古本屋通信

古本屋通信板の削除に就いて

古本屋通信    No 1836   3月30日
  

   古本屋通信板の削除に就いて


 私の拍手欄に下記のような問い合わせがありましたので、このさいお答えしておきます。

 なにゆえか!!削除されて!!おります!!!
古本屋通信 No 1804 3月17日 >「民主党」と書いて投票しよう >民主党支持者は来る参院選比例区で「民主党」と書いて投票しよう >「民進党」なんてダサイし、だいいち覚えにくいでしょう。


 
  私はしょっちゅう自分の書いたエントリーを削除する習慣があります。色々なケースがありますが、基本的に自分の書いた文が誤りだったから反省して削除するのではありません。また、他人を傷つけるから取り消すのでもありません。私は古本屋通信を通信文だと思っています。つまり既成のブル・メディアで云えば新聞と週刊誌の中間くらいの位置づけです。つまり賞味期限はせいぜい数日間だとの自己認識です。つまり旧くなった記事を長期に残すことに意味を認めないのです。しかし削除する板は主に他人を激しく非難した文だと思います。これは自分の書いたことが間違っていないのは確かだけれど、さりとて何時までも残して当該の人物に不快な想いを懐かせ続けることにも意味を見出さないからです。私の過去板は合計で現在1800を越えますが、このうち残っているのは800余りです。つまり約1000エントリーを削除しています。この中には選挙記事など時事的一過性のものが多いのですが、結論的に云えば古本屋通信は文学上の表現でもなければ、学術論文でもない。だから残すに価しないという自己認識です。ならば月が変われば全て消去してしまえばよいのですが、そこは私の未熟さゆえに、未練もあるのです。

 付言 しますが、私が消そうが残そうが、私の文を誰がどのような文脈で引用されようが勝手です。このブログの文に著作権はありません。リンクも転載も引用も全く自由です。たとえ180度歪曲されて使われようと異議を唱えることはありません。無視するだけです。というのは私は自分でブログを書きながら、ネット上の文を一人前の証言能力を有する文と認めていないからです。この点に関しては「通信 No1810 ブログ言語の責任能力」 に書きましたので、それを参照してください。
  1. 2016/03/30(水) 05:40:42|
  2. 未分類