古本屋通信

ブルジョア議会の悪臭(悪習)

古本屋通信   No 2570    2017年  05月20日


 ブルジョア議会の悪臭(悪習)と、それに染まる共産党国会議員の志位和夫と小池晃。

 キンピーサイトに導かれて以下の赤旗記事に到着した。「祝賀会」は昨日のことだが、私が赤旗記事を見たのは5分前である。衆院法務委員会で世紀の悪法=共謀罪法が強行採決され、国会前にはコレに抗議する民衆が押し掛けていた昨日の国会前集会を報道するきょうの赤旗自民、公明、維新の各党が「共謀罪」法案を衆院法務委員会で強行採決した19日夜、国会正門前で大規模抗議が行われました。9000人以上(主催者発表)が怒りの声をあげ、「強行採決 徹底糾弾」「野党はがんばれ」とコールしました、まさに同じ日の昨日の白昼、自・公・民・共(狂)・維新のオール・カス人間が、仲良く国会内で酒宴を繰り広げていたという訳である。これを形式的な行事として見過ごすことは出来ない。日本共産党は労働者階級の前衛政党として究極の堕落・退廃である。いったい共謀罪法案の審議とはなんだったのか。ブルジョア議会でのお喋り、つまりオアソビだったということだ。いまさら指摘するのは遅きに失したというべきだろう通信 No 2502 馴れ合っていて本当に戦えるのか。共産党と公明党の国会議員はこんなに親密な関係だったも参照せよ。コレには拍手が63個付いている)。ここ1年位の志位ーー小池執行部のデタラメは政治的劣化に留まるものではなかった。まさに右翼社民の退廃だった。それが白日のもとに曝け出された今回のオール国会議員の和姦だったというべきだろう。

 引退した参院議員も参加資格があるらしく、元参院議長の江田五月は岡山から上京して、たった一時間の「祝賀会」に参加している。江田は毎日の行動を写真に記録して掲載している。その中に江田が小池晃だけと嬉しそうに写っている一枚がある。

参議院祝賀会
寺田最高裁長官と
小池晃さんと
黒岩秩子さんと
乾晴美さんと
河田龍平さんらと


小池は江田五月に取り込まれてビビッドに輝いている。まさに佳境 (小説や話などの興味深い所。おもしろい場面。「話が-に入ってきた」)に入らんとしている。私から見れば、国会議員の世界だけの、この国の政治エリートだけの馴合いと退廃の酒宴に見える。

 少なくとも日本共産党の国会議員は政治的エリートではない。党から与えられた任務として国会という部署で仕事をしている一党員に過ぎない。こういう退廃の場に身を染めるべきではない。きっぱりと拒否すべきである。コレ常識以前である。重ねて志位和夫と小池晃に党指導部辞任を要求するものである。



 参院70周年で祝賀会
 2017年5月20日(土)    赤旗
 参議院は19日、創設70周年を迎えるのを記念して、国会内で祝賀会を開きました。
 主催した伊達忠一参院議長は、「参院が期待される役割を担い、与えられた使命を果たしていく」とあいさつ。大島理森衆院議長、安倍晋三首相、寺田逸郎最高裁長官が祝辞を述べました。
 日本共産党からは政党代表として招待された志位和夫委員長をはじめ、多くの現・元参院議員が出席しました。
 1947年に、現行憲法下で第1回国会が召集された5月20日にちなみ、記念行事の一環として20、21日の両日、一般向けに参院内の特別参観が実施されます。通常の国会参観では見られない中央玄関や本会議場内が公開されるほか、日本共産党の参院控室も見学ルートとして公開されます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 キンピーサイトの投稿から


1. KM生
2017年05月20日 18:22
国会内では激しく争っているふりをしながら、裏ではなあなあの馴合い。これって、かつて日共が最も批判してきた「自民と反共野党の談合政治(=与党議員が接待麻雀で野党議員を勝たせて、国会審議の落しどころを狙う)そのものじゃない(^^)。
結局志位小池にとって大事なのは、「悪法反対阻止ではなく、それを口実にした党勢拡大」なだけだは。



5. にゃん
2017年05月20日 23:43
日本共産党!この掲示板見てるか!
共謀罪に反対せずに、贅沢をする。
下々党員は赤貧に苦しみ、苦役に耐え、トップの生活を熱心に支えている。
少しは末端の暮らしを考えろ、政党助成金を貰わないという自分達だけの誇りを大切にしているだけだ。
一揆、革命を起こすぞ、党員全員で!結集するべきだ!全員で倒せ、日本共産党幹部どもを。滅ぼすぞ。
一揆、革命が起こる組織というのは歴史からトップが腐りきった国や団体、当然に日本共産党もそのひとつ。
  1. 2017/05/20(土) 13:08:02|
  2. 未分類