古本屋通信

外遊の達人の大平喜信君

古本屋通信   No 2672    2017年  07月12日  


  またしても無駄な外遊  外遊の達人の大平喜信君


 そうか、やっといま分かった。この遊びがあるから春名直章が国会議員を滑って悔しがったんだな。こういう腐敗した感覚だから今月30に穀田恵二は京都ロイヤルホテルを借り切って自民党議員と政経文化パーティをやるんだな、会費一万五セ千円で。


  どうしたんなら、アメリカから帰ったら今度はヨーロッパか。しかも自民党議員といっしょらしい。優雅じゃのう、共産党の国会議員は。コレ、一円も自分の懐は痛まん公費出張だ。もうミエミエの大名旅行じゃナ。大平も偉うなったのう。やっぱ国会議員じゃ、辞められんな。
 
 九州の災害対策部員の仕事はけっきょく何もしなかったんだな。疲れているのにアホらしくて九州なんか行けるか、ということだろう。

 然し日本には立派な日本国憲法がある。外国法の研究を外国に行ってどうやってするんじゃ。資料は腐るほど国会図書館にある。遊びに行くのは百人中百人が知っている。自民党はよい。共産党にはそういう議員は要らんのじゃ。もうこれまでじゃのう。






大平喜信さんが写真2件を追加しました。
7時間前 ·
11日から10日間の日程で、ヨーロッパへ衆院憲法審査会の海外視察です。
イギリス、スウェーデン、イタリアの3カ国で、各国の憲法や国民投票のしくみ、実施状況などを学びます
先ほどロンドンに到着しました。
雨模様でもあり、気温も20度を超えるくらいで、とても涼しくすごしやすいです(九州の被災地と大違いじゃな
今日は、移動と駐英大使公邸での夕食会のみ(歓迎晩餐会じゃな。共産党議員は辞退すべきである。間違いなく飲み食いから人間は腐敗していく。昔はこれに女体がそえられた
憲法を守るたたかいが重大な局面をむかえるなかでの今回の視察で自公といっしょか、馴れ合っていらっしゃい
明日からしっかり学び、今後の糧にせねば。
  1. 2017/07/12(水) 14:05:04|
  2. 未分類