古本屋通信

ブラック企業

古本屋通信   No 2627    2017年  06月22日


     ブラック企業

 なかなかむつかしい複雑な問題なので何処から書けばよいのか迷うのだけれど、河村さんがちょうど至近の記事で以下のように使用したので、まずそれを叩き台に使わして貰おう。部分引用だが構わないだろう。


夜の8時
議会対策もあると思いますが
今夜も市役所の各部屋に電気がついている
市の職員さんは、相当な残業をされています
私も議員になり、その実態を目の当たりしいる
市役所こそブラック企業ではないか、と思うぐらい
労働環境の見直しを!



 私はこの使用法に抵抗はない。正しい使い方だと思うが、いくらかの問題を提起していると思うので、それを書いておく。福山の共産党市議団はしばしば夜遅くまで市役所に残って仕事をする。コレは良いも悪いも(私に言わせると職業革命家として)当然な仕事ぶりだと思う。で、そこで垣間見た公務員労働者たる市の職員の残業は、たぶんサービス残業だろう。決して望ましい労働実態ではない。コレは河村さんでなくても「ブラック」な働き方だと思うだろう。仕方がないかどうかは措いて、全国の公務員労働者に多く存在する実態であろう。大抵の共産党市議団は知っているだろう。ところがコレをブラック企業になぞらえた共産党議員は河村さんが初めてではなかったか。私はコレを賞賛する。

 いきなり飛躍する。私は山下芳生が党の書記局長に選ばれたとき嬉しかった。駅弁大学農学部出身者が書記局長に選ばれるというのは、同じ駅弁大学出身者にとってちょっとした朗報だった。だが希望がドン底に突き落とされるのに時間は懸からなかった。山下は国会でブラック企業問題をやったのである。これが共産党の書記局長の質問とは到底思えなかった。吉良よし子は子供だから許せる。しかし山下は許せなかった。共産党のトップ2である。少なくともマルクス経済学の知識が少しでもあれば出来ない質問だった。『資本論』を読んでいないとは言わせない。ありゃあ流行語としての「ブラック企業」の「ブラック大賞」に乗っかったレベルの質問だった。流行り言葉をそのまま無批判に採り入れた共産党の国会質問に私は唸った。この資本主義社会に独占企業と中小企業こそあれ、ブラック企業と非ブラック企業などあってたまるか。ワタミが酷い労働実態であれば事実に基づいて告発すればよい。中小企業をブラック企業という名で告発することは、ブラックのハードルをクリアーしている真の労働者階級の敵=独占企業の飽くなき搾取と収奪を許容すること以外ではなかった。それはノミネートされている「ブラック企業」を見れば一目瞭然だった。ベネッセはともかく、東北大学はたった2人の自殺者が出たことでブラック企業とされた。東京都議会は「セクハラ」ヤジのためブラック企業とされた。日本の300家族と言われている独占資本の企業はブラック企業ではない。まさに反帝反独占の新しい人民の民主主義革命の真正面からの否定であった。この国会質問の日をもって、私の中で山下は完全失脚した。鳥取大学農学部卒は和歌山大学教育学部放校と同じになった。約一年後に山下は失脚した。これは書記局長を失脚したのではない。党の国会議員と党中央委員を失脚したのである。間違いない。あとは世間体を取り繕っただけである。

  
 「ブラック企業」は流行語になったように、ムード言葉である。そういうムードが受け容れられる素地がある。だからこそ科学的社会主義を標榜するものは(慎重に使うのではなく)必ず批判の文脈で使用しなければならない。冒頭の河村さんの使用はセーフだが、まあ使わない方がよいだろう。誤解が生じがちである。

 きのう中核派の斉藤君が必ずしも不用意にではなく、特定の大企業の個人所得者を糾弾する文脈でブラック企業の単語を使った。未熟であるに尽きる。大衆迎合路線の中核派だからこそ使った。革マル派なら絶対に使わないだろう。中核派は斉藤君を上手く使っている積りなんだろう。アノ両手をオーバーに振る演説は注意した方がよい。あれではアジ演説になっていない。素人っぽさが売りらしいが良くない。アレでは共にたたかう気分になれない。

 ブラック企業の流行も峠を超えた。こんなイヤな日常語はない。セクハラやパワハラもだが使用者の主観的使用が可能である。法に現実的に関わってきた者は安易には使わない。たとえば弁護士はセクハラやパワハラの訴えが本当にそれに該当するか否か、瞬時に判断するだろう。そうしないと商売にならないからだ。でも少なくとも左翼は、ブラック企業も、セクハラも、パワハラも使うべきではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 超過勤務(残業)と賃金の問題など、すこし現実的な問題を書き加えたい。

 冒頭の福山市役所の労働者はサ-ビス残業だろう。基本的に市職労の問題だから、共産党議員団が横から口を挟むべき問題ではない。放置しておくべきである。この分り切った事が分らないのが共産党のブラック企業対策方針だった。アホというしかなかった。つまり賃労働と資本(ここでは役所)の間の問題には、第三者は介入できない。労働法の初歩である。労働者から支援の要請があったとき初めて共産党は相談に乗る。まあそんなことより、ゼネストを煽れよ。中核派に負けるゾ。

 公務員労働者に残業手当は無い。それをこっそり別枠で渡しているかも知れない。だから余計な口を挟まないことだ。私のF書店労働者時代。どうしても女子の深夜労働が避けられないケースが年に数回あった。一律に午後7時週2日に限って限れないことは無かった。でもそうすると女子労働者のアイデンティティは著しく損なわれた。われわれの間では暗黙の合意があった。昨年の広告会社・電通の自殺はコレとは少し違うだろう。しかし司法の手に問題が移った。労働問題としては遺族と企業の問題となった。個別問題として、決して一般的に論じられないだろう。自重したい。われわれが決起するのは独占資本を打倒する革命の時だけであ
る。「その時のために」(詩人・坪井宗康の詩集名)力を蓄えようではないか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   再録


   古本屋通信    No 1853   4月 11日


    やはり山下では書記局長は無理だった


  たった今はいったニュース(時事通信)だが、やはり山下は退任だった。きょう先ほど閉会した5中総の決定である。私の予測は市田の書記局長復帰だったが、これはハズれ、山下の更迭だけが当たった。しかし小池の書記局長起用は思ってもいなかった。ズバリ感想を言う。小池書記局は山下書記局長よりもっと悪いだろう。まあ、市田の復帰だと山下がいよいよ使いものにならなかったのがミエミエだから避けたのだろうが、このさき27回大会まで小池書記局長で持つだろうか? しかし山下では確実にダメだった。この点は古本屋通信の鑑識眼は確かだったことになる。体調不良はウソではなかろうが、入院するような病気があるのではなさそうだから、書記局長の任務に耐えられなかったということだ。とにかく退任してよかった。


 時事ドットコムニュース
 新書記局長に小池氏=共産、参院選前に体制一新
 小池晃氏 共産党新書記局長
 共産党は11日に閉幕した第5回中央委員会総会で、山下芳生書記局長を退任させ、後任に小池晃政策委員長を起用する人事を決めた。交代は山下氏の健康上の理由といい、同氏は副委員長となる。同党が「一大政治決戦」と位置付け、全面的な野党共闘を組む夏の参院選を前に党の体制を一新した形だ。 (2016/04/11-19:29)

  古本屋通信

  党の人事はたいせつだ。 どっちでもよいことではない。私は山下が26回大会1中総で書記局長に選ばれたとき、よい人事だと思ったのでそう書いた。東大卒でも立命館卒でもない駅弁大学の農学部出身というのに感動した。しかし早々に失望した。国会でブラック企業を追及した時だ。箸にも棒にも掛からないと思った。やはり地が出た。このとき早くも書記局長失格のレッテルを貼った。以後は見ての通りだ。

  さて小池だが、東北大の医学部卒だ。医者以外では使いものにならないのが通り相場だろう。だから各政治党派のトップクラスに医学部卒はいない。私もダメだと思う。共産党の国会議員にも、党中央委員にも、地方幹部にもいないだろう。それは向いていないからだ。私も同様な意見である。まあお手並み拝見しようか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  通信 No 1848 日本共産党あすから5中総より)
  たった一つだけ予測しておきます。人事の変更です。外れるかもしれません。書記局長に市田忠義副委員長が復帰します。山下書記局長は副委員長に就任します。最小限の交代です。これで選挙に臨みます。副委員長と書記局長は同格でしょうから、単なる交代です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私はまた 「通信 No1192 一昨年12月24日 共産党は選挙期間中、ブラック企業糾弾キャンペーンやらなかった・・・・」 でこう書いていた。

日本共産党が議案提出権を行使して、衆議院で 「ブラック企業規制法(案)」 を再提出するのに断固反対しましょう。山下書記局長の辞任(山下の国会質問を参照のこと) と 「雇用のヨーコ」 の撤去を求めます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
以下はキンピーサイトの投稿のつまみ食い。ブサヨ管理人さん、お許しください。

7. ひろゆきの。
2016年04月11日 19:44
共産党の書記局長に就いていた山下芳生氏が体調不良のため書記局長を退任し、代わって小池晃氏が書記局長のポストに就く事になりました。景気動向とか、衆院が解散総選挙へなだれ込むのかが不透明かつ流動的で、世論調査で安倍内閣支持率が上昇基調と出たところがあったりで、共産党中央が攻め手を探しあぐねているのかと言われる状況での、山下・書記局長の体調不良による退任は、共産党に一層の影を落としかねない状況です。

比例代表の得票目標が850万票という設定は、相も変らぬ大風呂敷であるのは論を待たないと思います。ガラポン願望、何から何まで真の新興勢力の台頭を渇望する現代の草食系若者男子は、もはや共産党から黙って離れて当然なのでしょうね。

8. ゴミスケの秦野真弓
2016年04月11日 20:06
◎ひろゆきの様,それ大ニュースですね
A:私は山下書記局長様は,どこか,くたびれていて
B:まるで,マスゾエ都知事様みたく
なかなか定着できないイメージございました
●ただ,小池晃様はテレビ出演豊富だからなー
◎市田忠義将軍みたく,良いイメージが,早く定着する可能性もございます
●それで,今後の
【くたびれた山下芳生様の処遇】どうなりますか?
過去みたいに
常任幹部会委員階級から→中央委員階級に転落すると良いのですが…
◎まぁ,平成20年の
田母神俊雄様みたく
●【航空幕僚長階級から空将階級に転落】するだけかな…?

9. ゴミスケの秦野真弓
2016年04月11日 20:34
田村智子・福委員長の可能性も出てきましたね

10. かわせみ
2016年04月11日 20:56
志ぃちゃんって年令不祥な顔してますよね。汚いパンダヌキって感じで記号φ(゜゜)ノ゜から高齢者には解りやすいのかしら?
先週は強制ボランティアで休みなしで介護しました。資格者だと仕事押し付けられ身体介助させられました。
この状態に反対すらしない共産党は嫌いです。
  1. 2017/06/22(木) 03:28:27|
  2. 未分類