古本屋通信

ありゃ、えらい食いついてくるな

古本屋通信   No 2691    2017年  07月22日  

   
    ありゃ、えらい食いついてくるな

 この執念深さ、やはりデボーリンだったか。池内沙織にゾッコンだと指摘されたのが図星だったので、引こうに引けなくなったと見える。


 直前エントリー 「デボーリンにしてはクド過ぎる。党カルト再登場か?」 の末尾をここに移して新しいエントリーを立てた。


 ありゃ、えらい食いついてくるな。まだ党カルトと断定し切れない所があるから、少し相手をして論破しておこうか。でもコッチも暇じゃあないから、これまでにしてよね。


715革命的名無しさん (ワッチョイ)
2017/07/22(土) 02:32:50.140
古本屋通信はとことんトンデモだねえ~
山口敬之の準強かんと倉敷民商事件を同一視するとか、もう常人の思考ではついていけないわ。
倉敷民商事件は明らかに公安案件の弾圧事件だ。それに対して、山口敬之の件は公安案件では全くないし、山口敬之の立場からしても権力の弾圧を受けるなどありえないことだ。 この件では逮捕状が出された後に、逮捕直前で上からの指示で逮捕がなされなかった。
政府中枢(具体的には官房長官)の介入があったことは明らかだ。
権力の御用ジャーナリストが性犯罪をもみ消してもらった件と、倉敷民商の公安案件を同一視するとは、もう人間の理解の範囲を超えてるよ。




 古本屋通信

 あんた、ヒト様の文をよく読めよ。私は 山口の事件(詩織の事件)と倉敷民商事件を同一視どころか、何の関係づけもしていない。引き合いに出したのはただ一点、逮捕状が出され、或いは警察に逮捕されたら犯罪(山口の場合は準強姦罪)が成立したように言うあんたの論法が間違っているという例証として引いたに過ぎない。あんたは上記で盛んに両事件の違いを言っている。仰るとおり「倉敷民商事件は明らかに公安案件の弾圧事件」だ。分かってるじゃないの。感心だ。共産党に近いね。 山口の事件(詩織の事件)は全く公安事件じゃない。それも仰るとおり。

 じゃあこうしようか。倉敷民商事件のような公安案件ではない一般刑事事件、何でも良いんだ、大昔は狭山事件なんてのがあったし、今も一般刑事事件は一杯ある。中には国家権力が比護しなければならない人物が容疑者になっている場合もあるだろう。あんたに言わせれば山口もそういう人物だという。それはそうなんだろうから認めてもよい。誰でもよい。逮捕されたら有罪か? 世の中には逮捕されて直ぐ釈放される案件は腐るほどある。また起訴されて無罪になる場合も多い。有罪が確定しても冤罪だというケースもある。あのなあ、私しゃ、逮捕状が出ても、パクラレても、何の犯罪にも相当しない(犯罪を構成しない)と、ただそれだけを言ってるのよ。この件はこれでオワリ。

 それでもう一度振り出しに戻るよ。あんたの論点は、あくまでこの事件の政治的背景を重視する立場だ。詩織を擁護する多くの論者は全てそうだ。そういう立場を私は一般的に総否定はしない。しかしこの二人のこの事件に限っては、事件の白黒は二人がホテルに入ってからの数時間の性行為がどうだったか、ただそれだけだと言っている。山口の政治との関わりも、警察の動きも、逮捕状の準備も、また其の執行の有無も、それらは性行為の犯罪性の有無と無関係であると言っている。

 目をくらまされてはならない。私は刑事事件の裁判には疎いが、犯罪の有無は行為によって判断されるだろう(だから共謀罪がトンデモ法なのだ)。容疑者とされた人物の社会的地位や政治的繋がりによって犯罪性が変ることはありえないだろう。それが裁判だと思っている。まあこれ位にしておくが、私しゃ、あんたのような論法の人は苦手じゃ。デボーリンにも同じような所があるが、一点思い込んだら百年目だ。執念じゃな。特にフェミニストにその傾向が強い。

 リアリストであれ、だ。最後に。事件は2年前だったな。あのなあ、この「事件」、実は実際に性交があったか否かだって、今となっては証明不可能じゃろう。沙織詩織(失礼。間違えました)
の膣から山口の精液は発見されるのでしょうか。皮肉じゃあないよ。これが性犯罪の裁判だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 スワッ、デボーリン再登場か? けど、上記で言明したとおり再論はしない。後は読者でご判断を。尚、デボーリン臭いと判断した根拠は、彼はとは書かず、かんと書く。いかにもフェミニストらしい。


716革命的名無しさん (ワッチョイ)
2017/07/22(土) 15:50:53.720
明白な証拠すら無視する性犯罪者擁護の古本屋通信。
被害者女性は山口敬之に米国でのジャーナリスト活動について相談した。
山口敬之は被害者女性を食事に誘い、被害者女性は酒を飲んで気を失った。被害者女性は気を失うほど飲んではおらず、山口敬之が酒にクスリを仕込んだと思われる
そうして被害者女性が気付くとホテルでレイプされた後だった
被害者女性と山口敬之とのメールのやり取り、被害者女性の下着から検出されたDNA、タクシー運転手の証言、ホテルの防犯カメラなどから山口敬之の準強かん罪は明白
それどころか、クスリを仕込んで準強かんするという手口から、山口敬之は常習犯であった可能性が高い
明白な証拠があるからこそ逮捕状が出て、逮捕寸前だったのだ。
逮捕状が出て逮捕直前に上からの指示で逮捕取りやめになるなどということは1度も経験がない、と40年以上刑事をやってきた人も口をそろえて証言している。そのようなありえない指示を出せるのは政権中枢にいる人物しかいない。
そして古本屋通信によればこれすらでっち上げであり、人権を侵害されたのは山口敬之の方であり、官房長官からの圧力など関係ないのだそうだ。こんなトンデモさんに粘着されたり勝手に支持されたりする人も迷惑だよねえ。



717革命的名無しさん (ワッチョイ)span>
2017/07/22(土) 17:03:32.270
詩織が就職の話をするのに、なぜ酒の席なのか?正規に入社せずコネで入ろうとしたのか?って突っ込まれたら1巻の終わりだ、とでも言いたいんだな。
  1. 2017/07/22(土) 05:13:47|
  2. 未分類