古本屋通信

神原卓志さんのツイッターから

古本屋通信   No 2569    2017年  05月20日


    福山の神原卓志さんのツイッターから

 私は秋篠宮の長女というより紀子さんの長女の婚約については、いったん書き懸けて思い留まった。書くような事でもないと思ったからだ。ところが時々訪問する福山の同業者の神原さんのツイッターを訪問して、以下の今田真人さんのツイートを見つけて驚いた。これは神原さんはツイッターにツイートしているだけだから、神原さんの見解ではない。だから私は今田さんの意見について私見を述べることになる。そのまえに私は今田さんを全く知らない。検索に懸けて調べたりしないで、知らないままに此処に書かれている見解に限って意見を述べたい。


今田真人(経済ジャーナリスト・脱原発) @masatoimada2
5月17日
まさかとは思ったが、秋篠宮夫妻の長女(25)の婚約を伝える「しんぶん赤旗」17日付。こんな話は、新聞がニュースとして伝えるべきものではない。題字横の元号併記の強行に次いで、日本共産党の右への変質もここまで来たか。 pic.twitter.com/rvisuoiP0b

今田真人(経済ジャーナリスト・脱原発) @masatoimada2
5月18日
これがニュースなら、街の娘の婚約もニュースになる。空いた口がふさがらない。「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」(憲法第14条)。共産党は果たしてこの憲法の基本理念を理解しているのか。




  古本屋通信

 今田さんの意見について以前に、このニュースを知った時の私の感想を書いておこう。紀子さんの娘にしてはエライ不美人だな。どう見ても父親似だな。ブル新聞の眞子さま、眞子さまが鼻に着いて仕方がなかった。いま現在皇室の一員だからブル新聞流にはさまとなるんだろうが、別にさんでもよかろう。現に婚約者の小室圭についてはとかさんではないか。かえって婚約記事としてのバランスを崩している。

 で、今田さんの赤旗批判だが、私はこの問題に関しては赤旗に寛容である。まさかさま付けしていないだろう。私は象徴天皇制も王政の一形態として民主主義に反する差別制度だと思っている。日本国憲法は改正して天皇条項は削除すべきだと思う。しかし当面はそこまで手がまわらない。ならいちいち神経過敏に反応しなくても黙殺すればよいのではないか。つまりどう扱っても当面デメリットがないのだ。これが街の娘の婚約と違う点は有名人の娘という点だ。山口百恵や松田聖子の娘、あるいは吉永小百合の孫娘と同じように考えたらよいのではないか。少なくとも私は紀子さんの大ファンだから、その娘の容貌は知りたかった。

 最近のブル週刊誌には一時の皇室タブーは薄くなった。これはよいことだ。あんまり目くじらを立てる必要はないのではないか。でも石崎じゃあないが、皇族には婚姻の自由はない(石崎に拠るとあるそうだ。メゲている)。でもいったん皇室から離脱したら、日本国憲法のいう国民である。国民には婚姻の自由があるから、離婚の自由もある。この婚約で面白かったのは、フィアンセの男が弁護士の手伝いのようなワーキングプアーであることだ。恋愛だからこうなった。拍手を送ろうではないか。
  1. 2017/05/20(土) 07:49:53|
  2. 未分類