古本屋通信

東京大学新聞チャンネル第9回

古本屋通信   No 2668    2017年  07月11日  


   東京大学新聞  チャンネル  第 1966 (昭和41)

 全学連第十七回大会は再建大会(第十五回大会 1964年)から2年後3回目の大会である。私は既に香川大学教育学部委員長を降りていたので、この大会には出席していない。尚、香川大経済学部が全学連に加盟したのは第十五回再建大会より一つ遅れた第十六回大会だった。再建大会では中四国担当の中執として、愛媛大学(文理)の築島さんが選ばれている。築島さんは第十六回大会でも留任だったろう。そしてこの第十七回大会では、香川大学経済学部の崎山君が新たに中執に選ばれた。香川の経済は最強だったので、崎山君の次は2学年下の松浦君が中執をやった。私はやがて香川を去るが、その後の1970年代初頭には、やはり香川大経済の田中政利さんが中執をやったと聞いている。全学連中執にまともな就職口はなかったから、崎山君は高松で労演の専従になった。田中さんは岡山に来て党専従になり、共産党の衆参選挙の候補者をやった。
 私の学生時代の大会である。やがて三派全学連が結成され、学生運動は最盛期を迎える。世間では1968年~1969年の東大闘争から全共闘時代を学生運動のピークと見るが、これは表面的で皮相に過ぎるだろう。なぜなら全共闘時代は学生自治会が機能しくなった時代だからだ。これは三派系を貶して言っているのではない。三派にとっても羽田・佐世保からの激動の数ヶ月こそがピークであったろう。
 今回は東京大学新聞の2つの号の関連記事4本を部分的に手打ちで転記する。当時の個別的な闘争課題は省略する。半世紀を経た今日振り返ってみて、記録に残すべきだと思える部分だけ貼る。しかしコレは私の独断である。


 7月25日号


◎ 全学連第十七回大会終る  各大学から闘いの報告  
 百六汁四自治会が参加
 十四日(木)全学連(全日本学生自治会総連合)十七回定期全国大会は世田谷区民会館でその幕をあけた。大会は最終日の十七日(日)まで四日間にわたって行われるが、昨年の大会以来、加盟自治会はさらに三十一ふえて百八十九自治会となっている。
 今度の十七回大会には全国の大学百六十四自治会から代議員百九十一名のほかに、評議員オブザーバーなどあわせて千三百名が参加した。
 今回は組織確立に主眼を置いていた昨年の第十六回大会に比べ、全学連の拡大定着にともなう問題点の推移がみられる。大会第一日目の梓沢委員長による基調報告やそれによる討論では、早大闘争を初めとする学園闘争あるいは・・・・・・。
 その後、基調報告に沿って、各大学から/・・・・・・。なお、大会最終日の十七日には会場を教育大に移し、基調報告の採択、役員選出などが行われる。



◎ 都学連(三派連合系)大会も開く  
 「全学連再建」めざす
 十六日(木)から都学連(東京都学生自治会連合=三派連合系)の第十六回定期大会が明治大学で始まり、十七日までの二日間討議が行われる。今度の大会では「十二月全学連再建」が一大目標とされており、会場でもその必要性を訴えるものが多かった。
 都学連(三派連合系)大会は全都十三大学二十自治会から、代議員百三名のほか、評議員、オブザーバーなど約八百名が参加して明大記念会堂で開かれた。
 議長団選出の後、・・・山本都学連委員長が演壇にたった。・・・・・・・。



 6月1日号


◎ 新委員長に平田君 (東大)  全学連第十七回大会
 財政体制を固める
 七月十四日(木)から開かれていた全学連(全日本学生自治会総連合)十七回定期全国大会は第四日目十七日(日)、基調報告の採択、規約改正、中執・三役の選出を行って、その幕を閉じた。・・・・・・・中略・・・・・・・・・・。
 最後に三十名の中央執行委員を選出し、さらにその中から五名の役員を選んだ。新役員は次の通り。
 委員長 平田勝(東大文四年) 副委員長 家野貞夫(京大法四年) 植田穣(早大一法四年) 書記長 亘理純一(岩手大教育四年) 書記次長 三浦嘉治(静岡大文理四年)。
 また中執には東大から平田君んほかに金子博(教育四年)、幸田浩俊の二名が選出された。


◎ 都学連(三派連合系)大会も終る  「十二月に全学連再建を」
 新委員長に山本君を再選
  ・・・・・・・拍手と怒号・・・意見の対立は激しかった・・・・。
 このあとの採択では、総括、任務方針・決算報告をまとめて行い、結局99対0対1で承認された。
 中央執行委員の選挙では、定員21名いっぱいが立候補したが、信任投票の結果、全員が新任された。・・・・執行部三役は委員長・山本浩司(早大) 副委員長。中沢満正(明大)、山崎順一(東大) 書記長・吉羽忠(東工大) 書記次長・山口紘一(法大)に決定した。
文字色
  1. 2017/07/11(火) 05:12:25|
  2. 未分類