。旧被告の夫君も不参加でした。それを咎めるものではありませんが、総会に来賓として参加されたのでしたら、国民救援会運動の意義と、党との関係くらい書いて下さいよ。それでなくても、国民救援会の運動は党運動と見做されていないのですから。
  1. 2018/12/03(月) 00:13:41|
  2. 未分類