古本屋通信

市民(=烏合の衆)を粉砕!

古本屋通信    No 1829   3月28日

  市民(=烏合の衆)が政治を動かすことは絶対にあり得ない。

  今日の赤旗の大々的なデマ宣伝を粉砕し、「野党統一が実現した」10選挙区のうち、沖縄と熊本を除く8選挙区(青森・田名部、宮城・桜井、長野・杉尾、山梨・宮沢、長崎・西岡、宮崎・谷山、高知・徳島・大西、衆院補選北海道5区・池田)の統一候補の敗北を切望する(全員が民進党のゴミ候補である)。



  赤旗がここまでデマるなら、もう黙ってはいられない。たったさっき午前3時半に早朝配布された赤旗は一面 「野党統一候補勝利へ力あわせ 市民が政治動かす 市民連合 意見交換会」、四面と五面でも大々的な特集を組んでいる。

  一面は読む気にもなれない。四面は「市民連合 意見交換会から」と称して、高田健(総がかり実行委員会)、山口二郎(立憲デモクラシーの会)、河原茂雄(「市民の風・北海道」共同代表)、平野みどり(熊本・あべ広美後援会副会長)、吉田美智子(ママの会宮城)の4人が登場して喋っている。五面にはなぜか宮城のいわぶち彩子候補と長野の唐沢ちあき候補だけが登場し、「政策協定・共闘協定」 もこの両県のものだけが掲載されている。

  そしておかしかったのは二面に「民進党が結党大会 立憲主義を守り、安倍暴走止める」と、他党の大会、それも結党大会が肯定的な見出しで、肯定的な記事内容で書かれていることだ。これは93年の党史上でもかつてなかったことではないか。驚愕する前に爆笑してしまった。ここまでオカシクなれるのか。

 しかし今日の赤旗には真っ当な記事もある。八面は民青特集だ。「行動するってかっこいい 民青に新入生が注目」 の全面記事だ。写真も記事も秀逸だ。オマケに女優の内藤理沙さんが超きれいだ。何でこれを一面に持って来ないのか。さらに九面には「保育園落ちた パパも怒る」 だ。これもよい記事だ。

  くどくどネチネチと批判するには及ばない。冒頭のタイトルが全てである。「市民」が政治を動かすことは絶対にあり得ない。これを一貫して主張してきたのは他ならぬ日本共産党であった。べ平連や社市連などの「市民」主義が反共と結合して日本の運動にどんな害悪を及ぼしてきたか、それを孤立を恐れず粘り強く主張・説得してきたのも日本共産党であった。

  日本の政治を動かす力は労働者階級の団結した組織力以外にあり得ない。それを核として農民、婦人、中小企業者、各種民主団体、知識人、青年学生、高校生などの組織された運動がある。組織された運動でなければ絶対に力にならない。

  上記の団体は組織綱領と規約を有する団体ではない。烏合の衆である。誰でもが組織成員であると詐称可能なペテン組織である。目立ちがり屋のデッチアゲ組織である。見れば分かるだろうに、山口二郎など典型的な商売人の社民である。ここには登場していないが、澤地久枝もそうだ。古本屋通信が評価するインテリゲンチャーは共産党界隈には現れない。

  あのナア、率直に言う。アホばっかやらず、民青を再建するしかなかろうが。苦しくても急がば回れだ。いま完全に中核派にも、革マル派にも水をあけられているという自己認識あるの? 負けてんのよ。

  シールズのアホ学生の一人が国際キリスト教大学で表彰されたんだってね。それを赤旗が褒めていたという。もうオシマイだね。コレ政治活動への大学当局の干渉の現れなんだけど、そういう認識ないんだね。今後は民青の学生も表彰してくれと頼んだら? 真っ当な学生の政治活動が大学によって表彰されることはあり得ない。シールズは新自由主義の落とし子なんだ。だから国際キリスト教大学というアメ帝のヒモ付きが疑われる大学によって絶賛されたんだ。

 市民(=烏合の衆)を粉砕!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 別件だけど、きょうの赤旗に折込み広告が入っていたので紹介しておこう。

 第5回 倉敷民商を支える市民集会
 4月3日(日) 午後1時開場 倉敷労働会館 
 倉敷市稲荷町5-38 電話 086-425-0873
 私は無罪 どなたでも参加できます。
 集会のプログラム 会長あいさつ 弁護団からの報告 経過報告と御礼 その他 閉会

 小原淳さんと須増和悦さんは
、岡山地裁で昨年4月に有罪判決(執行猶予)。続く高裁で不当にも控訴棄却。両氏とも倉敷民商を守りながら、最高裁でたたかっています。ご支援をお願いします。

 ね屋町子さんは、昨年3月24日、427日ぶりに帰宅できました。しかし、きびしい保釈条件のため、生活が制約されたまま。ご支援をお願いします。
 倉敷民商を支える会
 
  1. 2016/03/28(月) 04:06:59|
  2. 未分類