古本屋通信

後藤勝彦さんの自己紹介

古本屋通信   No 2550    2017年  05月09日


     後藤勝彦さんの自己紹介への違和感


 私は党島根県委員長の後藤さんの出雲市議選前後については「通信 No 2520 後藤さんは島根県委員長を辞職せよ」で書き尽しました(現在の拍手数 20個)から繰り返しません。当該地の党組織で総括されたらよい。ここでは彼のツイッターとフェイスブックに書かれている自己紹介について、私の違和感を述べる。私はこだわるのである。




  ツイッター

後藤勝彦 @gotoukatuhiko
Japan 島根県出雲市
日本共産党島根県委員長。1968年3月生まれ。埼玉県出身。出雲市稗原町在住。「核兵器をなくしたい」「憲法9条を守りたい」「戦争のない平和な社会を」が、政治の道にすすんだ原点です。旧姓名・近藤勝彦。

 私が拘泥するのは赤字の9文字だけだ。私はこれは国会議員でもイヤな気分になる。一般的に国会議員は職業的政治家とされているが、革命党派の共産党議員は政治家ではなく、党員としての任務分担に過ぎない。断固として政治家ではない。政治の道というなら、共産党員は全員が政治の道に進んだのである。ごく最近まで党の国会議員でも、このようなことを書く輩はいなかっただろう。これだと任務交代したら政治の道から降りるのか。

 地方議員にはさすがに自分が政治家だとか、政治の道に進んだとか公言する低脳はいなかった。それを最初に公言したのが武田英夫君だった。これは低脳というより思想的退廃だったろう。つまり自分を一般的パルタイと区別する議員エリート病に冒されていた。こういう党員は骨の髄まで腐っているのだから、再生は不可である。党の隊列から放逐するしかなかろう。こういう党員こそが、真っ当な党批判者に牙を剥いて襲いかかってくるのだ。2チャンのゴロツキのように。

 後藤さんはそこまで下劣ではないだろう。しかし党専従は、党議員よりさらに「政治家」と距離がある。党専従を「政治の道にすすんだ」とするのは断固として誤りである。アレコレの理屈の以前に、そう言うことを恥しげもなく言い放つ現役の党活動家はいない。岡山県委員会にはいない。党中央幹部会にもいないだろう。もし許されるとしたら野坂や宮本や袴田の懐古談くらいだろうが、それでも政治の道にすすんだなど恥しくて言わないだろう。後藤さんは既に若くしてエリート主義に冒されているから理解困難だろうが、これがあやまりなのは何よりも、人民大衆蔑視の思想があるからだ。分るかナア。




 フェイスブック

学歴.
University of Tokyo 1991年卒業 · 農学部 · 農業生物学科 · 園芸第一研究室 · 東京都 文京区. 農業生物学科.
埼玉県立浦和高等学校 1986年卒業 · 埼玉県 さいたま市.

 まず指摘しておく。同じ書くのなら University of Tokyo などと表記しないで、ハッキリと東京大学と書けばよい。コレ自体が勿体ぶっている。東京の大学(University of Tokyo )は100以上あるだろう。その中にあって、University of Tokyo の訳語が、東京大学ただ一つだと知らしめること自体がエリート主義である。世に東京大学卒業者は多いが、こういう手法を採用する者は後藤さんただ一人である。こういう手法を採用する感性は極論すればスターリン官僚の感性と云えるだろう。

 私は選挙に出る議員と議員候補以外が学歴を書く必要は一般的に少ないと思うが、ブログやツイッターを発信する上で役に立つと思えば書けばよい。私に関しては地方の駅弁大学を書いている。これは自分では愛きょうだと思っているが、それでも私の読者が狭い農村だけだったら書かないだろう。農村では駅弁大学でも国立だとエリートだから。

 でも後藤さんは書いたらよい。それが東京大学であろうと、高千穂大学であろうと、拓殖大学であろうと書けばよい。大学に差別などないのだから。

 でも私なら旧帝大は書かない。だあれも尊敬してくれません。読んでイヤな気分になるだけですよ。たとえば党東京都委員長は東大教育学部卒です。でも彼はかつて一度都知事選挙に出たから、それが知れたのです。党中央勤務員の坂井希さんも東大教育学部卒ですが、これは彼女がかつて全学連の委員長をやっていたから知られたことです。坂井さんのツイッターには自分の学歴など書いてありません。わざとらしく恥しくて書けるもんですか。

 繰り返しになりますが、書く必然性があれば書いたらよい。坂井さんのツイッターにも、後藤さんのフェイスブックにも学歴を書かなければならない理由がないということです。

  1. 2017/05/09(火) 01:44:42|
  2. 未分類