古本屋通信

武田英夫氏がブログを閉鎖

古本屋通信    No 1691   12月21日

 
  武田英夫氏がブログを閉鎖されます




      古本屋通信のランキング
      ブログ 375位 (昨日:484位) / 100989人中
    店長ブログ 14位 (昨日:19位) / 2856人中
    更新日時  2015/12/21 06:43




  一昨日、武田英夫氏の いのしし日記 に以下の文がありましたので、そのまま転載します。他人のサイトですが、私はこれまで頻繁に批評してきましたので一応お知らせしておきます。閉鎖中に私が武田氏関係の記事を書くことはありえないということです。



 「いのしし日記」の読者の皆さんへ・・ブログ閉鎖のお知らせ
   2015年12月19日   いのしし日記
  サーバーの不具合でこの2週間ほど、「いのしし日記」が中断していました。現在は再開していますが、サーバーの関係で「いのしし日記」は年内で閉鎖となります。
  新しいブログは、年が明けてから準備をし、備前平野に春を呼ぶ「西大寺会陽裸祭り」(2月第3土曜日)の裸群の「わっしょい、わっしょい」の声が響き渡る頃には、新たな装いでスタートしたいと考えています。
  その頃、「武田英夫」で検索していただければ、新バージョンのブログをご覧いただけると思います。この間のご愛読に感謝するとともに、新しいブログへのご声援もお願いして、この「いのしし日記」を閉じさせていただきたいと思います。
  よいお年をお迎えください。



  古本屋通信

 このさい一言だけ申し添えます。私が武田氏と石村さんをこっぴどく批判したことを最初に論難したのは石崎徹さんでした。その文はもはや残っていないようですが、彼の論難の論点は無名の党員を攻撃するなということでした。私は丁寧に彼を反批判しました。
  要は地方の党幹部といえども、党を名乗って活動し、党員をオモテに出して活動している以上、党員個人は党を体現するし、党(パルタイ)はひとつの政治権力だということです。政治権力は常に批判に晒されないと必ず官僚化し腐敗するということです。その前ぶれは限りなくあったと思います。これは安倍政権でも日本共産党でも変わりません。

 私に沈黙を要求した石崎氏もまた、表現者として終末期を迎えつつあるように見えます。武田氏がブログを閉鎖したように。
  1. 2015/12/21(月) 05:38:32|
  2. 未分類