古本屋通信

赤坂てる子さんらスポット演説

古本屋通信   No 2531    2017年  04月21日


    赤坂てる子さん ら(等、一味) のスポット演説


 聴衆は一人もいなかったゾ。上を見て党活動をするのではなく(上からの目線ではなく)、生活者の目の高さで党活動しては如何か?


  きのう昼間自宅でパソコンを叩いていると、突然共産党(の女性後援会だか、女性応援団だか)が、我が家の前でスポット(定点)演説を始めた。我が家は県民主会館の前でもあるので、共産党の演説の定点になっている。で、私は条件が許せば聞きに出ることにしている。しかし選挙中ならともかく、今どき共産党の定点演説とは。私は一瞬いやな気分になって、出て行くのを躊躇った。それで5分ほど家の中で聞いていた。予想通りトランプと安倍政権の戦争挑発批判と、それを阻止する日本共産党(の対話での解決という)訴えであった。特に志位訪米について述べることもなく、朝鮮のミサイル発射を非難する文脈でもなかった。比較的おとなしい訴えであった。だから私は出掛けて行ってチャチャを入れようとも思わず、まあ 「これについては古本屋通信に日本共産党批判を書いたので読んでください」 と、それだけを伝えるために出て行った。まだ演説は終っていなかった。後半は「共謀罪」についての訴えだった。聴衆は私以外に見当たらず、キャラバン一向は2台の車で総勢5人だっただろう。
 
 弁士は私の知らない中年の女性だった。原稿なしの慣れた演説だった。彼女の演説が終わるのを待って、私は「古本屋通信」とメモした用紙を持って、「私はトランプ政権と安倍政権に対する日本共産党の批判については多くの批判があるので、自分のブログで徹底批判しています。ネットで古本屋通信と入れればトップに表示されますから是非とも読んでください」 と声を掛けた。女性は意外だったらしく、やや戸惑いが感じられたが、まあ善意の聴衆だとも思わなかっただろう。私 「この間の共産党の対応は志位さんの訪米から始まって酷かったですよ。私は徹底的に批判し尽くしていますから、是非とも読んでください」。

 私はごくふつうの常識的な話し掛けだったと思う。然し今までのスポット演説で、拍手か黙殺しか経験がなかった人は戸惑いを感じただろう。まもなく別の車から別の女性が現れた。揉めていると思ったのではなかろうが、自分が行かねばと思ったらしい。

 私「あ、赤坂さんですね」。女性「はい、そうです」。私「共産党のこの間の見解についてブログでトコトン批判していますから、是非お読みください。志位さんもアメリカに遊びに行ってはおえませんナ」。


 たぶん赤坂さんにとっては、スポット演説の妨害者と映った。間違いない。だから直に逃げに懸かった。「何を書かれるのも言論の自由です(古本屋の自由?赤坂さんて、いったい何様なの?)。「この場所はそういうことを議論する場所ではありません」。「これから廻らねばならない場所が多くあります」。まあ料簡が狭いことだ。くわえて「古本屋通信さんは以前ネットで見かけたことがあります」。「読むかどうかは私の自由です」。「おたくは家は何所ですか」。私「この前の家ですよ、ココ」。

 念のために予め断っておくが、私は赤坂さんらに論争を吹っかけたのでも、対話をしようとしたのでもない。単に党中央の見解を批判した自分のブログを後で読んでほしいと伝えただけである。なのにこの過剰反応と遁走は恥ずかしい限りだ。自信の欠如であろう。他人との接触を怖がるなら、初めからキャラバンなどに出掛けないことだ。

 上記の青のように、上からの目線の物言いが板に着いている。立派な元県議様に申し上げるのも鬱陶しくアホらしいけど、赤坂さんの決定的なカルト性を指摘しておく。分刻みに予定を組んでいる選挙演説を除いて、たいていの共産党の街頭演説わけても小さなスポット演説は、対話をも同時に目的にしている。私は共産党の弁士と対話しようと思ったことは殆どないが、それでも駅前演説を終えた森脇さんと県議補選について話したことがある。有意義であった。たぶん森脇さんにとっても。赤坂さんとて、私が演説に賛意を表する聴衆だったら、短時間の対話には応じていただろう。赤坂さんが決定的にダメなのは党のスポット演説に、党に好意的な聴衆のみを想定していること。これはこれだけでカルトだ。私は右翼でも反共でもないが、たとえ右翼や反共でも、演説を妨害せず、演説が終わるのを待って弁士に話しかけてくれば、条件の許す限り応じるのが共産党であろう。それを 「この場所はそういうことを議論する場所ではありません」 「これから廻らねばならない場所が多く有ます」 では、スポット演説の目的は一方的な党見解の宣伝と押し付けになってしまう。然し、私は昨日の場合は赤坂さんのカルト性のせいだけでなく、スポット演説の内容に自信がなかったのだと思う。

 このグループの仕切りは間違いなく赤坂さんだった。演説した女性は私を赤坂さんに無条件に引き継いだ。私は赤坂さんはもう少し柔軟な共産党員だと思っていたので、がりがりのカルトに深く失望した。それはそうだろう。今時まっとうな党員はこんな下らないスポット演説はやらないワ。岡山県委員会も、岡山地区委員会も、下りの県党会議。地区党会議以後、チャリンとも言わない。垣内京美さんがブロック候補として出歩いているだけだ。こういう情勢下で赤坂さんのような活動は愚の骨頂である。理由はすでに書きつくしている。党の解体を進めるだけだ。案の定、誰も聞いていなかった。

 この一文は赤坂さんに向けて書いていない。私の読者に向けて書いている。赤坂さんが読めば分かるくらいなら、上記のようなカルト対応はしないだろう。だが彼女にしてみれば党派性を守ったということだろう。比較的マシだと看ていた部分でこれだ。

 私のファンを名乗ってくださる京都のオールド・ボルシェヴィキさんに。私は「大抵の党員は党の議員で長年メシを食い続けると革命のことなんてどっちでもよくなる(自分たちが党のシマでメシさえ食えればよくなる)」 というデボーリンの言説を肯定せざるを得ない。私に言わせると、野党共闘も志位訪米も、そのデタラメは中高生でも理解できるレベルなのです。そんなレベルを大人の党員がまるで理解しない、これを党カルトだと指摘しているのです。赤坂さんは徳島大学教育学部卒業後に学校教員をやった後、党の県議会議員をやっています。ふつうの常識があれば、こういうキャラバンなど組める訳がない。何も党中央に逆らえとは言いません。もっとやるべきことが幾らでもあるでしょう。まともな党員はいます。例えば現職の県議では、神奈川県の大山奈々子さん(脚注)です。奴隷のことばですが、スゴイですよ。デボーリンへ、大山奈々子を読め!

 最後に、私の読者の共産党員比率は分からないのだが、共産党員読者は私に賛成せず、赤坂さんに何の問題も感じない人が多いだろう。私に言わせれば、ここにこそ党の危機があり、また党外の民主集中制批判の物質的根拠(基礎)がある。だからこそ古本屋通信を配信しているのだが。


キャラバン 調査・販売・宣伝などのために、一団を組んで、遠征・巡行すること。また、その一団。 


 入念

 私は今回の婦人キャラバンに賛同する聴衆はゼロだと思うが、これは日本共産党にとっても日本にとっても良いことだと思う。それにしてもいまだに「アベ政治を許さない」などというファッショ的スローガンを平気で口にする共産党員がいる。驚きを通り越して狂気である。安倍政権の支持率50パーセント前後、共産党の支持率は5パーセントまで。志位さんの支持率はもっと低い。安倍の支持者はC(志位)政治を許さないと言うであろうか。言えば共産党は戦前の暗黒政治に逆戻りだと糾弾するだろう。同じことを共産党が自民党に対してやっている。このデタラメが何回言っても分からない。もう一度だけ言う。安倍は政治をする事を日本の法律によって許されている。それを共産党は許さないと言う。これ共産党はファシズムであり、全体主義ではないか。キンピーサイトの太宰ファンさんが喜ぶゾ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   脚注


 朝鮮学校を攻撃して拉致家族は帰ってくるでしょうか。
 2015年10月28日
  大山奈々子

2014年度の決算に関して審議する委員会が開かれています。
共産党県議団の決算特別委員は加藤さんと君嶋さんです。
今日は傍聴できました。県民局と教育局の施策に関することです。
2つの会派が朝鮮学校の補助金と教科書の内容について云々していました。

朝鮮学校補助金に関してはざっくり経緯を言うとこんな感じです。

①国が朝鮮学校だけを高校無償の例外としたので日本政府は国連から朝鮮学校を差別していると勧告されている。

②県はそれでも経常費補助(学校運営のための補助)を継続していたが、北朝鮮の核実験等を理由に経常費補助をカット。今は保護者への学費補助へ切り替えた。結局学校は一年間補助なしの状態があった。

③運営費補助がなくなって困った学校が保護者に寄付を求めた。議会ではその寄付の求め方が問題だという会派がある。

その結果、学校に寄付をした世帯の収入の状況まで調べさせて生活保護なのにこんなに寄付をしている。非課税世帯なのにこんなに寄付をしている、税金を納められるだろう。国税庁につないで調べてもらえ。とまで当局に迫る。当局は寄付は生活保護世帯の寄付行為は禁じられていないと答弁していますが。

まったく人権侵害も甚だしい。とこれまでの議会の論議を見聞して思っていました。

教科書に関しては、朝鮮学校で使われている教科書は全国の朝鮮学校で共通のものを作っています。それに拉致問題が盛り込まれてないからそれを盛り込めと朝鮮学校に働きかけて、教科書改訂の際に盛り込まれなかったからといって怒り、今度盛り込まれなかったら補助金を切ることまで考えろと迫る様子を見ました。

まったく…教育の自主性主体性を無視しているうえに、寄付した家庭の経済状況まで調べる人権感覚のなさ…学校は言われたら応じるしかない立場です…

アメリカンスクールに原爆の記述を求めているのか。中華学校に日中戦争の記述を云々するのか。

そして日本は従軍慰安婦のことを教科書に書いているのか(右翼が街宣車で教科書会社に圧力をかけて記述をさせなくした経緯があります)

いろいろな怒りがわいてきました。

そのあとうちの加藤議員が県民ニーズ調査やパブリックコメント、私の提案に寄せられた県民ニーズをもとに県の施策への反映状況を問うことから始まった、道理ある質問がよかったのですが加藤議員の質問を書く前に朝鮮学校問題を書いていて腹が立ったので書く時間がなくなりました。

下はみなとみらい線に貼ってある知事のポスター。きんたろうにいろんなことをいわせたくなってパロディ版をつく

コメント

1.鈴木やすより2015年10月29日 16時46分

この問題については正直概要を私は知りませんでした。何でも産経新聞のみが報じていた模様です。以前もこのコメント欄に記載しましたが確か2か月ほど前、関内駅前で朝鮮学校の補助金問題で神奈川県の姿勢を糾弾している団体を見た記憶が蘇りました。昨今、ブラック企業対策や貧困問題に詳しい識者の方が「何でも自己責任と言って、経済的に貧しい家庭に生まれたことも自己責任といって貧困問題を切り捨てている感じがする。」(大意い)と言っていたのを思い出しました。私は少なくとも子どもに責任は無いと考えます。
また県議会で「非課税世帯」「税金払え」「国税庁にて調査」(大意)云々を持ち出した会派があるといいます。この方たちは今後「「マイナンバー」を基に調査しなさい。」くらいの非常識な発言をすることが予想されちょっと怖くなりました。
「マイナンバー通知カード」いよいよ神奈川県でも配達開始されるそうです。愛川町、鎌倉市及び座間市の郵便局には10/27(火)に到着している様子です。また伊勢原市には10/28(水)に到着しているようです。簡易書留で住民票の住所へ世帯単位で届きます。今回届く「通知カード」(紙ベース)を「個人番号カード」(プラスティック)へ切替えることは避けるべきと考えます。政府は切替えを推奨しておりますが私は不要と考えます。「通知カード」があれば何ら問題はありません。
なぜならば「個人番号カード」は本人確認書類になり紛失等でなりすまし等の危険性もあります。また先の国会で改悪された「改悪番号法」の付帯決議で生体認証(諮問、静脈、顔データ等)を記録する付帯決議もされています。私は「個人番号カード」への申請はやめるべきと考えます。
今回の問題含め「マイナンバー制度」は極めて問題の多い制度です。私は「マイナンバー制度」の速やかな廃止を望みます。
(すみません。「マイナンバー」の話題に飛躍しましたことをお詫び申し上げます。)


2.佐藤早苗より2015年10月29日 17時18分

朝鮮人学校に補助金をカットした件については、絶対におかしいと思っていました。そもそも核実験と無関係です。更に教科書の記述に踏み込むあたりは、言語同断です。他国の教科書、教育方針に異議を唱えるべきではありません。
今日私は、霧が丘小中一貫校中学校の学習発表会を観てきました。文科省の特別支援校に認定され、校門には「霧が丘・夢・人・未来」と看板が掲げられていました。どの子にも同じように学ぶ場を与えるのが、教育だと思います。


3.大山奈々子より2015年10月31日 00時40分

鈴木様

そういうテンポでマイナンバーは来るんですね。
抗議の意味でも個人番号は申請しないようにしたいと思います。実際の行政の窓口で身分証明を二つ提示というのは人によっては難しいかもしれません。各地で行われているマイナンバー学習会に大勢で参加しましょう。

佐藤様

小中一貫も究極は経費削減とエリート養成です。霧が丘は小中の連携のために先生たちが通常業務以上に忙しそうなのが気になったところです。


4.たろうより2015年10月31日 09時54分

教科書は拉致問題はあったと考えているのでしょうか。疑惑に過ぎないと考えているのでしょうか。

また核実験は非難すべき行為ですよね。隣国の1つとして、見てみぬふりをするのはよくないと思います。

また朝日新聞が誤報を認め、「従軍慰安婦」と「強制連行」が含まれる記述を 削除するというニュースがありましたね。右翼の圧力によるもの、ではないと思いますが。


5.大山奈々子より2015年11月04日 12時53分

たろうさん

拉致問題はあったと考えて副読本を作っているようです。これは県の「指導」によるものですが。

核実験も拉致も子どもとは何の関係もありません。

朝日新聞には強力な圧力がありますよ。


6.たろうより2015年11月04日 23時20分

私は、拉致問題はあると思っていますし、疑惑に過ぎないと考えてはいません。疑惑に過ぎないと考えている一部の外国や日本の方もいるようですが、きちんと記録を提示し拉致問題が事実であることを訴え、また解決を求めるべきだと思います。共産党はそうは思っていないのですか?

核の実験では指摘の通り子供に被害がいってはなりませんよね。北朝鮮の核実験を止めるためにはどうすべきだとお考えですか?

日本の団体が、外国に日本のスクールを建て、またその国の指導要領に沿っていない時に、授業料をその国からもらうのは当然の権利なのでしょうか?私はそうは思いませんが。それと同じことではないでしょうか。

共産党は、朝日新聞の報道に誤りはなく、実際に強制性はあったが、右翼団体から強い圧力があり、泣く泣く嘘であったと報道せざるをえなくなって現在に至った。と考えているのですか?


7.大山奈々子より2015年11月06日 14時01分

たろうさん

ですから、こういうことは私に聞くのではなく党のHPで検索してみてください。もちろん拉致問題も核実験も由々しき問題だと認識しています。核実験をとめるためにも六か国協議のテーブルについて話し合うべきだと思っています。話し合いによらない脅迫で動くほど国家は単純ではありません。憎しみがわくばかり。たろうさんは朝鮮学校の補助金切ったらめぐみさんが帰ってきやすくなるとお考えですか。

朝鮮学校は日本の文科省の指導要領に沿っています。日本の学校に補助金を暮れている先進国はたくさんあります。

強制性はありました。朝日の報道の誤りは別次元の問題です。証言が嘘だったという話。嘘なら訂正しなければ。
慰安婦の方の証言を読んでみてください。強制性があったのは本当ですが、私たちは事の本質はそこではないと考えます。おだやかにだましてお連れしてレイプしたら罪はないのですか?

たろうさんは自分で調べることをしないでゼロから質問されるので対応に苦慮します。共産党は政策をつまびらかにホームページに載せていますのでそこを熟読してください。


8.吉崎英雄より2015年11月07日 20時29分

たろう様

たろうさんは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」のですか?朝鮮学校と拉致問題
は、まったくの別物です。それはそれ、これはこれで考えるべきです。


9.たろうより2015年11月10日 18時50分

吉崎様

補助金を切ることで拉致問題が解決できる、とは考えていません。
ただ、私のコメント2つが何故かアップされていません。
私のこのコメントもアップされないかもしれません。

何故でしょうかね。


10.大山奈々子より2015年11月14日 00時32分

たろうさん

あなたの投稿をアップしないのは、私のブログの内容をあまりにも曲解しているし説明不能なほど理解がねじれているからです。

例えば補助金を切ることと拉致問題を誰もつなげていません。
私が、補助金を切ろうとした人たちが拉致問題を解決するといっているのがちゃんちゃらおかしいといっているだけです。憎しみを増すようなことをしてさらに拉致問題解決が遠くなるという投稿をしました。
それに対して補助金を切ることで拉致問題が解決できるとは考えていません、というのは私に反論しているような書き方ですが反論でもなく同意でもなく。読めていないだけだからです。
相手の言葉をしっかり受け止めることではじめて議論が成り立ちます。
文をきちんと読めていないということです。


11.たろうより2015年11月14日 19時36分

曲解してしまってるとのことなので、矛盾のないように再度私の意見を述べます。
・核実験には常に強く批判しなければならない。
・日本にある外国のスクールに補助金を払うのは義務、当然ではない。
です。外国にある日本のスクールの無償化は当然の権利ではないとも思うので。また拉致問題と無償化の是非は別として考えるべきである(ここは意見が一致していますね)。

・吉田証言で強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消しますとあります。嘘だから訂正しなければならない。
嘘の吉田証言によって日本人も世界から甚大な被害や非難を浴びているのです。日本人も被害者であると思う。

以上です。


12.大山奈々子より2015年11月16日 00時13分

たろうさん

・今回はよくわかりました。よかった。
・在外邦人の学校も国内の外国人学校も本来無償とまでいえなくても国か自治体が支えるべきと思います。国連の子どもの権利条約では教育の機会均等がうたわれていますし、日本国内では教育基本法もそれをうたっています。どの国に生まれてもどこで学んでもこの地球の子で有る以上は安心してお金の心配なく学べるようにしてあげる事は大人の責任だと思います。
・慰安婦で日本が非難されているのは吉田証言だけが原因ではありません。そこに起因するものも多少はあるでしょうけれど。なんといっても被害者のみなさんが声を上げましたから。世界が日本軍による性奴隷の問題は認識しています。認識できていないのは日本の靖国派。強制連行はありました。仮になかったとして、日本軍が奴隷化したことは許されません。強制連行があったかどうかなんて本質をごまかす議論です。


13.たろうより2015年11月18日 01時49分

どの国でも全ての子供は教育を受ける権利があるというのは同感です。
例えば外国人が差別されて日本の学校に通えないとなれば問題であると思います。外国人も日本の学校に通う権利があります。
しかし日本の学校とは別に、外国人向けのスクールを建て、その無償化を当然のように求めるのはおかしいと私は思います。なぜ日本に来てまで日本の学校に通うのではなく外国のスクールに通うのか。それは個人の自由ですがそれを国が全て負担するという義務はないと思います。何度も言いますが、外国にある無償の日本スクールを私は知りませんし、無償のものはあったとしてもごく一部だと思います。

吉田証言の他によく挙げられる例としては河野談話があるでしょうか。吉田証言の嘘を見抜けられず世界に広まってしまったのは問題だったと思います。
強制性があったかどうかは重要ではないでしょうか。否応なく連れ込んだのか、募集をかけ給与も払って対応していたのかでは、女性の人権に大きな違いがありますから。むしろ強制性はあったと散々主張していた新聞などが虚偽であり、にもかかわらず売春行為を問題視して議論をすりかえているのはおかしいです。


14.たろうより2015年11月18日 01時52分

あと靖国派という用語を初めて見ましたが、これは差別用語ではないでしょうか。
日本の中で、あいつは右翼だ左翼だ靖国派だと言いあっていては、文化の違う外国とは到底分かり合えないのではないでしょうか?


15.大山奈々子より2015年11月21日 21時08分

たろうさん
朝鮮学校がなぜ日本に多いのか。資料を探して読んでください。
世界中の子どもは世界中の大人に大切にされる権利をもっているんです。
子どもの権利条約を読んでください。
民族のアイデンティ―を守りたいという在日外国人の皆さんの思いが想像できませんか。

あなたの大切な姉や妹や娘が、仕事があるぞといわれてついていったら性奴隷にされて、強制じゃないから許しますか。逃げられない状態にされて、多少給料もらったからいいかと思えますか。


16.たろうより2015年11月22日 13時14分

希望するならば在日外国人を日本の学校に、日本人と同じように通わせてあげることは日本の義務だと思います。それで子どもは世界中の大人に大切にされる権利を十分得られていると私は思います。ですが外国人専用のスクールまで補償するのは義務の範囲外だと思います。
ラーメン屋では人種差別なくラーメンを提供するべきですがパスタは提供する義務はない、というような感じですかね。

>>仕事があるぞといわれてついていったら性奴隷にされて、強制じゃないから許しますか。逃げられない状態にされて、多少給料もらったからいいかと思えますか。

売春の仕事があるからどうかといって付いていってしまったなら、それは自分の意志なのでいいのではないでしょうか。
もちろん反対はするとは思いますが、そういう仕事をする場合の責任の矛先は募集する側ではなく本人に向くかなと思います。
逃げられない状態にしたならば、強制性があるといえますね。日本軍が女性を逃げられない状態にしたという資料はあるのでしょうか。

強制性があったと決めつけて(もしくは散々強制性があったと言っていたがそれが疑問視されてからは強制性自体は問題ではないといって)日本を非難し続けるならば、日本の子供の世代(大山様のお子様も含みます)が大切にされる権利を失い、またアイデンティティも崩壊するとは想像できませんか?

下のニュースは見ましたか?
もちろん韓国の方の証言も聞くべきでしょうが、日本の年配の方の意見も聞くべきです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-00000107-san-soci


17.大山奈々子より2015年11月25日 20時31分

たろうさん

日本軍は都合の悪い資料は燃やしました。しかし強制性があったことは多くの慰安婦の方々の証言で明らかですし、日本の年配の方、そう、日本軍にいた人、女性を蹂躙した人の証言も聞いています。疑問視されたから否定しているのではなく、しかも売春の仕事ではなく、工場の仕事だなどとだまされたのです。

リンクを教えてくれた産経新聞読みました。産経は安倍さんたちが大好きな歴史修正主義の新聞です。あの元日本兵の証言は彼の体験した範囲ではそうなのかもしれませんね。私は慰安婦の方々に会ってきましたし、多くの証言を読んでいます。

あなたや産経新聞のように日本の罪を認めたがらない人にどう説明しようかと、思っていました。大変いい書物をみつけたので買いました。

多くの人は反対の意見を知ろうという努力をしません。、その点たろうさんは知ろうとされるところが立派だと思います。
http://wam-peace.org/
ここ、リンク張れたかな。


訂正 朝鮮学校の補助金支給見送り。「憲章」の精神は?

2016年11月10日

【訂正】・・・・・の下に書いたことに事実誤認がありましたので訂正します。失礼しました。ところが読売新聞も「学費補助 県が打ち切り」と見出しを付けた記事を出しています。複雑ですが、県がそう決定したわけではないので、ここに訂正させていただきます。

沖縄レポを書こうと思っていたら、県から「ともに生きる社会かながわ憲章」のポスター案が送られてきて、ポスターまで作った?と思い、思わず、今回のタイトルにしました。ちなみに憲章の条文は以下です。yjimage

一 私たちは、あたたかい心をもって、すべての人のいのちを大切にします

一 私たちは、誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現します

一 私たちは、障がい者の社会への参加を妨げるあらゆる壁、いかなる偏見や差別も排除します

一 私たちは、この憲章の実現に向けて、県民総ぐるみで取り組みます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

黒岩知事は、8日、朝鮮学校の補助金支給を見送る決定をしました。←このように書きましたが、16年度中の教科書改訂も困難と判明したため、補助金の交付決定を留保。学校側が作成する独自教材の内容を見て、年度内に交付の可否を決めるということだそうです。

2013年、国が朝鮮学校だけ高校無償化から排除し、それでも「こどもに罪はない」と助成を続けた黒岩知事が、ついに「核実験の強行を受けて、(補助は)県民の理解が得られない」を口実に、(学校運営費である)経常費補助を停止、のちに(保護者への)学費補助に切り替えたという経緯があります。理解できない県民にしっかり理解させるのが人権感覚を備えているはずの知事の責務ではないのか。

その学費補助も、「拉致問題を盛り込んだ教科書を作れ」と、教育の中身に干渉してそれを条件に支給すると言ってきたのです。教科書の改訂ができないことを理由に切るとは。朝鮮学校が立ち行かなくなります。朝鮮学校側は、改訂がかなうまで、副読本まで作製して県の要求に応えてきたではないですか。

先生たちのお給料が3か月遅配になっても、民族のアイデンティティを守るために、日本で暮らす同胞の心の故郷であり続けるためにがんばって運営されています。朝鮮学校に行った際、体育館のぼろぼろの暗幕をみたことが思い出されます。小学生でも月に3万円も学費がかかるそうです。それでも通わせる母国愛がわからないのでしょうか。

そもそも植民地支配の結果、多くの韓国人、朝鮮人が日本に暮らさざるを得なくなった経緯を何と考えるのか。そもそも朝鮮学校の生徒の7割は韓国籍だと知ってのことか。納税させておいて子どもたちは支えないのか。

グローバル人材の育成という言葉が県行政の中でよく聞かれます。特定の国を差別し、何がグローバルか!他国の愛国心を理解できなくて何がグローバルか!何が「いかなる偏見や差別も排除する」か!何が「その人らしく生きる地域社会を実現する」か!

私の怒りを代弁するかのような、しかしながら冷静に分析している個人のブログをみつけました。

例えば私のこのブログのタイトルがリンク先のTwitterに流れたら、ウヨウヨと多くの批判が集中するのは目に見えています。そういった人たちによって、国が差別したときに差別しなかった黒岩知事が猛烈な批判にさらされたのも承知しています。

でも、知事、全力で県民を守ってください。朝鮮学校の子らもまた、神奈川県民です。

コメント

1.朽木一より2016年11月10日 13時01分

生徒244人に今年4月から8月分の学費補助金2100万円あまりを交付する予定だった
そうですが、なぜこれほど大きな金額が常に必要なのですか?

また朝鮮のアイデンティティも大切ですが、県が支援しなければ維持できない状況のままではいけないと思います。


2.中村 孝より2016年11月12日 06時53分

 ヘイトスピーチを許さないようになってきているにもかかわらず、このようなことをしていては県が実質的に民族差別をおこなっちることになるでしょう。
 大体、朝鮮学校は北朝鮮に関わる人たちだけで構成されているのではないでしょう。
 とってつけたような理由は許されないでしょう。


3.大山奈々子より2016年11月12日 20時24分

中村さん

まったくです。7割が韓国籍ですし。私立の学校の自主性の尊重は私立学校法にも書かれています。
「私立学校の特性にかんがみ、この自主性を重んじ、公共性を 高めることによって、私立学校の健全な発達を図ること」(同法第1条)


4.大山奈々子より2016年11月12日 20時28分

朽木さん

日本の子どもたちがが学ぶ学校も国や地方自治体に支えられています。同様に国籍を問わず県内の子どもを支えなければならないのです。ドイツ人学校はドイツの国が在外邦人にまで援助するので補助は不要のようです。

教育基本法
第3条 (教育の機会均等) すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならないものであって、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない。

2 国及び地方公共団体は、能力があるにもかかわらず、経済的理由によって修学困難な者に対して、奨学の方法を講じなければならない。


5.朽木一より2016年11月12日 21時32分

久々に投稿を公開していただきありがとうございます。

教育基本法は私も知っています。ひとしく、という言葉をどう捉えるかの問題だと思います。国籍関係なく平等に、また国際化の流れにそうことが必要なのは同感です。ですが、前にもお伝えしたように、私は、日本の公立学校で外国人も受け入れればいいと考えています。日本人が通う学校に外国人が何人もいる、これが国際化です。日本の公立の学校には日本人が通い朝鮮学校には朝鮮人が通うというのは国際化のように見えて学校という壁を作っています。
朝鮮人だけが通う朝鮮学校に数千万円の支援を特別にするかどうか議論をする権利は政治家にも国民にもあります。それをヘイトスピーチと呼ぶのは被害者を演じる暴力であると思います。

例えば日本人がドイツに住み、公立の学校に通うのではなく日本人だけが通う日本学校に行くとすれば、ドイツに住むことに拘る必要はあるのでしょうか。
またその日本人学校の支援金はドイツが出すべきか日本が出すべきか。私は日本が出すべきだと思います。ドイツが出すべきですか?色々な意見があるでしょう。議論するのは意義がありますね。国民の声も聞いて下さい。
北朝鮮は莫大な金額を核開発に費やし、住民の食生活や教育がないがしろにされています。これが解決されなければ永遠に朝鮮人や周辺国民は幸せにはなれません。

副読本を作るのは改定するよりお金がかかるはずです。


6.大山奈々子より2016年11月15日 21時15分

朽木さん

日本の公立学校で外国人、受け入れてますよ。
ただ、日本に暮らす外国人のなかで、自らのアイデンティティを大事にしたいという思いも大事にするべきです。ですから、県としても県内の外国人学校に補助をしてきましたが、核実験を口実に、実験したわけでもない子どもたちの補助金を削るのは本当に道理が無いわけです。

副読本はすでに朝鮮学校は作られています。教科書は全国共通のを作るのでそう簡単ではなさそうです。
  1. 2017/04/21(金) 03:17:25|
  2. 未分類