古本屋通信

県北の詩人ちゅうたさんから考える

古本屋通信   No 2494    2017年  03月30日


  県北の詩人・ちゅうたしげるさんのツイートから考える

 先ず、ちゅうたしげるさんを紹介する。既に何回か書いたと思うが、消したかも知れない。ちゅうたさんは私が敬意を表する数少ない詩人である。かつて岡山県北で一期だけ共産党の地方議員を経験された。党を離脱された経緯の詳細は知らないが、心の病気だった。然し私は彼の狂気は現実を確実に逆照射する狂気だと認識している。ちょっと真似のできない認識力である。ついでだが彼は高知大学で春名直章氏や、福山の古本屋しあわせ文庫の神原氏と同期だったと記憶する。三者三様の歩みである。


ちゅうたしげる‏ @chuutashigeru · 2016年9月21日
ちゅうたしげるさんがsigesige00をリツイートしました
平気で権力行政司法警察と結託する政党になってしまいました。あきれかえってもうどうにもとまらない。コリアンのひとたちこそが日本人の日本のけだもののような現実を逆照射するのです。

ちゅうたしげるさんが追加
sigesige00 @sigesige00
芸能人を出して政治と関係ない話をさせて部数を増やそうなんて本末転倒そのもの。それでも部数減は止まらないけどね。で、日刊紙はいつ廃刊になるの?配達集金もできないところが増える一方、赤字はかさむ一方だよね。そろそろ「民進党代々木派」になればどう? https://twitter.com/kou_antiwar/status/778571693535080449 …

 ちゅうたしげるさんがリツイート
sigesige00‏ @sigesige00 · 2016年9月21日
国際問題――北朝鮮問題、アジア政党国際会議について/6中総 志位委員長が報告 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-21/2016092101_03_1.html … 反革命日共はさっさと「アジア政党国際会議」なんておしゃべりの場から離脱して「中共・北朝鮮(ママ)の核を許すな!自衛のため日米安保支持!」と正直に言えよ。




  古本屋通信

 今回一年ぶりに訪問したら、ちゅうたさんの少々旧いツイッターが顕われた。これに就いて私論を述べるのではなく、叩き台にして少し書きたい。と言っても 「アジア政党国際会議」 だけである。たった半年しか経過していないのに、私は志位が 「アジア政党国際会議」 に出かけて行ったのをすっかり忘れていた。「アジア政党国際会議」 と今回の 「国連本部で核兵器禁止条約の交渉会議」 の2つ、どちらも共産党の幹部が、とりわけ政権を獲っていない国の共産党幹部が絶対に行ってはならない会議である。

 じゃあ共産党の幹部は如何なる国際会議だったら参加すべきなのか。大規模な国際会議でなくてもよい、如何なる国際交流が、政権未獲得の共産党に可能なのか。その点を少し書きたい。というのは旧いカルト党員は措いて、若い党員はそもそも共産党の正しい国際交流など知らないだろうから。

  日本共産党が意見交換すべき相手は外国の共産党・労働者党だけである。共産党が政権を獲っている国の政府機関が日本共産党と交流したいと望めば、それに応じても構わない。しかし原則は党と党との交流だけである。せいぜい先方の運動組織との交流だが、これも一歩間違えれば内政干渉になる。「アジア政党国際会議」参加は絶対に間違いである。今回の物見遊山など論外である。

  また党大会に外国の政府機関、とりわけ資本主義国家の大使館員を招待するなど反革命の極みである。ちゅうたツイッターの言うとおりである。なぜなら日本共産党は日本の革命政党であり、連帯できるのは(権力を奪取していない国の場合は)共産党・労働者党だけである。それ以外と国際連帯など出来るわけがない。どころかそれは他国の革命運動の妨害以外ではない。

  いまや国際共産主義運動は崩壊した。加えて日本共産党は国際的には何のインパクトもない日本の社民政党に堕した。だから連帯できる外国の党は少ない。でもベトナムの党、中国共産党、ロシア共産党とは断絶してはいない。めくら滅法にピント外れな覇権主義などというレッテルを貼る前に、関係を正常化してはどうか。それと朝鮮の党との関係正常化が急務である。これを避けて日本の党の発展はない。ちゅうたさんのツイッターを肝に銘じられよ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2016年9月21日(水)   赤旗

 国際問題――北朝鮮問題、アジア政党国際会議について

 6中総 志位委員長が報告

 20日に開かれた日本共産党の第6回中央委員会総会の幹部会報告で志位和夫委員長は、北朝鮮の核・ミサイル開発の問題と、9月1~3日にマレーシアのクアラルンプールで開かれたアジア政党国際会議(ICAPP)第9回総会の内容を中心に、国際問題のいくつかの焦点について報告しました。

 北朝鮮の核・ミサイル開発にどう対応するのか

 志位氏は、北朝鮮の核・ミサイル開発に国際社会がどう対応すべきかを2点にわたって強調しました。

 第1に、軍事対軍事の危険な悪循環をさらに深刻にする道ではなく、対話による解決に徹することが何より重要であるということです。

 志位氏は、3月3日に全会一致で採択された国連安保理決議が、北朝鮮への制裁強化とともに、「6カ国協議への支持と再開」を呼びかけたことを指摘。核・ミサイル開発を放棄させるために北朝鮮を6カ国協議という対話のテーブルにつかせるために「中国を含む国際社会が一致して制裁の厳格な実施、強化を図ることなど、政治的・外交的努力を抜本的に強めることが重要です」と強調しました。

 第2に、より根本的には、国際社会が本気になって「核兵器のない世界」への具体的な行動にとりくむことがいよいよ重要となっていることです。

 志位氏は、「核兵器禁止・廃絶条約の交渉開始の方向に進むことが、北朝鮮の核開発の口実を失わせ、核開発放棄を迫るうえで、いよいよ急務になっています」とその意義に言及しました。

 アジア政党国際会議―核兵器禁止条約をめぐって

 志位氏は、アジア政党国際会議で採択された「クアラルンプール宣言」をめぐる日本共産党の対応について、二つの柱で報告しました。

  一つ目は核兵器禁止条約をめぐってです。

 志位氏は、過去2度の総会宣言で明記されていた「核兵器禁止条約の速やかな交渉開始」が欠落するという重大な後退が起こったため、日本共産党代表団が「宣言」に「部分的保留」を表明した経緯を踏まえ、中国の問題点について3点にわたって指摘しました。

 第1は、核兵器問題で中国に深刻な変質が起こっていることです。中国はある時期までは、核兵器禁止の国際条約を求めてきましたが、この数年は国連総会でも、核兵器禁止・廃絶の作業部会設置に核保有五大国(P5)の一員として頑強に反対するなどの変化が起こっています。志位氏は「少なくとも核兵器問題については、中国はもはや平和・進歩勢力の側にあるとはいえない」と述べました。

 第2は、中国共産党代表団が、自分たちの主張を押し付けるためにアジア政党国際会議の民主的運営を乱暴に踏みにじったことです。これらは「覇権主義的なふるまいそのもの」だという点です。

 第3は、今回の総会での中国共産党代表団のふるまいは、32年にわたる中国共産党による日本共産党への無法な干渉への反省の上に日中両党双方が合意文書(1998年6月)で確認してきた両党関係の原則とは相いれない態度であり、重大な問題だという点です。

 志位氏は、“社会主義をめざす国ぐに”―「社会主義をめざす新しい探究が開始」(綱領)された国ぐにについての日本共産党第26回党大会決定に照らして、「今回の中国共産党代表団の行動は重視しなければなりません」と表明しました。

 そのうえで、大局的にみれば、核兵器固執勢力は、世界の諸国民・諸国家の反核平和の声に追い詰められていると強調。「未来は、『核兵器のない世界』を求める国際世論と市民社会の運動の側にあります。ここに深い確信をもって、力を尽くそうではありませんか」と呼びかけました。

 アジア政党国際会議―領土紛争の解決をめぐって

 二つ目は、領土紛争の解決についてです。

 志位氏は同会議で、領土に関する紛争問題の解決にあたって、(1)「力による現状変更」などを厳に慎むこと(2)「国連憲章と国際法の普遍的に承認された原則」に従うこと―を提起したことを紹介。中国が「国際法を基礎」として解決することを宣言に書き込むことに強く反対したのに対し、日本共産党が修正案を出すなど、多くの諸党がこれを明記するよう求め、最終的には「国際法を基礎として平和的に解決する」ことが宣言に明記されたと報告しました。

 志位氏は、「日本共産党は、中国に対して、東シナ海、南シナ海における力による現状変更の動きを中止すること、南シナ海問題での仲裁裁判所の裁定を受け入れることを強く求めます」と強調。「日本共産党は、半世紀以上にわたって堅持してきた自主独立の精神を発揮し、世界の平和と進歩のために、どんな大国に対しても、事実と道理にたって言うべきことは正面から言うという姿勢を貫く」と表明しました。
  1. 2017/03/30(木) 18:12:22|
  2. 未分類