FC2ブログ

古本屋通信

「赤旗」 改革について

古本屋通信   No 3658    2018年  11月20日


冒頭  9. ASA―YASU  @日曜版タダ読み状態
2018年11月20日 07:33
みなさん おはようございます、
スレに絡んで、某古本屋の旦那の
コメント読みはりましたでしょうか?


   

   「赤旗」 改革について

 日曜版の値上げとも相俟って、キンピーサイトでも議論になっている。この問題に就いて書いたことはない。書かないのは、書き始めたら、行きつく先は見えているからだ。今回はそれを承知で一寸だけ書こうか。

 大なたを振るうのである。日刊紙を全廃し、日曜版だけにする。その日曜版は、現在の日刊紙の内容を充当し、しかも現在の日曜版の大きさで、8ページ立てで発行する。

 私は過去半世紀、日曜版を読んだことはない。読む記事がないからである。ああいう大衆迎合の新聞は、党の水準を低下させるだけだから、即全廃する。日刊紙を週刊にして日曜版にする。

 新日曜版は殆どの報道記事をカットし、最重要な政治課題の報道と解説、それに理論問題の論文を掲載する。

 党中央の赤旗編集局の人員は80パーセントを削減する。配達は当然ながら週一回の日曜版の配布に準じる。難しいことではない。「新婦人新聞」のようにやったらよろしい。

 これで問題の大半は解決するだろう。ただ過剰人員の整理の問題が残る。私は職業的革命家の比重は全党員の1パーセントを死守すべきだとの見解である。それは党議員を含めてである。赤旗の配布と集金に専従など不要である。各級議員がやるべきである。とくに国会議員は先頭に立ってやれ。 以上オワリ。

追加 老齢で目が見えない党員以外は赤旗を読むことを党員資格とするよう、党規約を以前に戻す。ただし生活保護受給者の購読料は免除する。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 5チャンネルの、ピントはずれの、気分を害するだけのコメントについて。

396革命的名無しさん (ワッチョイ)
2018/11/20(火) 21:21:32.770
赤旗配達は国会議員もやってるんだけどね。
地元にいる時だけにしても、みんな日曜版くらいは配ってる。


 誰も(私も)国会議員がまったく赤旗を配っていないなどと言っていない。ピント外れな低脳のコメントを、知ったかぶりしてするな。

 上記の文脈は「赤旗」を改革して、日刊紙を廃止し、日刊紙の内容を週一回の日曜版に移行するとの議論で、その配達に関する論である。それに党専従を多く充てている現行の制度を改め、議員中心の配達にすること、議員の中でも国会議員には先頭立ってやって貰いたい、と述べている。

  その全体の文脈の文意をくむことなく、揚げ足をとるようなコメントは、以前の 「JCPは・・・」 であろう。アホウ、消えろ! ハンドルを変えても発想が同じだからミエミエである。すこしは成長しろ、だからネカマ様にも馬鹿にされる・・・。

 言っとくけど、てめえ、国会議員の誰と誰が日曜版を配っているのか知ってるのか。知りゃあせんだろう。教えてやる。穀田は配っている。志位も、小池も配っていない。言い訳は防衛がつくからだが、ならば其の防衛か、秘書が配ればよいが、配っていない。市田には防衛がつかなくなったが、配ってはいないだろう。赤嶺も配っていない。いい加減なことを言うなよ、アホウが。

 ねんのために教えてやる。てめえ、日曜版の配布の流れも知らんだろう。日曜版は全国の輸送ルートに乗って、木曜日に地方配送され、木曜の午後には分局から末端の詰め所に収まる。私は午後4時には取りに行って、基本的に木曜日中に配達する。出来ない日は金曜日だ。土、日に配達することはない。日曜版だから土、日でも構わないようなものの、それは例外だろう。してみると国会議員の多くはやっていない。重ねて、てめえの欺瞞がばれたということだ。
  1. 2018/11/20(火) 05:08:36|
  2. 未分類