古本屋通信

狂気と正気の転倒(逆転)

古本屋通信   No 2729    2017年  08月12日
 
  狂気と正気の転倒 最近3ヶ月の異常な赤旗キャンペーン


 すぐ下に貼ったのは、最近私が2チャンネルで頂戴した3つのコメントである。コレはたぶんカルト党員とも云えない、普通の赤旗読者の一般的な感想ではないかと思う。至近の私の記事に思いほか支持が少ない事と併せてそう思う。ここら辺りを叩き台にして、夏の原水禁大会の異常な赤旗報道について感想を書きたい。


734革命的名無しさん (ワッチョイ)2017/08/09(水) 17:24:55.700
古本じいさんすごい。狂ったように罵倒している。最近病状が悪化している

735革命的名無しさん (ワッチョイ)2017/08/10(木) 19:17:20.430
「引っ越しおばさん」騒動での塩爺のコメント「あれはキチガイの顔ですわ」というレベルだな、古本屋は・・・

736革命的名無しさん (ワッチョイ)2017/08/11(金) 20:54:21.280
認知症の初期症状w



  

  古本屋通信

 この春、志位一行がニューヨークに出掛けた時、私はこの狂気(上の投稿では私のビョーキ)は間違いなく夏まで続くと予想したが、そのとおりになった。

 そもそも志位一行が党の金を使って国連会議でもないニューヨークに出掛けて行ったのが尋常ではなかった。なぜなら国連はそれに加盟している世界各国政府によって構成されている機関であり、原則その会議も政府職員で構成されているからである。特別な要請によって政府以外の民間が招かれるケースはある。しかし部外者わけても日本の野党が物見遊山に出掛けて行ってチャチャを入れるような場所ではない。これは少し考えてみれば小学生でもわかる事だろう。世界200近い(?)国連加盟国、その各国には政権を取っていない野党は数倍あるだろう。世界の1000近い政党がニューヨークに出掛けて行って、自国の政府とは違う見解を発言をしたらどうなるのか。コレだけでも志位一行はキチガイであった。論より証拠、日本の他の野党は誰ひとりニューヨークに行かなかった。日本政府は志位一行を非難しなかったが、これは論外のキチガイだったから、無視したのだろう。志位以外の他国のナントカ議員連盟の野党議員が国連に押しかけて行ったという話もまったく聞かない。この時点で日本共産党の訪米団そのものが既に無効だったのである。つまりはじめから国連会議にはカスリもしないヌカ(カス)だったのだ。言い換えると志位訪米団は、その後の国内向けデマキャンペーン(というより自党の党員向けデマキャンペーン)の出発点の猿芝居としてしか意味がなかったのである。

 それか3ヶ月。いいですか、冷静に振り返ってみましょうね。先日の広島と長崎の大会に至るまで、志位訪米団を出発点とする核兵器禁止条約推進キャンペーンに乗った日本の大衆的運動と、それを推進するジャーナリズムの報道がありましたか? まったくありませんでした。赤旗とその周辺以外で、核兵器禁止条約に賛成する署名運動や集会やデモがありましたか? 皆無だったでしょう。当たり前です。だれもやる気がないのですから。こんな狂った、しかも超ピント外れの運動をやる者は一人もいませんでした。

 少し跳びます。核兵器禁止条約、この条約ははじめから流産が予定されていました。たとえ形式だけ、国連過半数で可決しても、それは過半数の意思の表明にとどまる「形式だけの決議」(コレを天まで持ち上げて、被爆者の長年の運動の努力が実ったとはしゃいで廻る超低脳、まるで戦争末期に日本が負けるたびに勝った勝ったとデマったブル新聞を思い出しますね)であり、実効性において初めから無効を約束された条約です。それでも核保有国にたいする一定の圧力とデモストレーションにはなります。然しそれで終りです。決議に賛成した国で日本共産党のような異常な賛成キャンペーンを展開している国はありません。なぜなかったのでしょうか。意味がありませんから。何処に対しても何の効力もありませんから。だから日本共産党は異常なのです。狂っているのです。

 志位らのデマキャンペーンに乗る共産党員が皆無に近かったのも今回の特長です。乗ったのは赤旗を除けば極端には小池と大平と本村伸子だけでしょう。だから本村の罪が重い。不破哲三がいま赤旗で「資本論」の連載記事を書いています。彼は黙っていますが、トコトン志位ー小池路線に反対です。野党共闘路線に反対です。これはKM生さんも書いています。また核禁問題についても志位に反対です。だから一言も言及しません。裏で 「ボクは違うな」 と言っています。全ての常任幹部会委員はそれを知っています。だから志位を持ち上げません。

 ここら辺の読みがあるからでもないでしょうが、岡山の党員は驚くほど沈黙を保っています。尻軽女やっているのは垣内京美さんだけです。あとは古本屋を恐れているのか、まったくダンマリです。これはやはり誰が考えても志位らのデマキャンペーンがおかしいからでしょう。まあ非核の政府を野党連合政府の綱領にしようという話を民進党に持って行けと言われても無理ですわ。キチガイですから。大平はその話を広島3区の塩村の所に持ち込めばよいのです。どんなに自分が狂っているか分かるでしょう。

 さらに少し跳びます。志位が5日の広島演説で非核の政府を野党連合の課題に加えるという提言をしました。これは本人も自覚していると思いますが、2つの完全破産の宣言です。つまり野党共闘の完全破産と核兵器禁止条約の完全破産です。理由は言わなくてもよいでしょう。ということは志位執行部の完全破産です。ただ民進党のれんほうのようには行かない。後がいない(笑)。

 上記の3つの投稿をおもしろく読ませて貰いました。たぶん赤旗の熱心な読者なのでしょう。一時のような「クソ爺、エロ爺、福山に行け」というような悪意は感じられません。ただ、赤旗から離れて冷静に本村さんを観察してください。私は例によって激しい口調で書いていますが、ビョーキではありませんよ。彼女だって一度肩の力を抜いて、普段着で原爆病院を訪問すればよいのです。国会議員を名乗るのではなく、写真も撮らないで、いっしょに同じ食事を摂るのです。とにかくエリートがいけません。

 尻切れトンボですが、眠る時間がなくなりますからこれ位にします。
  1. 2017/08/12(土) 00:54:25|
  2. 未分類