古本屋通信

民進党ついに小池与党に変身

 古本屋通信   No 2424    2017年  02月15日


 
東京の民進党ついに小池与党に変身する。新ファシズムの党誕生、おめでとう。


  これで日本共産党の言う 「野党共闘」=民共野合は最終的に、完璧に破産(破綻)した。オメデタウ。事を東京に限定して、今だに「野党共闘」の幻想(悪夢)に捉われているのは、新しく高知県委員長に選ばれた春名直章クンただ一人である。ここ数日間、徐々にではあるが、赤旗紙面から 「野党共闘」の4文字が消えつつある。東京の民進党を小池与党に鞍替えさせた張本人はれんほう代表と野田幹事長その人だ。コレは元々やる気のなかった共産党との衆院選での共闘にたいする最終的な NOの結論である。まさか、日本共産党は小池与党にはなれまい。それとも日本会議の極右=靖国派と和合するのか? まあ民進党ほど腐った政党はないワ。つい先日痴呆の鳥越を担いで小池都知事と戦ったのは都議会民進党その人だった。これは裏切りだとか変節だとかではない。民進党の本質に根ざすものだ。つまり平気でファシストになれる体質である。それがれんほう代表と野田幹事長なのだ。いま分かったことではない。民主党政権で実証済みであった。日本共産党は恥を知れ。

 さあ、われらの高知県委員長さんよ、わくわくするかい? いちばん下に貴兄の栄えある記事を貼ってあげたからね。キミは情勢に立ち遅れている、つまりピンボケなのだ。だから参院議員から外された。まあ高知で地域セクト主義でやりたまえ。浜川百合子さんも味方だしね。




 朝日新聞デジタル   2017年2月14日22時53分

 都議会民進2会派が合流、新会派結成 小池氏支持を表明
 東京都議会の民進党系2会派が14日、合流して新会派「東京改革議員団」を結成した。記者会見では、小池百合子知事を支持する立場を表明。党勢が低迷する中、7月の都議選に向けて小池氏と協力する姿勢を示す狙いがあるとみられる。

 都議会の民進党系2会派、合流へ 「小池氏支持」明確に

 合流したのは、旧民主党の「都議会民進」(14人)と、旧維新の党の「民進都議団」(4人)。昨年3月の民進結党後も別会派だった。合流によって都議会自民(57人)、公明(22人)に次ぐ勢力になった。

 新会派の尾崎大介幹事長は記者会見で、「小池知事の姿勢には大変共鳴する」と述べた。所属都議によると、会派名には小池知事の掲げる「東京大改革」も検討したが、「同じ名前より独自性を出した」という。一方で「改革の志を持つ人たちを結集するため」として「民進」を外した。

 民進では、都議選で公認予定だった前都議2人が離党を届け出て、小池氏を中心とする地域政党「都民ファーストの会」からの立候補を2月に表明。民進都連は小池都政への全面協力を表明しているが、選挙協力の見通しは立っていない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


新しく高知県委員長に選出されました
2017年2月13日  行っちきち戻んちきち  春名直章
 12日、第61回県党会議が開催されました。史上初めて民進党からあいさつをいただき、社民、新社会の各党からメッセージをいただくなど、野党共闘の大きな前進を記す大会となりました。

 さらに、私がなんと高知県委員長に選出されました。副委員長は塚地佐智さん(再 県議)、金子協輔さん(新)、浜川百合子さん(新)。書記長は佐藤彰さん(再)、県常任委員に大西正祐さん(再)、岡田和人さん(再)、島﨑保臣さん(新)、谷川嗣宜さん(再)、千頭満さん(再)、松本顕治さん(新)、中根佐知さん(再 県議)の12名です。

 佐竹峰雄さんが、県委員長を退任されることとなりました。佐竹さんは13年間、県委員長としてたたかいを導いてくださいました。私自身がたたかった国政選挙でも幾度となく陣頭指揮をとっていただきました。28歳で党専従となり40年に渡って県党を支え、最前線でたたかっていただいたことに、万感の思いを込めてお礼を申し上げます。そして県委員に残っていただくなど、あらたな任務で引っ張っていただくことに感謝いたします。共産党員に卒業はない、革命運動に卒業はない、と、身をもって示していただいています。

 さて私は、この間、国政候補者、国会議員として、みなさんに支えていただき、ともにたたかってまいりました。しかし、機関役員としての経験や蓄積はあまりありません。その点での不安はもちろんあります。

 しかし、同時に、それ以上に野党と市民の共闘、野党連合政権をつくるという歴史的なたたかいを、みなさんとともにたたかえるこの喜び、ワクワク感は計り知れないものがあります。


 私は「三つの宝」に依拠してたたかっていきます。一つは、党綱領と大会決定、ここに行方は照らされています。二つは、県民の願いと怒り、日本共産党への期待や叱咤激励の声。そして第三に、なによりも、職場、地域、学園で県民のあらゆる願いを受け止めて不屈にがんばる同志のみなさん、支部のみなさんがおられることです。この「三つの宝」に依拠してたたかえば、必ず大きな躍進ができると確信しています。歴史と伝統のある高知県党の名に恥じぬよう精進してまいります。横綱の口上みたいですが…。みなさんどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2017/02/15(水) 00:14:01|
  2. 未分類