古本屋通信

森友学園問題は取るに足りない

古本屋通信   No 2458    2017年  03月03日


 森友学園の問題は(日本左翼にとって)取るに足りない。だからたぶん中核派と革マル派は無視するだろう。


 森友学園の問題を一回だけ書こうと思うが、その前に金正男事件の結論めいたことを書いておこう。裁判が迷宮入りになるだろうとの予測はきのう書いた。いま見ると朝日新聞も同じことを書いている。それには違いないが、私は女2人は早晩釈放されると思う。すでにインドネシア大使館は、自国の容疑者は利用されただけだと言っている。それを受けてインドネシア政府も容疑者を支援する線を打ち出している。たぶんベトナム政府も同じであろう。マレーシアのメンツのために死刑にされては堪らない。誰が考えても女が殺意で殺したなどあり得ない。もし早期に女を釈放しないなら、東南アジア3国の関係は壊れるだろう。裁判がどういう形になるにせよ、女たちの早期釈放は必至であろうと私は思う。

 さて森友学園であるが、私は関連ニュースを殆ど読んでいない。赤旗は鬼の首を取ったように書き捲っているし、ブル新聞も扱いが派手である。私の結論だが、大した問題ではないと思っている。

 きのう明誠学院高校のK先生が店に来て、日本の教育にとって由々しき問題だと仰った。私はまったく由々しき問題ではない と軽く一蹴しておいた。先生を論破したのである。先生は痛く納得され、さすがは古本屋通信だ、きょう店に来てよかった、と満足され、多くの古本を買って帰られた。つまり小学生だとか、幼稚園児に、教育勅語を叩き込み、安倍総理大臣絶賛を唱和させるのは、何の問題もない。「可愛い園児が朗々と教育勅語を暗唱したことに感動した--。鴻池氏は2008年、森友学園の運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)で講演した際、学園の教育理念を絶賛した」。ちょうど50年まえ、全国の保育園児に「石川のお兄ちゃんは無罪だ」と唱和させたのより罪がずっと軽い。しょせん森友学園だけで起ったことだ。それに早期偏向教育は反面教師になる。中学生になれば、子供たちは腹を抱えて笑うだろう。日本にはまだそれだけの復元力はある。

 私は政治と金の問題で安倍夫妻を擁護しない。然し、しょせんは一学校法人の腐敗の問題だ。それに安倍夫人がどう関わっていたかの問題である。夫婦別人格の問題もある。低脳の小池書記局長が国会質問するような問題ではない。私が最近書いているKCIA問題に較べれば、殆ど取るに足りない。要はどっちでもよいのだ。

 私はそもそもロッキード事件に興味を示さなかった。保守政治が財界から金を受け取るのは当然である。良いとか悪いとかではない。日本の国家独占資本主義下の政治とは、そもそも金を貰ってする政治である。ロッキード事件はその頂点にあった。いま田中角栄は非国民か? まったく逆である。あのなあ共産党の低脳の小池書記局長さんよ、国民的英雄の田中角栄の7奉行の一人が小沢一郎だ。天下周知の事実である。その小沢にたぶらかされて、絶対にあり得ない野党共闘を振り撒いているのが志位委員長である。元祖田中角栄様様ではないか。何ゆえ角栄の百分の一もオコボレを貰っていない安倍総理夫妻を批判するのか。

 私は安倍クンに個人的に憎しみはない。成城大学成蹊大学出身らしい(マル彦さんアリガト)。頭のよくない彼は日本の歴代総理の中では、ハンパ者だろう。だから人気者なのだ。私は「アベ政治を許さない」を考案した澤地久枝に殆ど殺意を禁じえない。これを復唱する共産党界隈のニセ左翼に軽蔑を隠さない。安倍政権を許しているのは日本の人民である。安倍政権は非合法政権ではない。安倍政権を許さないと叫ぶことは日本の人民を許さないと叫ぶことだ。

 森友学園に戻る。まあ精々追及をやったらよい。選挙用にネタがなくて困っていたのだろう。安倍政権の支持率は落ちない。せいぜい微減である。都議会自民党も落ちない。衆院選は自公政権安泰、民進党激減、共産党数議席減少。森友は関係無い。

 安倍政権の閣僚には、稲田防衛大臣など日本会議所属の極右がいる。だが安倍自身はそこまで腹が据わっていない。むしろ今もっとも警戒しなければならないのは小池百合子都知事だろう。民進党は論外として、共産党が都議会で少数派に追い込まなければならないのは誰だ?自公勢力だと云う。きのうの赤旗にハッキリそう書いてあった。都議選と衆院選を取り間違えている。都議会共産党は小池与党なのか。あきれてグーの音も出ない。いいですか、小池は(いかに厚化粧していても)日本会議の極右なんですよ。それを隠蔽するために石原慎太郎を証人喚問するんだ。いいか、共産党、都議選敗北必至とはいえ、ちゃんと小池都政に対決する政策を打ち出せ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 私が日本共産党員がまだ健在だと思う根拠は多くあるが、一例を挙げれば、森友の問題で(岡山県下に限ってだが)多くの党員が記事を書いていない点だ。これは林君でさえも書いていない。ところがやはり一人いた。崎本敏子さんである。久しぶりに登場して貰う。批判は何もない。


 森友学園の幼稚園教育映像にびっくり!・・・「安倍首相がんばれ!安倍首相がんばれ!安保法制国会通過よかったです!・・・・」と運動会で宣誓!?
 2017年2月28日   崎本 とし子 とし子からの手紙
昨日、アメリカアカデミー賞がどうなったかな・・・と思ってニュースを見ていたら、森友学園問題の報道がされていました。

国有地を8億円値引きしてもらって購入した森友学園の幼稚園の運動会の様子が放映されていました。まだ5歳~6歳と思われる子供が宣誓しています。2015年のものらしかったです。(安保法制が9月19日に強行採決された直後ぐらいでしょうか・・・)

「安倍首相がんばれ!安倍首相がんばれ!安保法制国会通過よかったです!・・・・」と。

私はびっくりしました。判断ができない幼稚園児に運動会でこういう宣誓をさせる園の教育にびっくりしたのです。こんな幼稚園がこの国にあるのですね。(これは教育基本法違反だと私は思います)

さらに、この幼稚園教諭3人が国の表彰を受けているそうです。大阪府が推薦したそうです。大阪府知事は日本維新の会の松井知事ですね。…そうなんだ…。こんなことがもうこの国で行われているんだ…と衝撃を受けました。

「御国のために命を捨てることは尊い…」と教えた教育勅語を毎日暗唱させるという「森友学園」。憲法を理解しているとは思えません。

安倍首相は国会の質問に対し、「森友学園の土地売買契約には妻も私もまったく関与していない。決めつけるのはやめてくれ!妻は講演した時も名誉校長になった時も報酬を受け取っていない…」などと答弁。私に言わせれば、ボランティアでそういう役割をすることこそ、「身内感覚」だということではないのか・・・と思うのです。

国は産廃を埋め立てた土地を売却するときに、撤去費用を計算してそれを差し引くなどという売却方法をとるのでしょうか。民民売買であれば、更地にしてから適正価格で売却するのが普通ではないですか。ふつうは買うほうがそんなリスクの高い土地を買うはずがありません。でも国と森友学園は9億円の土地を8億円値引きで森友学園に売却したのです。しかも、国は値引き根拠になった工事の監督もしていない・・・。そのあたりの契約経過なども明らかにすべきです。「廃棄した」で済む話ではないのです。国はきちんと調査し、国民に示す必要があります。

朝日新聞の調査ではきちんと真相解明すべき・・・と答えた国民は83%です。国会に注目です。いいかっこしなくてなくていい!徹底究明してください!!

安倍政権は共謀罪法案を提出しようとしていますが、安倍総理の答弁の様子を見たり、聞いていると、感情的に自分の気に入らない「団体」を権力を使って、「取り締まる」法案にするのではないか・・・と戦争中の治安維持法を想起させ、背中が寒くなるのです。


「森友学園」への国有地売却疑惑は無茶苦茶!…安倍総理の考えとに共感する学園理事長は幼稚園で教育勅語を暗唱させる!?安倍総理夫人は「情熱をもって教育している」と評価!?
2017年2月26日  崎本とし子 とし子からの手紙
北朝鮮の主席の兄の殺害事件を一番トップで報道する日本のマスコミ。なんだか異常です。

まるで、国会では共謀罪の提出を狙う安倍内閣の動きや森友学園の国有地売却問題疑惑を押し隠すようです。

森友学園の国用地の売脚はひどいものです。共産党の宮本衆議院議員が最初に取り上げました。安倍総理の考え方に共感するという理事長は、自ら経営する幼稚園で教育勅語を暗唱させているそうです。「国のために死ね!」と教えた教育勅語を何もわからない幼稚園の子どもに暗唱させるなど、憲法を理解している大人のすることとは思えません。しかし、小学校を設立しようと国用地を確保するにあたり、なんと約8億円も値引きして1億円余で購入したのです。産廃が投棄されていたとして、ゴミ処理費を減額したと国は説明していますが、どうやら処理費用は⑤分の一で済んだらしい・・・というか適当な対応で、校舎用地の一部に埋め立てされたと処理業者が証言しています。無茶苦茶ではありませんか。

安倍総理夫人は名誉校長に就任して「情熱を持った教育」とこの小学校を評価しておられましたね。(今は辞任して削除。おかしいね!)

国会では安倍総理が興奮して無茶苦茶答弁をしていました。大人げない態度です。なのに、報道は本当に少ない・・・!マスコミはもっと国の動きなど問題意識をもってしっかり報道しなければ・・・!

私は赤旗新聞と山陽新聞などを読んでいますが、見出しの構成の違いを見比べます。本当のことを知りたいと思えば、赤旗新聞が一番ですね!
  1. 2017/03/03(金) 05:35:07|
  2. 未分類