古本屋通信

東京大学新聞チャンネル第14回

古本屋通信   No 2683    2017年  07月17日  


   東京大学新聞  チャンネル 第14  1968 (昭和43)

   東大闘争特集 第一回

 東京大学新聞について、これまでチャンネル記事を13本を断続的に連載してきたが、これらは全て1966年分を対象にしたエントリーであった。引き続いてどうするべきかと思って1967年分を見た。ところがこの年の新聞が著しく少ない。とりわけ年の後半部分が殆どない。それで一気に1968年分に跳ぶことにした。

 この年のものは殆ど揃っている。それで私の編集だが、この年は世間でも有名な東大闘争のピークの年である。私は他大学の闘争に較べて東大闘争が特に意味があったとは思わないが、せっかく東大新聞があるのだから、この新聞に掲載されている闘争を特集してエントリーを立てるのも悪くないと思った。それで1月から12月に至るまでの関連記事に限って抜粋することにした。といっても膨大な記事全文を掲載できるわけがなく、見出しと小見出しを拾うのが精一杯であろう。とにかくやってみる。適当なところで切って、次回送りにする事になろう。

 尚、東大闘争関係の資料は下記の資料集をはじめ単行本も多く出版され、私も何冊か読んでいるが、今回はそれらにいっさい構わず、東大新聞に顕われた限りを採り上げる。また資料性を第一義と考えるゆえに、私のコメントや解題の類は出来るだけ付けないことにする。



東大闘争資料集  68.69を記録する会

no.1 1967年医学部闘争 no.2 ビラ 1968年1月~5月 no.3 ビラ 1968年6月 no.4 ビラ 1968年7月~8月 no.5 ビラ 1968年9月 no.6 ビラ 1968年10月 no.7 ビラ 1968年11月 no.8 ビラ 1968年12月 no.9 ビラ 1969年1月 no.10 ビラ 1969年2月 no.11 パンフレット 1968年1月~7月 no.12 パンフレット 1968年8月~10月 no.13 パンフレット 1968年11月~12月 no.14 パンフレット 1969年1月~2月 no.15 討論資料 1968年1月~9月 no.16 討論資料 1968年10月~1969年2月 no.17 大会議案 1968年1月~7月 no.18 大会議案 1968年8月~10月 no.19 大会議案 1968年11月 no.20 大会議案 1968年12月~1969年2月 no.21 当局文書 1968年1月~1969年2月 no.22 新聞版 総目録




 1月15日号

核基地化に反対 寄港阻止すすむ エンター寄港 全学に抗議の動き
エンター阻止闘争 総長が「所感」 「市民社会の秩序」を強調



 1月22日号

エンタープライズ入港 東京 佐世保で激しい抗議 機動隊、弾圧を強化 波及する阻止闘争
特集 沸き起こる声 揺れる旗 五万人の大隊列 十八日佐世保大集会 粘り強い闘い誓う 全学連西日本総決起
三派系全学連 くりえす激突 米軍基地突入はかる 
連日のデモや集会 八十クラスで討論  東大からも一千人 1・18二万人中央集会
日比谷に一万人 十七日 反戦青年委らが集会
核基地化は許せない 原子力空母寄港 私はこう考える 阻止運動に強い関心 三派系運動に賛否両論
盛り上がった阻止闘争 広範に自治会へ結集 学内エンター寄港反対闘争 学内共闘の発展を
反対と賛成の谷間を探る 現地に見る「阻止」 反対運動と密接な市民 漂う催涙ガスと「国家」
エンター阻止闘争 全東大で巻き起る 1・28 千二百名が決起 クラス討論を基礎に 駒場 本郷 教養代議員大会 三年ぶりの大会決定 阻止闘争執行部案を可



 1月29日号

医学部、無期限スト  医師法改正案で対立  29日から 長期化のみとおし


 2月5日号

医学部スト 「団交」をめぐり膠着化 5日より 41青医連も参加
学生から事情聴取 文・理・医三学部 羽田闘争参加で



 2月26日号


医学部スト 学部側全学生に文書 スト分断と反発 学生側 


 3月号20日号

医学部でレッド・パージ以来の大量処分  退学を含む十七人処分  学生、連日の抗議行動
警察の導入を示唆 16日 処分闘争で告示
総長語る 事実誤認、話し合いで 警官導入は最後の手段
今回の処分に関する我々の見解 東大医学部全学闘争委員会



 3月号25日号

卒業式 大講堂の式典、中止  全学闘争委 大講堂玄関を占拠  
学部ごとに証書授与 深夜 講堂の扉破る  「景観導入はやめよ」 事態収拾に各団体動く処分理由、誤りか 教授懇話会 医学部教授会にも批判
機動隊導入nお言明さける 27日 法・経学部長が記者会見  闘争は長期的展望で 医学部学生に聞く  医学部教授会は態度硬化
阻止された機動隊導入 反対運動が勝利  処分撤回運動は今後へ  
どうなる二派(七者協、闘争委)の対立  27日、28日 保田講堂前で二派が集会 闘争委の150人 ポーチで泊り込む



 4月号8日号

医学部処分撤回斗争 入学式実力阻止か 大衆団交を追求 全学闘争委  大学当局 警官導入を示唆
七者協 医学部教授会の民主化要求



 4月号15日

入学式 混乱のうちに強行  大衆団交行われず 姿見せぬ豊川医学部長
処分撤回闘争は今後へ  全学闘 大学側提案を拒否  
大学当局 秩序回復を強調 形式主義に批判の声 医教授会の審議が先決 総長、本紙記者に語る
七者協 警官導入阻止を確認 11日、12日 連続して集会開く
国立大学学部長会議に東大欠席 各大学、文部省に反発
紛糾した入学式 カメラは何をみたか 入学式がぼくたちに問いかけたものは?
入学式 現実にぶつかる新入生  全学闘 式典中、講堂内に突入 暴力いさめる総長告示
新入生からビラ取り上げ 学生部が清潔を理由に 新入生・父兄はとまどい顔



 4月号22日号

医学部闘争 八世代がスト突入 粒良君から事情聴取 医学部  七者協 二千名の署名集める
学生委員会 新たに五人追加  全学闘 全学シンポを開催
「民主化に前進」七者協で総括中   
共闘と団交の実現を 学内共闘は可能である 権力の研究体制再編が起因
早急に評議会の開催を 処分の再検討を要請す
各学部、闘争方針出る 二十四日全東大集会が焦点
常任委員を補充 教養自治委員会  医教授会に会見要求  文学友会はスト提起  24日に学部集会 農自治会



 4月号29日号

医学部闘争 全学的に解決への胎動  全学闘 医・学生委と徹夜団交  大衆会見を提起 七者協
医講師ら 連絡会議結成か  医学生委 「全員会見に努力」  
医処分問題 討論集会を重視 4・24 七者協五百人を結集
  1. 2017/07/17(月) 18:24:22|
  2. 未分類