FC2ブログ

古本屋通信

おかやま民青さんが感心しない

古本屋通信   No 3676    2018年  11月29日


   どうも、おかやま民青さんが感心しない

 古本屋の私の店におかやま民青の学生さん(岡大生)が来てくれたこともあって、私はおかやま民青さんを応援したい気持ちは強い。だから毎日ツイターを訪問している。だがリツイートばかりが目について、自前の発信が少ない。リツイートが何でも駄目だとは言わないが、下のさっぽろ青年ユニオンのコンビニ批判のリツイートには違和感を持った。遠く北海道の地域限定のコンビニ批判なら、いちいち反論しようとも思わない。だがそれを岡山の民青さんがリツイートしたら、コンビニとは全てそういう働かせ方をしていることになるだろう。そうではないとは断言しない。だが私の知る岡山のコンビニに関する限り、そういう見方は極めて一面的だと思う。

 下にさっぽろ青年ユニオン の見解に焦点を当てて自論を述べるが、敢て私の立場を明らかにしておこう。私は零細企業たるコンビニのフランチャイズ店の立場に立って書くことにする。そう、全国に林立するコンビニは、独占資本たるセブンイレブンや、ファミリーストアーや、ローソンや、ポプラや、サークルKサンクス、その元締めではありません。そのフランチャイズの個人経営の一店舗なのです。ここを間違えるから、コンビニをブラック企業だと云う、トンデモ議論が噴出するのです。まあ働かせ方に問題はありましょうが、独占資本の搾取収奪の文脈で語る過ちは、最初に指摘しておきましょう。




おかやま民青さんがリツイート
コンビニなう‏ @UPCSWAGE · 11月28日
さっぽろ青年ユニオンのホームページに、コンビニなうの「自腹買取ゼロ」キャンペーンが紹介されています!
是非ご覧ください✨

#コンビニ #最低賃金 #さっぽろ青年ユニオン #自腹買取ゼロ

コンビニ自腹買取ゼロ!キャンペーン
私たちさっぽろ青年ユニオンでは、若者の労働環境の改善に取り組んでいます。コンビニエンスストアは、学生をはじめとした非正規ではたらく若者のバイト先の代表ともいえますが、近年アルバイトへの罰金、季節商品のノルマや買い取りなどが問題になっています。また、賃金は最低賃金に張り付いています。

この間の調査結果では、ほとんどの店舗が最低賃金ギリギリの時給で、自社商品の買い取りやレジの金額が合わない時に自腹で清算しなければいけないといった違法行為もありました。過剰な負荷やクレーム対応などの実態もあります。

現在、さっぽろ青年ユニオンは、「自腹買取ゼロ!」キャンペーンを実施しています。季節商品の自腹買い取りに悩んでいるコンビニ店員のみなさんは、ぜひさっぽろ青年ユニオンにご相談ください。コンビニで働いた経験のあるユニオンメンバーが相談に乗ります。相談方法は、メール、ライン、電話、面談など相談者の状況に合わせます。
年末にかけて季節商品の買い取りが増える時期です。一緒に労働環境を改善しましょう。




   古本屋通信

  抽象論は避けて私の知るコンビニに就いて書く。私の自宅から古本屋の店までの約2キロ、その周辺も含めてコンビニは7店舗ある。セブン3、ファミスト2、ポプラ1、ローソン1。知るかぎり全て個人経営の店である。私は全て利用しているが、集中的に使っているのはファミスト清心女子大前店である。この店は最近サークルKサンクスから名前を変えたが、同系列だそう。店の経営者は Tさんという。もう 20年間、この場所でコンビニを経営している。

 Tさんの店は潰れないで持続してきたが、私が上に挙げた7店舗のエリアにかつて存在し今は存在しないコンビニは20店舗ある。すべて潰れたのである。1年持たなかった店もある。持続していても経営者が変わった店もある。

 以下は私が20年近く通っている清心女子大前店。一人の客として以外にあるとすれば、店の看板娘が3年間パートで働いたこと。経営者のTさんの自宅に古本を買いに行ったこと。この2点だけである。

 この店は清心女子大の前だが、学生は昼休み以外は殆ど来ない。売り上げの学生が占める割合は1パーセント以下。また最近大学生の店員はいない。ゼロである。私は4交代のパート労働者全員の顔を知っている。年齢は若くて30歳前後、中年以後の主婦が多い。最近メンバーの入れ替わりはない。

 コンビニの成否は主要には店員の成否である。商品の差別化は殆どない。それが私の見方である。その点でこの店は成功している。ただ、最初から成功していた訳ではない。学生バイトを使わなくなって成功した。学生は駄目である。これは他のコンビニでも同様である。若いほどよくない。定着率が悪い以前に、使いものにならないのだ。礼儀も知らない。

 極端だが、コンビニ界隈で公然と語られている事実。万引き倒産。不良学生を雇用した途端に会計が合わない。それもそのはず、バイトの学生の仲間が大量の商品を持ち帰る。これは万引きでさえないだろう。上記の店が自腹を切らせるのは当然かと。牽制と、懲罰暗示の意味からも必須かと。

  少々の誤差で自腹を切らしたり懲戒解雇にする事は有り得ない。勘で一発でわかるが、証拠を見つけて摘発するには困難が生じる。さっぽろ青年ユニオンさん、どうお考えでしょうか? 私の生活圏の倒産した20店舗の多くは万引き倒産なんですよ。責任、とれますか? 今の民青は余りにもアホなんよ。バランス感覚の欠如。だから大会をやっても、こういうデタラメな報告しか出来ないのです。


 あと決定的なのは不法駐車による倒産。これは苦労したらしいが最近はゼロ。たぶん秘密兵器がある? それと店の前での飲み食い。これはある程度は仕方がないが、要は雰囲気の問題。

 7,8年前に、浮浪者とも、タカリとも、酔っ払いとも、シャブ漬けとも分からぬ男あり。こういうのは何処の店にもやって来る。パチンコ屋でも同じだが、対応は難しいだろう。それから中年女の客引きならぬ挑発女あり。私でさえも誘われた。こういうのも難物だろう。

 以上、さっぽろ青年ユニオン への個別の反論にならなかったのは、余りにも勝手な学生サイドに立った議論であるから。
  1. 2018/11/29(木) 16:03:27|
  2. 未分類