古本屋通信

日本の原水爆禁止運動は消滅した

古本屋通信   No 2724    2017年  08月07日


 ありがとうございます。冒頭に貼らせて戴きました。

2. ゴミスケの秦野真弓
2017年08月08日 16:53
古本屋通信様って立派な方ですよね。私も、負け猫=定時制高校の、頃から、
♪夏が来れば♪思い出す♪遥かな♪津山♪遠い空、。とばかり、岡山県、旅してました。今年の夏、秋ゆく街の、えたどつう

3. ゴミスケの秦野真弓
2017年08月08日 17:14
古本屋通信様って立派な方ですよね。私も、また、負け猫=定時制時代と同じく、
今夏、岡山県行きたいけれども、秋にドイツフランス旅行控え、できません
。でち私、私
女の子夏が来れば思い出す♪遥かな♪津山♪とういそらの、唄、忘れません




2017年8月7日(月) 赤旗
条約参加へ巨大なうねり 原水爆禁止世界大会 
ヒロシマデー集会に (たったの) 2000人 (ワースト新記録)



  日本の原水爆禁止運動は消滅した


  日本の原水爆禁止運動に壊滅的打撃を与えた志位の核兵器禁止条約賛美

 史上最低の数百人しか集まらなかったメイン集会。中核派にも負けている?

 前進チャンネル番外編「8・6ヒロシマ大行動」@movie

 もう理屈は要らない。運動の現実が全てを語っている。志位が広島を訪問して5日に広島駅前で大平と一緒にアジ演説をやった。そして昨日6日の原水爆禁止世界大会の全体集会(ヒロシマデー集会)で挨拶したそうな。

 なんと、何と、その集会には、赤旗報道でもたった2000人しか参加しなかったそうな。赤旗一面トップのメイン記事にそう明記されている。会場全体を臨む写真はまったく掲載されていない。2000人という数字が主催者発表の数字であるとも書かれていない。数字以外に何もかかれていない。

 参った。去年は確か5000人発表で、実質1500人の参加だった。これも赤旗は会場写真を掲載しなかった。参加した村井明美さんがブログに全体写真を載せたから、リアル数字がバレたのである。

 今年は確実に1000人を割っている。もはや原水禁大会は消滅したに等しい。数百人参加、会場設営関係者など主催者を別にすると、実質的な参加者は皆無に近いだろう。いっぽう広島市主催の記念式典は5万人の参加だ。これは減っていない。

 われわれの時代、1960年代後半の原水爆禁止世界大会広島大会は2~3万人の参加だった。分裂大会でも日本原水協主催の大会はそうだった。平和慰霊祭を横目に見て、それを上回る動員を目標にした。毎年夏の大会参加者の中から平和運動の活動家が生まれた。

 戦わない運動が今日の事態を生んだ。アメリカ帝国主義と戦わず、国連と国連のベテン条約を賛美し、朝鮮民主主義人民共和国を糾弾する運動が日本の原水爆禁止運動を消滅に導いた。それでいて朝鮮のミサイル発射に抗議する事さえもできないインポテンツ大会。

 大会には何処の旧社会主義国の共産党・労働者党も参加していない。中国やロシアの大使も参加していない。もちろん米英仏なども参加していない。参加は核兵器問題の当事国以外である。

 しかしいったい志位街頭演説会の全景を写せない、そして原水禁大会メインの会場写真を写せない、こういう世界大会はいまだかつてなかった。もうオワリだよ。アメリカ帝国主義といっしょになって中立国の朝鮮を包囲するというのだから、そういう平和運動に誰がついていくものか。

 さあ後は非核の政府を作る野党共闘だ。大平君、頑張ろうね。一昨日の君の街頭演説、声が震えていた。四面楚歌を意識してた。たぶん古本屋通信も読んでいる。感心だね。何処に出かけても拍手がない。落選の危機を感じているだろう。いっそトップ候補を京美さんと交代しては如何か?

 岡山の共産党員で、ヒロシマデー集会に行った者はひとりもいないみたいです(福木京子赤磐市議が参加されたようだ。下にその記事を貼っておこう。それから京美サンが参加しているコトは献花で知っていたが、本村カルトの写真から石井ひとみさんの参加を知った。たぶん新婦人としての参加だろう。そういう切り替えのできるひとです、石井さんは)。隣の県で新幹線で一時間だというのにね。新幹線料金が惜しい。納得。さあ福山をこれから調べてみます。辻県議は慰霊祭の党議員団として献花していましたね。義理だもんね。あと調べてみます。

 今や何の効力もない日本の原水爆禁止運動は世界中から馬鹿にされきっています。被爆者をダシにしたプロ運動家の年中行事に過ぎませんから。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日の夕方になって、昨日やはり娘さんといっしょに広島市に出かけた河村さんの記事がアップされましたので、全文を転載します。絶品です。


 8月6日 広島に原爆投下
 2017年 08月 07日  日本共産党福山市議  河村ひろ子

1945年8月6日 午前8時15分

広島市に原子爆弾が投下されました

広島の死者は、その年の末までに約14万人

あれから72年もの年月が経ち、被爆者の平均年齢は80.86歳(2016年3月末時点)

核兵器のない世界の早期実現と、原爆の悲惨さと戦争の実相を若い世代に継承しなくてはなりません

8月6日に広島に行かねば!

今年は娘も一緒に広島市へ

福山市原水協が主催するフィールド・ワークに参加しました

c0344085_14280497.jpg

今回も高橋雄夫さんが講師です

爆心地から1.3㌔北にある「広島逓信病院 旧外来棟被爆資料館」に行きました

病院の建物は、窓が大きく当時としてはモダンな造りだったそうです

しかし、原爆によって窓ガラスは粉々に砕け、窓枠などは風圧で吹き飛び、建物の外郭だけ残りました

c0344085_14373926.jpg

原子爆弾は投下時、核分裂によって1000万度の熱、火の玉となりました

その熱が光に変わります

原爆の光線は一瞬、約0.2秒の出来事でした

その光が物に衝突してふたたび熱となる

その時の熱は、なんと約3000度

3000度の熱によって一瞬に体内の水分が奪われる

髪の毛1本1本から水分が奪われ、爆風によって髪の毛が逆立つ

皮膚内の水分も一瞬で沸騰し、ドーン!という衝撃(爆風)で皮膚が垂れ下がる

c0344085_14350871.jpg
(「上空ピカッと原子爆弾がさく裂した」当時の様子を話す高橋信雄さん)

爆発で空気の温度があがると、空気は膨張する

どれくらいのスピードで空気が広がったのか・・・・1秒間で何キロも広がった

ドーン!!と爆発して空気がおされ厚い空気の壁が出来た

それは巨大なハンマーのようなもので、その圧(風圧)で窓ガラスは粉々になり

人や建物は吹き飛ばされた・・・

一瞬のうちに多くの命が奪われたのです

熱線と猛烈な爆風、原爆の恐ろしさを改めて感じます

私たちは固唾をのんで話を聞いていました

c0344085_14290894.jpg

蜂谷道彦さんは、当時の逓信病院の院長です

院長は自宅で被曝し、重傷を負い4日間ベットに臥せていたが、5日目に治療を始めました

蜂谷院長は、病気の患者の種類と症状に特徴があるのに気づきます

それは、ヤケドや外傷の有無とか関係なく、一様に食欲不振・吐き気・下痢・血便・・・

無傷で直接原爆にあっていない人にも同じような症状が出始める人がいる

これは、原爆で放射能がチリや黒い雨にまざり水や土、直接人体に降り注ぎ、内部被ばくを引き起こしました

放射能が体内に入ると、体の細胞が壊されます

腸壁が壊され、嘔吐や血便となるのです

「原子爆弾が落ちた」という噂をきき、蜂谷院長は顕微鏡で患者の白血球が減っている事を発見

自身の体験と被爆者の様子を8月6日から9月29日まで記録しました

アメリカのGHQは「広島を発信してはならない」と、被爆者を治療した多くの病院のカルテを没収しました

しかし、蜂谷院長は病院のカルテは没収されても、自身の記録は渡しませんでした

サンフランシスコ条約が締結されたのちに、この日記が公表されます

この記録は「ヒロシマ日記」として、世界11か国翻訳され広島の惨状が伝えられたのです

c0344085_19490573.jpg

核兵器の恐ろしさは、放射能によって地球の環境を壊し、人体に深刻な影響をもたらすことです

今回のフィールド・ワークで、あらためて被爆の恐ろしさを感じました

「戦争しない世の中にしたい」

これは、私が日本共産党に入党した原点です

あの日、広島では何が起こったのか・・・被爆者の苦しみは・・・

私も子ども達に語り継ぎたいと思います

# by kawamura0827 | 2017-08-07 19:51 | Comments(0)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2017年原水爆禁止世界大会in広島へ参加
 2017-08-06 22:56:19    日本共産党赤磐市議  福木京子
 午前7:00過ぎ家を出て、Mさんを誘ってバス停に。岡山駅には8:00すぎに着き、赤磐原水協の8人は8:50発の高速バスで広島に。11:00過ぎに広島県立総合体育館近くのバスターミナルに着きました。

 まず昼食をとり、すぐ原爆ドームに向かい、慰霊碑に。貞子の像の所に赤磐から持って行った千羽鶴をささげました。慰霊碑では、午前8:00から市平和記念式典があったばかりで、私たちはここで手を併せました。
 そして、10分ぐらい歩き、会場の広島県立総合体育館に。受付を済ませ会場に入ると、すでに岡山県代表の席は一杯で、私たちは後ろの方になりました。(写真)

 8月5日の「国際会議宣言」6日の「広島からのよびかけ」に今年の大会の意義が凝縮されています。
 
 国際会議宣言は、「広島と長崎にアメリカの原子爆弾が投下されてから72年を経た今年7月7日、ついに核兵器禁止条約が採択された。第1回原水爆禁止世界大会(1955年)以来、被爆者とともに、核戦争阻止、核兵器廃絶と被爆者援護・連帯の実現を求めてきた我々は、歴史的な条約採択を心から歓迎し、新たな決意で『核兵器のない平和で公正な世界』の実現をめざして前進することを誓う。・・・・・・」と続いています。

 大会は、午後3:45に終了し、一路岡山に。家には午後8:00すぎには着きました。
  1. 2017/08/07(月) 05:15:41|
  2. 未分類