古本屋通信

都党会議に小池都知事は来ない?

 古本屋通信   No 2422    2017年  02月14日


 
東京都党会議に小池都知事と3野党代表の挨拶は無かった


      古本屋通信のランキング
      ブログ    285位 (昨日:355位) / 97919人中
    店長ブログ 7位 (昨日:9位) / 2860人中
    更新日時 : 2017/02/14 06:40




  赤旗の昨報で、神奈川県党会議で3野党の代表に挨拶させるという神奈川県党始まって以来の解党主義の暴挙が行われたことを知りました。

 日本共産党は秘密結社ではありませんが、だからといって全党員が公然と党員を名乗って活動している訳ではありません。とりわけ労働者党員のほとんどは資本の厳しい攻撃に晒されて、非公然活動を強いられています。1000名近い参加の党大会はまだしも、県党会議のレベルで代議員の素顔をブル新聞や他党に公然と晒す、こういう暴挙はかつては考えられませんでした。党の武装解除であり、解党主義すなわち全党員を階級敵に売り渡す階級的裏切りです。

 赤旗(4)面に以下の記事

 注目 共産党都道府県会議 熱気 (以下、要点のみ) 

 岩手県党会議

 知事と3野党が出席、取材殺到、あいさつに拍手わく、だそうで、遠藤知事の挨拶要旨まで紹介。しかし民進党の参加は県連参与とグッとレベルが落下。自由党と社民党も代表ではなく、幹事長と県議だが、自由党が先に来ているところがミソだろう。小沢一郎の子分である。かんじんの県党会議の報告は一切なし。選ばれたであろう新3役の報道もなし。

 大阪府委員会第75回府党会議
 「同じ山上をめざす」共闘前進へ野党代表が決意、だそう。府党史上初めて、だそう。当たり前だ。こんな暴挙があってたまるか。それに、何で大阪の党が他党と同じ山上を目指すのか。しかしさすがに民進党は来なかった。自由党と社民党のみ。これらの党は衆院大阪小選挙区で候補者を立てるのか? 立てれまい。だからこそ参加した。民進党は大阪で戦う。だからこそ参加しない。できる訳がないのだ。

 高知県委員会第61回県党会議
 民進代表、初あいさつ、だそう。民進党は県連幹事長の出席、県連代表ではない。おや? 社民党はメッセージのみ。新社会党もメッセージ。自由党はそれさえもない。そうか、自由党は党員が一人もいないのか。なら緑の党を招待すればよかった? そうか、緑はかつての反党組織だからだめか。でも岡山なんか、自由党は姫井由美子さんだけなのに、緑の党は強力だよ。

 東京都党会議
 都議選必勝・衆院選躍進必ず、だそうだが、ここには第27回党大会第1回都党会議、とあり、通算の都党会議の表示がない。それはよいのだが、ありゃ、小池都知事はあいさつに来なかった? 来ないのは当たり前だが、まさか招待状を出さなかったのではないでしょうね? それはよくない。「是々非々で臨む」(小池書記局長)んだから、初めから敵視してはいけません。少なくとも礼を尽くさなければなりません。ありゃ、ありゃ。他の野党はどこも来なかったのか? それはないでしょう。東京は日本の首都です。ここで野党共闘しないと、日本の野党はバラバラだという風に見られます。なんとしても野党共闘の団結した団結力をもって小池都政を打倒、いや間違えた、安倍政権を打倒しなければなりません。もういいから。民進党都連が来るわけないじゃん。小池都知事と姦通中なんだから。自由党も社民党もゼロだろう、だったら中核派の代表を都党会議に招待したらよい。マンガだな。ところで若林義春は続投なの? なら最低、新役員の名前くらい掲載したら如何か。しかし意気の上がらない都党会議だったな。都議選敗北必至の情勢だ。その自覚はあったように見える。だから他の野党が来ることを拒んだのではなく、初めから招待しなかったのだ。正解だが、野党共闘は日本の首都から完全に崩壊を完了した、その自覚を全党が共有すべき時である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここ 2,3日忙しくて、コピペで済ましている現状だが、少し時間がとれれば、中核派関係の本について書きたいと思っている。本自体は昨年秋に刊行されたらしいが、私は昨日まで知らなかった。

 「革共同五〇年」私史 -中核派の内戦戦略=武装闘争路線をめぐって」 2016/9/13   尾形史人 (著)

 著者は例に違わず中核派を離脱した人だそうだ。私より5歳若かったが、ガンで死亡した。法政大学出身で主に非公然だったらしいが、『前進』の編集にも携わったことがあるという。まあ死ぬ間際に残しておきたかったのだろう。中核派離脱者の本は殆ど読んでいるが、これまでロクな本がなかった。白井などというのはサイテイだったし、「革共同政治局の敗北1975〜2014 あるいは中核派の崩壊 」(水谷・岸) も下らなかった。まあ内側にいた人は色々あるんだろうが、私的には今の執行部がマシに見える。それは最近の関西派再建協議会をみてもそうだ。尾形史人の総括は主に中核派の戦争に充てられているらしいが、私に言わせれば所詮は勢力争いだ。百人を超える死者、自殺者、精神障がい者を産んだのは党派としては同情に価しない。私は中核派清水ーー天田執行部にいまだに共感を寄せている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  いま、階下のつれあいから声。「あんた、きょうの赤旗の全国版に私の文が載っている」。「ふ~ん、どれどれ」。以下、全文。赤旗(14)面 「聞いて、聞いて」の冒頭の1人目。

公民館でみそ作り 近くの人たちが7人集まって、公民館の料理室を借りて、みそを作りました。やわらかく煮た大豆を持ち寄り、ミキサーでつぶし、ひかえめの塩をまぜました。容器に平らに入れ、上から昆布と酒かすで覆うのです。指導してくださった新婦人の方に感謝です。(岡山市 I・M)

 ふ~ん、よかったね。
  1. 2017/02/14(火) 06:06:55|
  2. 未分類