古本屋通信

東京大学新聞チャンネル第13回

古本屋通信   No 2679    2017年  07月15日  


   東京大学新聞  チャンネル 第13  1966 (昭和41)

 さて今回は12月9日号発行分である。(3)面に掲載されている2本の記事だが、前半の「教養委員長に全学連支持派の木元君」が大きくて、後半の「三派連合 全学連大会開く」が小さい。これ自体が東京大学新聞ならではの扱いだが、よく見るとわざわざ拡大コピーを撮って記事内容を転記するまでもないと思ったので、要点だけを手短に自分流にまとめることにした。

 前半は例によって駒場自治会の派閥別の得票数である。今まで正副委員長候補の名前まで書いていたが、関心があるのは党派名と得票数だけである。結論だけを最低限写すことにした。

 後半は深い関心を持って眺めたが、「26大学、56自治会が参加」と書かれているだけで、肝腎の固有名詞が詳しくない。これは続報が次号の12月16日号に掲載されたのだろうが、私の所にはないのだ。或いは東京大学新聞は三派全学連を認めないのだから詳報は載せないのかも知れない。私としてはこれは喉から手が出るほど欲しかった記載なのだ。と云うのは三派全学連の加盟自治会など、今となってはネットの何所にも載ってないからだ。それは三派がやがて一年後には解体して、まず社学同が落ちて反帝全学連を作り、残った中核派と解放派も割れてしまうからだ。これらは党派の事情だが、対応する学生自治会は固定しているわけではなく、半年ごとの単位学生自治会の選挙によって絶えず変動している。よって固定的に何所は何派の自治会だと云えない。だから再建時の自治会名は是非とも掲載して欲しかったのである。



 12月9日号

◎ 教養自治委員長に木元君(全学連支持)
 減少した得票数 白票だけは増加
 委員長
 全学連支持    1397票
 社同系       863票
 フロント系       624票
 マル学同中核系   221票
 マル学同革マル系 171票

 白票 662票   無効 49票

  副委員長
 全学連支持    1320票
 社同系       932票
 フロント系       570票
 マル学同中核系   233票
 マル学同革マル系 187票

 白票 692票   無効 53票


 最低限コメントしておく。民青は勝ってはいるが決して楽勝ではない。単独過半数に遥かに及ばない。社青同解放派と社学同は候補者を一本化したのだろう。これは彼らの全学連再建に対応する東大での戦術だった。中核派が東大にいて、しかも革マル派より多いとは驚きだ。2年後の東大闘争の頃には消えていたとの認識である。4トロや民学左右は皆無だな。


◎ 26大学、56自治会が参加
 三派連合「全学連」再建大会開く

 約千人が参加したそうだ。参加自治会の主なところは早大Ⅰ政、Ⅱ政、Ⅰ法、同志社大、広島大、明大、東工大、静岡大などで、三派連合系の京都府学連と東京都学連が大きな柱になっている(大阪府学連はフロントと民学同だから不参加なのだろう)。革マル派からの殴り込みはなかったそう。これは大会第一日目の報道である。執行部の選出は書かれていない。尚、東大新聞が民青系だからと言って、会場での取材は拒否していない。たぶんブル新聞と同列に扱ったのであろう。記事には一定の条件は付けたと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここで余談だが、当時の学生党員や民青同盟員がどれ位いたかについて書きたい。これは数字の具体は何所にも記録として残っていないだろう。学生細胞や同盟班に継続性がないのはもちろんだが、都道府県委員会にも記録はないだろう。だから先日の京大党学生委員会の党員300名という記憶の記載は貴重である。ただしコレは個人の記憶による個人の文責でなければならない。ちょっと私の記憶を書いておく。

 1967年、香川大学総細胞は100名、民青総班300名であった。民青の人数は『全貌』に掲載されたが、党のほうが明るみに出たことはなかった。実はこれは総細胞委員だけしか知らなかったのだ。細胞会議や年に一回の総会でも公表されなかった。ただし総会は全員参加で委任状まで提出する厳格な会議だったから、総人数は自ずと分かった。然しそれを個人の文責であろうと、書いてよいわけがなかった。50年後だから書ける。だが党の名前で書いてはならない。真偽の検証が不可能だから。それを書いたのが京大の党員OBだった。


 哀悼 劉暁波
 2017年07月15日 (土)  石崎徹
 劉暁波が死んだ。冥福を祈る。言いたいことはいっぱいあるが、いまはただ悔しさだけが募る。


 ほう、目配りが広いね。私は追悼などしない。ブル新聞情報以外なにひとつ分かっていない。石崎はこういうのが好きだね、つまり耳障りがよいんだ、人権派だとか言うとネ。私は寧ろ中国当局に耳を傾ける。ノーベル平和賞は要注意であるゾヨ。
  1. 2017/07/15(土) 17:34:33|
  2. 未分類