古本屋通信

テロリスト志位和夫(2)

古本屋通信   No 2446    2017年  02月25日

        テロリスト志位和夫(2)

    古本屋通信のランキング
    ブログ    191位 (昨日:227位) / 103022人中
     店長ブログ 3位 (昨日:8位) / 2901人中
      更新日時 : 2017/02/25   06:41


 いきなり急上昇した。確かな理由は分からないが、自然発生的なものではなかろう。いままで店長ブログが1,2位になったことは数回あった。今回は3位である。これだけ上昇するためには少なくとも100のアクセス増加が必要だろう。党関係が集団でアクセスするということはないだろう。党組織の民主集中制ではありえない。せいぜい岡山県委員会の県委員程度ならありうるが、その場合もせいぜい10人程度だろう。誰であろうと歓迎だ。私の見立ては学会さんなんだが、大した情報でなくて済みませんねえ。念のために申し上げておきましょう。私のような見解は古参の党員には圧倒的に多いと思います。然し「反北キャンペーン」が浸透した日本では受け入れられない、だから党は俗流世論に迎合して、身に降りかかる火の粉を必至で払いのけるのです。結果、自民党よりも悪質なデマ政党となっています。これは北方領土で安倍政権を追及したときも同じでした。右から政府自民党を批判するのです。なにも不思議な事ではありません。一国がファシズムに突入する前の光景です。戦前の日本はもちろんですが、世界の歴史で言えば、第2インターナショナルの裏切り歴史です。こう書いても、今の党員は勉強しませんから分からないでしょう。こういう党員、少し前まで自民党の市議をやっていたような人物を平気で党の議員候補に据える、これでは絶対に革命は成功しないでしょう。学会さん、安心してください。共産党が公明党を追いぬくコトはありませんから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 マレーシア警察の24日の発表について中国は、まだ初歩的な発表であるから今後の推移を見たいとしている。警察の発表は「遺体から猛毒の神経剤VXが検出された」との発表であった。「これにより、正男氏が毒殺されたことが、ほぼ確実になった」などと、全く言っていない。下記の記事で 「これにより、正男氏が毒殺されたことが、ほぼ確実になった」と書いているのは日本のブル新聞だけである。

 猛毒の神経剤VXと朝鮮民主主義人民共和国を結びつける根拠は皆無である。私は細菌兵器に詳しくないが、神経剤VXを使った兵器が細菌兵器だろう。生産はアメリカ、ロシアがトップとなっている。こんかい「北」が神経剤VXを使ったと最初に言い始めたのは「韓国」である。「韓国」には神経剤VXはないのか? 生産していないのか? 語るに落ちたな。生産しているから知識がある。神経剤VXを使って金正男の影武者を殺したのはKCIAではないのか? そういう疑いはとうぜん出されるであろう。日本のブル新聞よ、何もかも共和国悪玉で決着させようと思うなよ。

 志位低脳委員長サンよ、いま在日朝鮮人民=アジアの兄弟が日本共産党をどういう目で見ているか、ほんのわずかの想像力もないアンタには思いも付かないだろうな。殆ど殺意に近い感情である。だって低脳委員長はハッキリと「北朝鮮が殺した」と断定したんだ。何の証拠もなく低脳委員長の心証だけで言い放ったのだ。低脳は東大出にもいるから仕方がない。しかし人間の情じょうがないんだ。人間として他者に思い遣る想像力に欠けるんだ。そういう委員長なんだ。
 


 VX検出とマレーシア警察 毒殺確定 顔などに付着か
 2017.2.24 10:27  
産経新聞
 報道陣が集まったクアラルンプールの北朝鮮大使館前=24日(共同)
 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察は24日、遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたと発表した。これにより、正男氏が毒殺されたことが、ほぼ確実になった。

 カリド・アブバカル警察長官の発表によれば、検査を行ったマレーシア政府の化学物質分析機関が暫定結果を提出。それによると、VXは遺体の目の粘膜と顔から検出された。

 警察はこれまでに、インドネシア人とベトナム国籍の女2人を実行犯として逮捕しており、女らが、毒物と認識しながら液体を手で正男氏に塗りつけたと発表していた。

 VXは1950年代に英国、米国で開発された化学兵器用の神経剤。皮膚から容易に吸収され、呼吸困難、意識障害、縮瞳(しゅくどう)などの症状を引き起こす。日本のオウム真理教が殺人、殺人未遂事件で使ったことで知られる。正男氏の殺害事件では、専門家から液状のVXをクリームに混ぜて使った可能性が指摘されていた。

 一方、在マレーシア北朝鮮大使館は22日、クアラルンプール市内の大使館前に集まった報道陣に声明を文書で配布し、「マレーシア政府は監視カメラの映像や、女性容疑者らが犠牲者の顔に手で毒を塗ったとの妄想に基づき捜査を行っているが、女性容疑者はどうして生きていられるのか」と疑問を呈し、「いたずらで顔に塗った液体は毒ではなく、死亡の原因はほかにあるということだ」と主張した。




  古本屋通信

 私は赤旗が事件発生後に2回だけ通信社から買った記事を掲載したあと、なぜ通信社記事を留めたのか分らなかった。きょうやっと分った。上記は産経プロパーの記事だが、NHK記事などには共同通信の記事も配信されている。これらは全て「韓国」寄りだが、いちおう公平を期して在マレーシア「北」大使館の言い分も掲載する。見てのとおりだ。赤旗はこれが気に入らないのだ。だからと言って、一部分だけ載せることは出来ない。また、載せたり載せなかったりだと真意が疑われる。だから最近はオール・スルーなのだろう。了解。

補記 今日の赤旗がたったいま配達された。久しぶりに(7)面に2本の時事通信の記事が掲載されている。クアラルンプール発と北京発と。北京発の記事には、私が上記で書いたとおりの中国当局の慎重姿勢が書かれている。然しクアラルンプール発の記事はマレーシア警察の取材記事だけで、「北」大使館の取材はない。ないから赤旗は載せたんだな。コレ政治党派の機関紙をしては不思議ではない。「北」大使館を徹底シカトするつもりなんだ。了解。
  1. 2017/02/25(土) 03:00:14|
  2. 未分類