古本屋通信

毎日と読売 甘すぎ 朝日が正解

古本屋通信     No 2028   7月07日

    古本屋通信のランキング
    ブログ   179位 (昨日:278位) / 121962人中
    店長ブログ   4位 (昨日:8位) / 3285人中
    更新日時 : 2016/07/07   06:42



   毎日と読売は共産党に甘すぎた。朝日が正解だろう。
 きのう私は毎日新聞をベースに読売新聞で補強して、終盤情勢の記事を書いた。きょうの毎日に詳報は掲載されなかった。これは毎日が能力不足で共同通信の記事を買ったからだ。きょう一日遅れで 朝日新聞に予測記事 が載った。但し詳報は明日送りだそう。


   日本共産党の予想獲得議席数


    選挙区
   1~~4
    比例区   4~~6

 選挙区、比例区とも詳報は明日送りだが、これが正解だと古本屋通信は確信する。

  つまり比例区は昨日のままでよいが、選挙区が4も獲れるわけがない。東京だけが当確で、あとは全て不利というのが私の見方だった。まあ結ちゃんにも、大河原クンにも当選して欲しいが、ズバリ今回は無理だろう。あれもコレも党中央が悪い。

  民共共闘で民進党に競り勝つ? 究極のイカレポンチであろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世に倦む日日
昨夜(7/5)から、マスコミ各社が参院選の終盤情勢を報道している。見出しを拾うと、日経は「改憲勢力、3分の2に迫る」、共同は「改憲勢力3分の2強まる」、毎日は「改憲勢力3分の2の勢い」とある。序盤の情勢から大きく変わっておらず、自民、公明、お維の3党で焦点の78議席に達するのはほぼ確実な状況となった。調査サンプル数の多い共同の予測では、自民60、民進27、公明14、共産9、お維6、社民1と数字が並び、改憲勢力の3党で80議席がカウントされている。この共同の最終推定は私の当初予想と近い。野党が健闘して3分の2を阻止すると予想を出しているマスコミは1社もない。注目の1人区の情勢を追いかけると、接戦と言われていた幾つかの選挙区で地元紙によって自民リードの記事が出た。宮城選挙区について、河北新報が横一線と報じつつ、自民(熊谷)の名前を先に書き、民進(桜井)の名前を後に書いている。青森選挙区について、東奥日報が自民(山崎)が一歩リードと書き、民進(田名部)が追走と書いている。新潟選挙区について、新潟日報が大接戦と書きつつ、自民(中原)の名前を先に出し、野党(森)の名前を後に出して情勢を暗示している。「野党共闘」が取るとされていた3選挙区で、自民が巻き返して刺した形になっている。 【続き - 以下は有料です】 # by yoniumuhibi | 2016-07-06 23:30


 改憲4党、3分の2に迫る 朝日新聞・参院選情勢調査
 2016年7月7日05時03分
 10日投開票の参院選の終盤情勢について、朝日新聞社は5、6の両日、全国の有権者を対象に電話による情勢調査を実施した。取材で得た情報を合わせて分析すると、憲法改正に前向きな自民、公明、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党を合わせた「改憲4党」は、非改選議席を含め、憲法改正の国会発議に必要な3分の2に迫る勢い。自民、公明は序盤の勢いを維持。自民は1989年に失った単独過半数をうかがう情勢となっている。

 投票行動を明らかにしていない人が選挙区で5割、比例区で4割おり、情勢が変わる可能性がある。

 改憲4党の獲得議席は70議席台後半になりそうで、公示直後の序盤調査(6月22、23日)の勢いを維持している。参院での改憲発議は定数(242)の3分の2にあたる162議席が必要。4党の非改選は84議席で、3分の2には今回、78議席が必要になる。

 自民、公明は安倍晋三首相が目標ラインに掲げた改選議席(121)の過半数(61)を上回る勢い。

 自民の単独過半数(122)には、非改選(65)を含め、今回、57議席が必要。1人区では、序盤と同じ20選挙区でリードしており、複数区でも各1議席を確保しそうだ。比例区では18議席を獲得した前回参院選並みの20議席近くになる勢いで、選挙区と合わせた議席は50議席台半ばになる見込み。公明は、比例区では前回の7議席をうかがい、選挙区でも前回の4議席を上回る勢い。

 民進は前身の民主の前回17議席は上回りそうだが、改選議席(43)を確保するのは厳しい情勢。選挙区で19議席程度、比例区で11議席程度の計30議席程度の見込み。共産は改選議席(3)を上回る7議席程度となる勢いで、選挙区では1議席を確保しそうだ。おおさか維新の会は大阪で2議席をうかがう情勢で、選挙区、比例区で計8議席程度となる見込みだ。社民は改選議席(2)の維持が厳しい情勢となっている。

 1人区の野党統一候補は、序盤と同じ12選挙区でリードまたは接戦となっている。東北を中心に野党共闘に一定の効果は見られるものの、序盤と比べ広がりが見られない。

 個別の選挙区をみると、福島、沖縄では、現職閣僚らが野党統一候補を追う展開。民進・岡田克也代表の地元・三重では民進候補がリードしている。

 同時に実施した世論調査では、投票先を決めるとき一番重視する政策は「社会保障」が最も多く、29%だった。

     ◇

 〈調査方法〉 5、6の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、全国47都道府県を対象に調査した。作成した番号のうち、世帯用と判明した番号は全国で計7万8629件、有効回答は4万3319人。回答率は55%。
  1. 2016/07/07(木) 07:16:23|
  2. 未分類