古本屋通信

ハイカップ様の疑問に答える

古本屋通信     No 2075  7月30日

    ハイカップ様の疑問に答える

    古本屋通信のランキング
    ブログ   247位 (昨日:331位) / 132874人中
      店長ブログ  9位 (昨日:14位) / 3490人中
      更新日時 : 2016/07/30 06:41


 鳥越問題に関して私が書いた文について、キンピーサイトのコメント欄でハイカップ様が(ボソリ)呟かれ、秦野真弓様がコソバユイことを書かれている。鳥越と、そのスキャンダルを報じるメディアについての私の立ち位置は冷やかし以外ではない。双方がゴミだから、やれ。やれ。死ぬまで潰し合え、である。数本の記事をもう一度通してお読みいただければ誤解の余地はないと思う。
  ここではハイカップ様が書かれている 「セクハラパワハラアカハラ・・・に関する知識が60年代で止まっているのか」 について、私の考えを書きたい。但し、鳥越問題からは離れることになる。



12. ハスカップ
2016年07月29日 17:17
古本屋通信さんの鳥越氏に関するブログ記事は、褒め殺しなのか、セクハラパワハラアカハラコンプライアンスに関する知識が60年代で止まっているのか、一体どっちなのだろう?(ボソリ)


13. ゴミスケの秦野真弓
2016年07月29日 19:08
♪古本屋通信様は,たいへん立派な方であり,何らかの意味を抱き,あのような記事を,お書きになられていると思いますよ。ハスカップ様!



  古本屋通信

  まず私が直接・間接に知っている事例を書く。いずれもそんなに旧い事例ではない。小中高等学校の職員室。表面化する場合と、表面化しないでくすぶる場合がある。が、どこの学校でも女子教員が校長、教頭、教務主任からセクハラやパワハラを受けたと言うケースはある。持ち込まれるのは組合ではなく、共産党支部があれば、そこに持ち込まれる。公然と問題にしたくないのは自信がないからだろう。また、共産党だと問題を自分の思うように解決してくれるのではないかという期待もあるだろう。結論だけ書く。殆どすべてセクハラ冤罪、パワハラ冤罪。甘えているだけ。横着。ワガママ。こんなのを相手にしていたら管理職は務まらない。共産党支部も務まらない。高教組だが、公然と持ち込まれることは皆無であるそうな。そもそもセクハラやパワハラはあり得ない。さすがに高校になったら甘えられないのだ。

  では、女子教員が校長、教頭、教務主任からセクハラやパワハラを受けたと弁護士に相談したらどうなるか。法律の専門家はさすがである。いっさいの生活相談は受け付けない。法廷に持ち込んで勝てると踏んだ場合のみ弁護を受ける。商売になるケースは皆無だそうな。全て門前払い。

  女子高生にたいする教職員のセクハラはあるのか。これは実名を挙げよう。M学園高校のK先生が情報源。最近30年間、事件が起きたことは皆無。これは嘘ではない。火の粉があって煙りが立てば、必ずメディアが桃色事件として書き立てる。一件もないから書けない。あり得ないのだ。ただし恋愛から結婚に至るケースはある。だからその過程で、挫折と破綻もあるだろう。しかしそんなものは一般民事事件である。セクハラ事件とは無縁である。

 大学におけるセクハラ、パワハラ、アカハラはあるのか。これはあると言えばあるだろう。ないと言えばないだろう。境界線も難しいから大学は抑止力も含めて相談窓口を設けている。私は既に書いたから繰り返さないが、これに反対である。師匠と弟子、教授と学生の信頼関係を著しく損ねている。快挙にいとまがないが、近所のノートルダム清心女子大学はもはや大学ではない。教員は脅えかえって学生を個人研究室に入れない。電車にも乗らない。いっさいの私的交流を拒む。もはや大学ではない。

 十年に一度、日本で数件起こった事件を針小棒大にとりあげる愚かさ、これが昨今の日本である。痴漢冤罪の時代である。

 鳥越に戻る。典型的なユスリ・たかりと考えてよい。3年前でも無効である。12年前は恐喝である。これがダメなら男は生きていけない。女は天井向いて数を数えていれば働かなくても一生飯が食える。私はこういう社会は女にとっても不幸であると思っている。

 結論的にハイカップ様に答えるとすれば、私の古い知識は少しも古びておらず、今風のエセフェミニズムの台頭こそが男女双方の不幸の源泉だと考えます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まあ、あらゆる職場に不満や要求はあると思います。管理職が悪いことも多いでしょうし、労働者側が無理な場合もあるでしょう。大昔から対立はありました。立場が違うのですから当然です。私は男女雇用均等法にも多くの問題があるし、それと同時に成立したセクハラ防止法にも問題あり、と思っています。しかし両法に反対の立場はとっていません。ただ、職場でみんなで解決すべき問題にセクハラ・パワハラ・アカハラを持ち出すのは慎重であるべきだと思っています。また労働現場以外でのセクハラ・パワハラ・アカハラは全て無効という立場です。特にキャンパスではありえないでしょう。これまでの法制で片が付きます。いままで師弟間の恋愛や結婚は無数にあったでしょう。もちろん不倫も裏切りも。いいじゃあないですか。これがだめだという人は少し文学を読みませう。
  1. 2016/07/30(土) 04:37:55|
  2. 未分類