古本屋通信

小池では書記局長は無理だった

古本屋通信    No 1862   4月21日

    やはり小池では書記局長は無理だった

 こういう姑息な俗流対応しか出来ない小池はとうてい書記局長の器ではない。党品川地区委員会の熊本地震カンパ問題の赤旗記事はこうだ。

 募金は全額被災地へ 党品川地区委員長がおわび  2016年4月20日(水)  
 東京都品川区内で開催した日本共産党演説会で参加者から寄せられた募金について、党品川地区委員会は19日、全額を地震が続く熊本県の被災地へ送ったことを明らかにするとともに、香西克介地区委員長(衆院東京3区予定候補)の発言についておわびしました。
 募金は16日の演説会で、参加者によびかけたもので、37万円が集まりました。
 この募金について、演説会の弁士だった香西氏が自身のツイッターで、熊本の被災者救援、北海道5区補選勝利、党躍進の三つの目的で募金をよびかけ、それぞれの目的にそって使わせていただきますとのべたことに対し、多数の疑問や批判の声が寄せられました。
 香西氏は「被災地支援の募金と、選挙勝利の募金を一体にして集めたことは、不適切でした。募金にご協力いただいたみなさんにおわび申し上げます。ご批判を真摯(しんし)に受け止め、今回の募金は全額を熊本に届けました」と話しました。
 小池晃書記局長は18日の記者会見で、「こういう募金の集め方はよくない」と指摘。「被災地への募金は、それに限った形で集めるのが当然。(共産党は)一貫して直接自治体などにお届けしている」とのべていました。

 この記事は当日の紙の赤旗の何処にも掲載されていない。たしかにウェブ版のブログ内検索ではヒットするのだ。東京版があって、その地域にしか載っていないのかもしれない。つまり出来るだけ知られたくなかった。しかし言い逃れだけはしたかったのだろう(古本屋通信)。


  古本屋通信
 もっともらしい対症療法を小手先で講じて批判をかわそうとする意図がミエミエだが、これは当初の品川地区委員会の香西氏よりずっと悪い。香西は内心ではちっとも悪いと思っていないだろう。党中央が無理矢理わびさせた。ミエミエである。

  もういちど原点に戻って検証する。私は共産党は自然災害は全てシカトすべしという考えだから、品川地区委員会が党後援会の決起集会で熊本地震を取り上げたことにはそもそも賛成ではない。しかし大震災であった。いままでの党方針からして香西氏の訴えは理解できる。そして彼の訴えは(一定の保留を残して)悪くないどころかベストに近い。反省することも詫びることもない。以下でそれを見ていく。


 香西氏が17日に発信して忽ち炎上したツイッターはこうだった。

香西かつ介(日本共産党衆議院東京3区予定候補)
昨日の演説会は会場あふれかえる550人の方に足をお運びいただきました。募金は37万円も。熊本の被災地救援、北海道5区補選支援、党の躍進のためにありがたく使わせていただきます。それにしても、熊本、九州のみなさんが心配です。


 これでは批判が殺到するだろう。炎上させたのはネトウヨだろうが、ネトウヨでなくても、連日の大震災報道を目にしている多数が募金詐欺だと見做しても文句は言えまい。悪いといえば悪いが言葉足らずなのだ。だから私はつねづねツイッターは要注意だと言っている。内輪の後援会集会の報告など万人が耳にするツイッターで呟かないほうがよい。

  しかしコレよくよく見ると、ちっも間違っていないのである。それは以下の当日の会場に掲示された看板を見るとハッキリする。

  日本共産党  熊本地震 救援活動支援募金 
  後援会交流決起集会ご参加のみなさんへ
  この募金は、救援物資の調達や届け、ボランティアなどにかかわる経費、および救援、復興にかかわる政治活動の経費など、現地の党組織の裁量で使える募金として日本共産党熊本県委員会に送る予定です。皆さんのご理解とご協力をお願いします。


  ここには全く誤解の余地はない。私は現段階で被災者に金をカンパするのは反対である。絶対にカンパしない。しかしこの訴えなら躊躇なく千円札を入れる。金に余裕があれば五千円札を入れるだろう。これはハッキリと被災者一般へのカンパではない。たぶん自身も被害を受けたであろう現地の党組織への募金である。赤字部分だ。ハッキリそう明記している。なんの問題もない。問題が拗れたのは偏にツイッターの舌足らずであった。

  熊本の党組織が困っていたら全国各地の党組織と党後援会が助けるのは当然である。日本共産党は全国単一の政治組織である。各地の党が交流することは禁じられているが、困ったときに支援し合うのは当然である。東北大震災での党のボランティア活動の難点は、党組織への支援をあたかも被災全人民への支援であるかに偽ったことだった。その点で品川地区委員会は熊本県委員会まで明記している。ここに誤解の余地はない。

  しかし香西氏は悔しいだろうなあ。私は赤旗と小池が許せない。いったい震災カンパは被災者一般に届ける以外に特定の個人や集団に届けるのは許されないのか。私には熊本に親戚がいるが、そこへ見舞金を送ってはならないのか。その金を奪って公費に振り替えさせたのが今回の共産党の措置であった。許せない。

  37万円の全額を(他の2つの目的に使わず)熊本に送ったという。たぶん党熊本県委員会にではなく公的組織に送ったのだろう。詐欺である。許せない。特に小池が許せない。正しいカンパを俗に迎合して間違ったカンパに導いた小池書記局長を私は絶対に許さない。いますぐ書記局長を辞任せえ!

 私も当初、この37万円を誤解していた。ツイッターだけ見たら誤解するワ。しかし熊本県委員会支援だからこれだけ集まった。私はカンパしていないが、カンパした人は勝手にカンパ先を変えられて怒るべきである。しかし小池と言う人間のデタラメが早々に判ったのは収獲であった。

 
  1. 2016/04/21(木) 10:11:55|
  2. 未分類