古本屋通信

ブル新・朝日のメチャおかしな記事

古本屋通信      No 2196 10月12日

  またしてもブル新・朝日のメチャおかしな記事

 下記は今朝の朝日新聞ウェブ記事だが、私はメチャおかしいと思う。政務活動費制度はほんらい地方議員が議会活動を積極的に行うために設けられた制度である。議員がこれを円滑に活用できるように、議員に協力し、手助けするのは議会事務局の当然の仕事である。「政務活動費に対する情報公開の請求者情報を7市議会で事務局が議員に伝え」たことに何の問題があるのか、さっぱり解せない。ブル新・朝日はこれをメチャ悪意としか言いようがない文脈に曲解している。つまりこうだ。議員は常日頃から政務活動費を不正使用するのが日常化している。それに慣れっこになって議会活動をしている。ところがオンブズマンだけでない情報公開請求者が現れれば、そのときだけはピリピリ緊張して不正使用を控える。だから議会事務局が請求者情報を議員に伝える行為は、この議員の不正に手を貸し、議員犯罪を勧める共犯者の行為に他ならない、と。

  既に私は何回も書いてきたが、政務活動費の公正使用と不正使用のあいだに厳密な線引きなどできない、これは綺麗事を言うのでなければ現場の常識である。だから出来るだけ何処からも咎められないよう厳密に処理・報告しましょう、これが現場の共通認識であり、このために現場は日々努力している。ここでいう現場とは地方議員諸氏と議会事務局である。まあ議会事務局が議員を指導している面もあろう。これが何処に問題があるのか。まったく正しい。

 ブル新・朝日の悪意だと、「オイ、まもなくガサ入れがあるゾ、せめてこの時だけヤバイ物を隠して、帳簿を整えておけ」 となる。まるで暴力団の事務所に踏み込む警察のマル秘情報を暴力団員に事前にもらす悪事を議会事務局がやっているかの如き因縁である。

  どうしてこうなるか。はっきりしている。政務活動費に関する議員性悪説(性悪論)である。これだと議員は使わなくてよい金を一円でも多く使おうとしているのだから、常時目を光らせて監視し続けなければならない。オンブズマン制度もこうした意図で設けられているのだろう。それは措いて、ブル新・朝日がオンブズマンであろうはずがない。

 私は選挙で選ばれた議員を全面的に信頼する立場である。確かにヤバイ議員はいるだろう。然しこの問題に関する限り、信頼するしか方法はない。下記の記事中で、「この情報が伝えられた後に政活費の支出を修正する市議が相次いだ」 とある。これに対してある市議は「「情報公開請求などは関係ない。富山での問題があって調べたら不備があったので修正しただけ」 と言っている。こういった遣り取りがあること自体が議員の議会活動を萎縮させている。ブル新・朝日の許せない犯罪である。

  何度でも言う。政務活動費は一定の金額の内で議員と会派が自由使用できる活動費である。いっさいの領収書の添付義務は廃止すべきである。これなくしては日本国憲法で保証された思想信条の自由も、集会結社の自由もない。ほんらい非公開を原則とする政治結社の活動にとって、活動費の公開など政治党派の「死」を意味する以外ではない。警察国家の到来である。




情報伝達後に政活費修正 議員と事務局「なれ合い」体質

2016年10月12日06時58分   朝日新聞
写真・図版 政務活動費の情報公開請求者について議員に情報を漏らした職員の処分を発表し、謝罪する富山市議会事務局の幹部ら=11日、富山市

 政務活動費(政活費)に対する情報公開の請求者情報を7市議会で事務局が議員に伝えていた実態が朝日新聞の調査で明らかになった。議会に対するチェック活動を萎縮させかねない行為だが、そこには議員側と議会事務局の「なれ合い」体質が浮かび上がる。

 政活費の情報公開請求、7市議会が議員に伝達

 「政務活動費に関して情報公開請求がきています」

 9月1日、金沢市議会の各会派の代表者や議長、市長らが集まった非公開の代表者会議。市政報告などの会議が一通り終わった後、議会事務局側が報道機関名をあげて、そう告げた。

 15日にも昨年度分の政活費について公開請求があったことを記した文書を全市議に配布。請求者名は伏せたが写しの交付を予定していることも伝えた。富山市議会で政活費不正が次々と明らかになっていた時期で担当者は「適切に使うよう注意喚起するためだった」と述べた。

 この情報が伝えられた後に政活費の支出を修正する市議が相次いだ。自民市議の一人は代表者会議後の5日、写真週刊誌の書籍購入費420円の支出を削除。20日に市政報告会への茶菓子代約8万円を削除した。

 この市議は「情報公開請求などは関係ない。富山での問題があって調べたら不備があったので修正しただけ」と説明した。議会事務局によると、代表者会議で「書籍」に関する情報公開請求があったことを伝えていたという。
  1. 2016/10/12(水) 07:51:29|
  2. 未分類