FC2ブログ

古本屋通信

全ての任意寄付金を公表せよ

古本屋通信   No 3604    2018年  10月15日


    白を黒と強弁するのなら、全ての任意寄付金を公表せよ

 何ら不正入試でないのに、ここまでデッチ上げるのなら、私立医大の全合格者の任意寄付金の全てを大学に公表させよ。決められた寄付金は募集要項で前もって公表されている。それ以外の寄付金はすべて不正な寄付金である。全合格者の寄付金全てを公表せよ。任意寄付金を支払って合格した医学生は不正入学者である。そういう医学生の名前を公表し、自主退学を要求せよ。面白くなるぞ。現役医学生の半分は退学になるだろう。

 下にエエカッコの談話を寄せている阿呆よ、てめえが他人のことや、大学のことを批判できるわけがなかろう。自分の立場をわきまえろ。



昭和大医学部も入試で不正 得点操作を認め謝罪
2018年10月15日 19時02分  NHK

医学部の不正入試をめぐる問題で、都内にある昭和大学が15日、記者会見を開き、6年前の医学部の一般入試から2浪以上の受験生が不利となるような得点操作が行われていたことを明らかにしました。大学は「不適切だった」として、謝罪しました。

東京医科大学で不正入試が明らかになったことを受けて、文部科学省はほかにも同様の不正がなかったか全国の医学部を対象に調査を進めています。

こうした中、東京 品川区に本部がある昭和大学は15日夕方、小出良平学長らが記者会見し、医学部医学科の2次試験で6年前から得点操作が行われていたことを認めました。

そして「これまでは不正と考えていなかったが、文部科学省からも指摘を受け不適切だったと考えている。受験生や社会の信頼を損なうもので深くおわびします」と述べて、謝罪しました。

大学によりますと、80点満点の2次試験において、現役の受験生には10点、1浪には5点が加点された一方、2浪以上には一切の加算がなかったということです。

さらに、卒業生の親族を優遇するような事例もあったということです。
これらについて、大学は募集要項に記していませんでしたが、会見では「現役や一浪の受験生の将来性を評価して行った。卒業生の親族については入学者を早く確定させるためだった」と釈明しました。

大学は、第三者委員会を設けて今後の対応を検討するとともに、不利益を被った受験生には誠実に対応するとしています。

学生は驚きと怒り

昭和大学に通う学生からは、今回明らかになった不正入試に驚きや憤りの声が聞かれました。

医学部の5年生の男子学生は「医学部には、現役生がやたらと多いなという印象を持っていました。大学としてのイメージも悪くなるのは避けられないと思いますが、今後は平等な入試をしてほしい」と話していました。

薬学部に通う5年生の女子学生は「ニュースで不正をしている大学があったことは知っていましたが、母校であったとは知らず、本当に残念で、許せないです」と話していました。

同じく薬学部の男子学生は「予備校でも浪人生は不利だと言われていましたが、本当に得点調整をやっていたとは驚きました」と話していました。

複数の大学で不正疑惑

東京医科大学の不正入試問題を受けて、文部科学省は全国に81ある医学部の入試を調査した結果、男子の合格率が女子を上回る大学が全体の8割近くに上ることを明らかにしました。

一方で、ことし8月の時点で、入試に不正があると認めた大学はありませんでした。

その後、文部科学省は男女の合格率に開きが大きかったところなど、およそ30校を訪問調査したところ、今回の昭和大学を含む複数の大学で不正が疑われる事例がみつかったということです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 以下は現役受験生が有利になる例ではなく、逆に浪人でないと合格しない例だ。

 1964年春、私の連れ合いは東京芸術大学美術学科を受験して不合格になった。高校は香川県丸亀高校。クラブ活動は美術部。美術の指導教諭は東京芸術大学出身だった。芸大の教授とは師弟関係にあった。

 受験に当って指導教諭に相談した。その教諭が言うには、現役では絶対に受からない、一浪すれば何とかなるだろう、いや合格させてやる、ただし現役時に不合格覚悟で芸大を受験しなければならない、と。

 連れ合いは現役で受験した。しかし実技試験で多くの受験者の腕を見て、自分は到底無理だと悟ったという。言うなでもなく不合格だった。国立二期のK大学教育学部中学校課程美術専攻に合格して浪人はしなかった。

 芸大の定員は少ない。一回の実技試験で判定することこそ公平でないだろう。師弟関係の縁故を通じて絞ることこそ合理的な公平な選抜方法だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・

 似たようなことは、或る音楽大学でもあった。私が私塾の講師をやっている時代、ある親が娘を東京までレッソンに通わしていた。たかが音楽のレッソンだ、岡山で間にあわないことはなかろう。あきらかに縁故入学の目的があった。名門音大であった。
  1. 2018/10/15(月) 22:11:16|
  2. 未分類