古本屋通信

私には宇都宮健児が許せない

古本屋通信     No 2081  8月03日

     私には宇都宮健児が許せない想いが強い

 山田二郎さま、否定であろうがクソみそだろうが、ご紹介ありがとうございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

8. 仮)山田二郎
2016年08月03日 07:29
相変わらず安定したパヨクっぷり!
駄目だこりゃwww
古本屋通信     No 2081  8月03日
私には宇都宮健児が許せない想いが強い


  読者は下の朝日新聞の記事をどう読まれるであろうか。


  朝日新聞デジタル   2016年8月3日01時15分
 配達先の妻と不倫 相手の夫に蹴られけが 夫に傷害容疑

 福岡県警粕屋署は2日、妻の不倫相手を蹴ってけがをさせるなどしたとして福岡県粕屋町原3丁目、会社員吉田貴容疑者(38)を傷害や器物損壊などの疑いで逮捕し、発表した。
 署によると、吉田容疑者は7月26日午後8時ごろ、30歳代前半の妻の不倫相手で生協職員の男性(30)=粕屋町=をゴルフ練習場の駐車場に呼び出し、「100万円払うか、ここでお前の携帯電話を壊すか選べ」とすごみ、金づちで男性の携帯電話をたたき壊した上、男性の右足を数回蹴ってけがをさせるなどした疑いがある。吉田容疑者は容疑を認めているという。
 男性は生協の配達員で、吉田容疑者の自宅も担当。配達を通じて吉田容疑者の妻と知り合い、不倫関係になったという。(鈴木峻)



  まあ支局の記者がサツ廻りをしてて、これといってネタがないけれど、何も仕事をしないと叱られるので、仕方なく書いたら全国ウェブに採用されたという事だろう。いたましい殺人事件や水害事故とちがって、のどかで平和である。浮気もケッコウだが、バレルとこういうトラブルになる。まあ不起訴で示談だろう。嵐が過ぎれば元の鞘、お幸せにどうぞ。

  この3面記事に較べても、鳥越俊太郎の13年前の不倫 (性交未遂 ? これだって実際の事実は藪の中。週刊誌が自分の都合によって純白の処女として描いたが、私はかなりの確立で和姦があったと見る) はとるに足りない、瑣末な、事件と云えない事件だった。選挙中だったから一大スキャンダルとして報じられた。それはそれでよい。けれど事件の性格は選挙中であろうとなかろうと全く変らない。

  鳥越スキャンダルについては、法的にも道義的にも本人に非は皆無であった(道義上の問題は鳥越と女子大生とその恋人の3者の間でのみ発生する。それとて当時の2人は夫婦ではなく自称恋人だったのだから、いわゆる三角関係である。不倫などであろうわけがない)。週刊誌が面白おかしく書いただけである。これを読んで鳥越はケシカランと思うのも有権者の勝手である。だがこれで鳥越が落選したとなると、東京は低脳の集まりだ。

  鳥越は何も悪いことをしていない。半強制的に女子大生を全裸にしたそうだが、なんで強制的ではなく、半強制的なのか。これは強制猥褻が成立しないという事だろう。女子大生が半分は自発的に裸になったとういう事だろう。鳥越は全く悪くない。

 だいいち女子大生の所属も住所も名前も報じられていない。旦那についても同じである。こういう架空の空絵事でやられてはたまらない。週刊誌は構わない。いったい法の番人を自負するオエライ弁護士先生の宇都宮健児はどういう根拠があって鳥越を指弾したのか。全くスジがとおらないではないか。

 宇都宮健児には弁護士の資格はない。しかし弁護士は終生ライセンスだから犯罪が確定しない限り弁護士資格は失われない。人権派など捨ててマルボウ専門でやって欲しい。暴力団員にも人権はある。

  1. 2016/08/03(水) 04:02:40|
  2. 未分類