古本屋通信

オバマの広島訪問

古本屋通信     No 1951   5月29日

    オバマの広島訪問

  私はオバマの広島訪問などアホらしくて書く気もなかったが、下に転載した 世に倦む日日氏の文を読んで少しだけ書く気になった。


  オバマの広島訪問
  世に倦む日日
 
オバマの広島での演説について、マスコミがこぞって礼賛報道をしているのを見て、とても違和感を覚える。植民地的な反応だと感じて憂鬱になる。「核のない世界」など真っ赤なウソではないか。欺瞞そのものだ。昨夜(5/27)の報ステが映像付きで紹介していたように、米国は今後30年かけて1兆ドル(110兆円)を投じ、核兵器を開発し続ける計画を策定している。核ミサイルをよりスマート化し、戦術核として実戦で自在に使えるように技術開発している。その軍事政策を決定し推進している最高責任者がオバマなのに、どうしてその男が「核なき世界」の理想の持ち主だとか提唱者だという話になるのか。倒錯もいいところだ。

 米国の大統領が広島に来るなら、被爆者とテーブルで向かい合って話を聞き、その場で頭を下げて謝罪するのが当然ではないか。たとえば日本国の首相が南京を訪れる機会を持ったとき、そこで謝罪することなく、戦争と平和の一般論について偉そうな演説を垂れるなどということがあるだろうか。そんなことが許されるだろうか。中国人が許すだろうか。あり得ない話だ。原爆投下は南京大虐殺と同じ戦争犯罪である。無辜の民を大量虐殺した非人道的な戦争犯罪だ。どのような理屈をもってしても正当化できない。



  古本屋通信


  私は関係の記事はブル新、赤旗とも一行も読んでない。コンビニで朝刊に白ヌキのベタ活字が躍るのを見て、「このキチガイが ・・・」 と思った。また 「これで自民党が選挙有利になるな。 ・・・ とも思った。赤旗の記事は読まなくても分っている。この関係は毎日避けている。

 上記の世に倦む日日氏だが、前半は当然すぎる。わざわざ賛意を表明する必要はない。

  後半の「米国の大統領が広島に来るなら、被爆者とテーブルで向かい合って話を聞き、その場で頭を下げて謝罪するのが当然ではないか」 には賛成できない。以下は全て間違っている。オバマに原爆投下の謝罪を求めるような先の戦争についての認識はあり得ない。この認識だと先の日本の侵略戦争=「大東亜戦争」は正当化されてしまう。

  既に書いたから繰り返さないが、原爆投下がいかに非道のジェノサイドであっても、第2次世界大戦と太平洋戦争の戦争犯罪人は日本天皇制ファシズムである。この事実は動かない。日本天皇制ファシズムはアジア民衆だけでなく圧倒的な日本人民を殺した。反ファシズム統一戦線の提唱に基づいて戦争に参加したアメリカ軍は原爆投下を含めて日本の侵略戦争に終止符を打った。極端にはアメリカの戦争は民主主義のための戦争であった。この理屈が分からないから石崎徹は低能である。瀬戸内寂聴はスパイである。

  繰り返すが広島と長崎に多大の被害を与えたのはアメリカ軍ではない。日本天皇制ファシズムである。間違えてはいけない。そういう歴史認識がないから、オバマに謝罪を求めたりするのだ。それと、72前の広島原爆投下に何ゆえオバマの責任があるのか。情緒的な感性を下敷きにしたお涙ちょうだい式には反吐が出る。「原爆投下は南京大虐殺と同じ戦争犯罪である。無辜の民を大量虐殺した非人道的な戦争犯罪だ。どのような理屈をもってしても正当化できない」。これは没階級的戦争論で問題にならない幼稚な議論だが、俗受けはするだろう。たぶん本心ではなく、商売なんだろうけれど、こういうことを言い出したら石崎と変わらない。

  私はオバマの広島訪問に対する唯一の正しい政治方針は「オバマは広島に来るな」 だと思う。理由は省略する。説明しなければ分からないオツムの人はこのブログから去ってください。何を書いても理解は無理でしょうから。中核派を褒めるようなことではないのです。世界最大の殺人者との面接に何かを期待する、だから自民党の政治が続くのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 参考

2016年05月29日00:00
北 「オバマの広島訪問は日米による幼稚な悪巧み」
 「幼稚な政治的計算」 オバマ氏広島訪問に北朝鮮
北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、オバマ米大統領の広島訪問について、日本と米国の双方の利害に基づく「幼稚な政治的計算」と非難する論評を配信した。
論評は、オバマ氏の狙いは「広島で『核兵器なき世界』構想を再び力説し、核犯罪者としての正体を覆い隠そうとするもの」と主張。日本を引き寄せ、アジア重視政策を有利に進めようとの意図もあるとした。
日本の思惑は「戦犯者から被害者に化け、過去に犯した反人道的犯罪を隠す」ものだと批判した上で、オバマ氏訪問は「(日米が)それぞれ下心を追求する同床異夢の外交演技だ」と批判した。
米国に対しては「共和国(北朝鮮)の『核の脅威』が国際社会の最大の問題であるかのように誤導している」とも主張。一方、広島の被爆者には核廃絶への願いがあるとして「米国はこれに応えなければならない」としている。 sankei
  1. 2016/05/29(日) 10:11:20|
  2. 未分類