古本屋通信

福山市議選、そして池内沙織

古本屋通信    No 1840   4月02日

  
 福山市議選、そして池内沙織さんとヘイトスピーチ



     無関係な話を2件ならべてみました。
 



   1件目  福山市議選挙のこと

   福山市議選挙が明日4月3日に告示され、4月10日が投票日である。日本共産党は現職4名の再選を目指して奮闘中だ。村井明美さん、河村ひろ子さん他2名である。私は全員の再選を切望する。私は現職の4名を地方議員に充てるのはもったいないとも思うが、そこは党の事情も議員個人の身の振り方もあろうから、立候補する以上は当選しなければならない。

  そして告示まえに僭越だが、今回は楽勝ムードに見える。しかし前回は4名中3名が最下位を競う滑り込み当選だった。気を緩めることなく全力で頑張って欲しい。

  河村さんの母堂が65歳の若さで亡くなられた。気落ちされたせいもあってブログの更新が停滞している。かまわないと思う。ブログはコミニュケーション・ツールのひとつに過ぎない。無理をすると逆効果である。選挙戦に全力投球して欲しい。



   余談だが、石崎徹氏にひと言

  貴殿は日本共産党の支持者なんだろ? ならば役に立たないブログの応援記事など書かなくてよいから、福山市議選の応援に行ったらどうか。いや、ロートルが行けば邪魔になるだけ、と云うのも一理あるだろう。ならば金を選挙カンパしてはどうか。選挙には金が懸かる。日本共産党は党員と支持者のカンパで選挙を廻すのだ。せめて一万円出せ。それくらいなら年金でも廻せるだろう。ゴタクを並べるまえに、先ず金を出せ。





   2件目  池内沙織さんとヘイトスピーチのこと

  三つある。ひとつはキンピーサイト経由で知ったが懐妊されたという。心からオメデトウトと云いたい。私は東京の女の議員や候補者はたいていが好きだ。吉良、坂井、田村、大田。池内も好きだ。志位に叱られてもビクともせず(反省して)テレビ出演した度胸には惚れ惚れした。出産しても仕事は続けるだろう。まあ将来は常任幹部会委員・女性部長だろう。

  このさい池内に対する異論ではないが、思い出したので言いたい。例のヘイトスピーチの問題だ。ウィキを見てもかなり問題がある。私は法をもってヘイトスピーチを禁じるのは絶対反対である。意味がない。この点で日本共産党には賛成できない。この問題では主に南北朝鮮の在日人民を標的に差別発言やデモが繰り返されている。安倍政権の朝鮮差別が背景にあり、これが差別者を図に乗らせている。だがこの点では日本共産党が日本政府の朝鮮制裁の異議を唱えず、事実上同意しているのも同じ犯罪である。日本共産党はさいきん朝鮮学校問題を全く言わなくなった。朝鮮大学校にたいするヘイトはいまも繰り返されている。まあ池内も有田なんかと一線を画してラディカルにたたかってほしい。

  以下をネット上に見た。

2016年2月13日、産経新聞の取材により、2009年11月に在特会の会員が朝鮮大学校前で「朝鮮人を日本から叩き出せ」と叫んでいる内容の動画などが、法務省の要請を受けた動画サイト管理者に削除されていたことがわかった、また大阪では地域柄なのかヘイトスピーチがかなり派手に行われ、中学生の女の子が在日韓国・朝鮮の人たちに対し、殺してやりたいと絶叫していた

 動画を削除することはない。「朝鮮人を日本から叩き出せ」と朝鮮大学校前で叫ぶのも言論・表現の自由である。この百倍悪いのは何の非もない共和国の人工衛星打ち上げ成功に寄ってたかって難癖をつけて朝鮮制裁を実施した安倍政権と、それを糾弾しないことによって朝鮮差別に手を貸した日本共産党である。この排外主義ナショナリズムこそが在特会の狂気を生む温床である。ヘイトスピーチ規制は天に唾する表現の自由の圧殺である。繰り返す。「朝鮮人を日本から叩き出せ」 と叫んでなぜ悪い。私たちは1960年代、集会やデモでいつも 「アメ公を日本から叩き出せ」 と唱和していた。今でも唱和すべきだと思っている。これが法で禁じられてたまるか。在特会こそすべての政治党派の陰部である。本体を叩き潰さず、自分の首を絞める愚。あきれてあきれてグーの音も出んワ。みんなウヨなのに在特ウヨがいなくなる訳がないジャン。


 最後のひとつ。先日いち早く発表された衆院小選挙区候補者(東京25選挙区中12名)のなかに宮本徹と共に池内の名前があった。東京比例区と重複立候補であろう。ここに笠井の名がなかったのは大病をしたので無理をせず引退するのだろう。比例順位が繰り上げられるだろうから、池内落選はない。順当なら東京比例4位の坂井和歌子(妹)か、5位の大田朝子だろう。別に6位の吉岡でもかまわない。坂井は第3子を子育て中だから、国会議員は無理かも知れない。そしたら大田衆議院議員ということになる。亭主の山添拓は参院東京選挙区での当選は堅いだろう。ならば衆参同時選挙で夫婦の国会議員誕生となる。まあ池内もライバルは多い方がよいだろう。東京の女は充実する。あとは坂井希委員長だけだ。

  2014年衆院選挙 日本共産党  比例東京ブロック
  当選
  1 笠井亮    62 前 4  (元)参院議員 
  当選  2 宮本徹    42 新 1  党准中央委員
  当選  3 池内沙織  32 新 1  党都委員 東京
        4 坂井和歌子 37 新   党准都委員
        5 大田朝子   30 新   党准都委員
        6 吉岡 正史  40 新   党准中央委員
  1. 2016/04/02(土) 06:42:23|
  2. 未分類