古本屋通信

「凍土の共和国」ではなかろう

古本屋通信     No 1681  12月13日

 まあ、ありふれた中国・朝鮮の間のトラブルだが ・・・ 「凍土の共和国」ではなかろう。



  以下は毎日新聞の記事だが、私には新鮮に感じられた。朝鮮のニュースなど、こういう形の第三国(ここでは中国)を媒介にしてしか伝わってこないからである。私は日頃はブル新聞を貶しているが、今回のような報道はうれしい。これは赤旗では書けない記事であろう。
 何でもない両国の外交上の齟齬が楽団やスポーツ分野に影響を及ぼしたという記事である。この報道から何を読み取るかは読者の問題だが、多用されている空港での団の写真を含めて、この国がなんら特殊な「凍土の共和国」ではなく、ごくふつうの青年たちの国である事が読み取れるであろう。それは青年たちの表情ひとつ見ても、決して暗くはなく、曇ってもいない。日本の共和国にたいするキチガイじみた攻撃が全く根拠がない事をこの記事そのものが語っている。まあ政治が優先で、芸術や音楽やスポーツなどがその僕しもべであることは何処の国でも変わらない。幻想を振り撒く日本こそ異常なのである。私はこの記事を爽やかな気持ちで読んだ。余談だが、今回の私の取り上げ方を読んだら、ネトウヨはカチンと来るだろうが、島根のカルトは全く自然に受け入れるだろう。然し批判的精神を欠いているという一点で同列なのだ。アラユル対象に批判的でありたい。



北朝鮮 「モランボン楽団」北京初公演ドタキャン
毎日新聞  2015年12月12日 20時18分 (最終更新 12月13日 01時04分)
北朝鮮へ帰国するため、北京首都国際空港に到着したモランボン楽団のメンバー=12日、共同
北京のホテルに到着したモランボン楽団のメンバーら=2015年12月10日、AP
 【北京・西岡省二】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が結成した女性音楽集団「モランボン楽団」が、12日夜に予定されていた北京での初公演を土壇場でキャンセルし、同日午後、帰国した。原因は不明。中朝双方が公演を機に関係改善ムードを演出してきただけに両国間に再び暗雲が垂れこめそうだ。
【写真特集】北朝鮮の平壌を出発するモランボン楽団 .
<写真>笑顔で出発するモランボン楽団のメンバー .
 関係者によると、メンバーは10日に朝鮮人民軍の「功勲(コンフン)国家合唱団」とともに北京入りし、11日には市内参観やリハーサルをこなした。ところが、12日午後になって北朝鮮の池在竜(チ・ジェリョン)駐中国大使とともに北京首都国際空港に向かい、高麗航空便で帰国の途に就いた。
 今回の公演は中国共産党と朝鮮労働党との党間交流の一環で、共産党対外連絡部が招請。12〜14日に国家大劇院で予定され、党指導部のメンバーが観覧するとみられていた。
 中国国営新華社通信は12日、「実務レベルの意思疎通で行き違いがあった」と伝えたが、詳細な原因は明らかにしなかった。また、「引き続き両国の交流と協力が進んでいくことを中国側は願っている」と強調した。
 モランボン楽団の帰国について、北京の外交関係者は「金第1書記の水爆保有発言が中国側を刺激したのが背景にあるのでは」と推測する。北朝鮮国営報道機関が楽団到着の当日、金第1書記の「わが国は自衛の核爆弾、水素爆弾の巨大な爆音を響かせることができる強大な核保有国になった」という発言を報じていた。この発言を受け、中国側が党指導部の出席取りやめなどの措置を取り、北朝鮮側が楽団撤収で応じたという見方だ。
 また、楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長と金第1書記の過去の親密な関係や、楽団のリハーサルの様子がメディアに報じられたことに北朝鮮側が反発したとの観測もある。
 モランボン楽団にとって、今回は結成3年9カ月で初めての外国公演で、中国との関係改善ムードを演出する予定だった。訪中団一行は100人以上で、朝鮮労働党宣伝扇動部の崔輝(チェ・フィ)第1副部長が引率していた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ウィキペディア   凍土の共和国

『凍土の共和国―北朝鮮幻滅紀行』(とうどのきょうわこく―きたちょうせんげんめつきこう)は、日本において1984年2月に亜紀書房から出版された単行本。著者は金元祚(キム・ウォンヂョ)とされているが、仮名である。

統一日報に1983年3月29日 - 8月31日まで、100回程に渡って連載された『「凍土の共和国」- 朝総連同胞の「北」訪問日記』を4分の3程に圧縮したものといわれる。

著者は、1940年に日本に生まれた在日2世であり、朝鮮高校卒業後、在日本朝鮮青年同盟常任活動家になる。1969年ごろ金日成の神格化に疑問を持ち、企業家として再出発し、「愛国的商工人」として表彰され、国旗勲章3級・功労メダルなどを授与された。

概要[編集]
本書は著者の日記という形式をとっており、多くは実話であろう。「帰国同胞」という人質を北朝鮮に取られている為に、本名を名乗る事もできず、著者も日記の公開に相当迷ったという。

著者は、1960年はじめに、兄と姉、それに従兄弟を北朝鮮に帰国させている。当時、熱病のように在日朝鮮人が煽られた帰国事業の犠牲者であるが、彼らは熱望して帰国している。

しかし帰国直後から、手紙などで「日本円や日用品、食料など」を無心する手紙が多く届き、漠然とながら北朝鮮が「地上の楽園」ではないことに著者は疑問を抱き続けていたという。

新潟港から莫大な手荷物を持ち、万景峰号に乗り込み、清津市に上陸する。北朝鮮に行けば、すぐにでも帰国した親類に会えると思っていた訪問団の一行は、親類が港に出迎えに来ない事にがっかりする。しかし、それどころではなく、何日過ぎても平壤見学だ、公式行事だ、革命オペラ見学だと引きずり回され、繰り返し社会主義の学習を強いられ、挙句の果てには連れて行かれた先々で金日成の銅像に参拝を強要される。その間、人民大衆とは完全に隔離されるが、時に垣間見た、庶民の「死人の目」や「痩せこけた姿」「牛車が走る都会」に衝撃を受ける。

沙里院市では、訪問団員の父親よりも老けて見える、帰国同胞の息子の話を聞き、北朝鮮の労働環境の劣悪さ、医療事情の貧弱さに、北朝鮮の虚偽宣伝を痛感する。さらに、かつての朝鮮高校の後輩や同級生から、盗聴器(日本から輸入されたマイク)の仕掛けられた部屋、密告政治、飢餓と公開処刑、政治犯収容所といった北朝鮮の暗部の話を実際に耳にする。

名勝金剛山を見学すると、美しい岩や峰々に、毒々しい赤で金日成を讃える言葉がいたるところに彫り込まれている事を知り、独裁者の異常な自然破壊に激怒する。

北朝鮮に到着して22日目、ようやく兄姉の家族との再会を果たすも、実はとうの昔に実兄は結核により死亡していた。その事実を姉も従兄弟も、一切話す事ができず、ただ「兄は社会主義建設のために忙しい」としか伝える事ができなかった。著者は、真実を真実として話す事もできない、何の言論の自由も無い、異様な独裁国家の姿を知り、戦慄する。親類との対面も僅かに3泊4日の日程で、しかも「案内人」と称するお目付役が深夜まで家に居座る。

家族との再会で、北朝鮮庶民の凄まじいまでの窮乏と、役人の腐敗と圧政を実感し、後ろ髪を引かれる思いで著者は北朝鮮を後にする。

出版後の動向[編集]
かつて、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)は北朝鮮に関するネガティブな報道が行われるたびに、報道機関に対して組織的な抗議運動を繰り広げた[1]。日本社会の「良心的」と評される人々が北朝鮮に共感し、あるいは批判を差し控えようとする風潮も強かった[2]。当事者である在日朝鮮人たちも、日本社会からの孤立や、対立する体制を利するといった意識、周囲との関係や北朝鮮に帰還した係累に災いが及ぶという懸念から、北朝鮮の実情について積極的に語ろうとする者は少なかった。

そのような社会情勢のもと出版されたこの本についても、朝鮮総連はその内容を強く否定するとともに、懸命に著者を探したといわれる[1]。しかし、この本が話題となり、在日朝鮮人の間でも北朝鮮のありように疑問を持たれていることが広く知られるにつれ、北朝鮮への無条件の肯定は力を減じていくこととなった[3]。

1989年には同じ出版社から『どん底の共和国 - 北朝鮮不作の構造』が、1990年には『暗愚の共和国 - 北朝鮮工業の奇怪』が出版された。これら3冊の北朝鮮批判本は、北朝鮮の社会体制や、その経済不振を説明するための手掛かりとして、書籍や論文で参照されている。

また「凍土の共和国」という語そのものが、批判的に北朝鮮を指す表現として、報道の中で用いられる例もある[4]。

書誌情報[編集]
金元祚 『凍土の共和国 - 北朝鮮幻滅紀行』 亜紀書房、1984年。
金元祚 『凍土の共和国 新装版 - 北朝鮮幻滅紀行』 亜紀書房、2008年。ISBN 978-4750508016。

脚注[編集]
1.^ a b 重村智計 「あの時のあの1冊 - 金元祚著 凍土の共和国 北朝鮮幻滅紀行 真実を語った「在日の覚悟」 この本が出版されて「北朝鮮幻想」は崩れていった」『統一日報』、2008年5月21日。
2.^ 重村智計 『「今の韓国・北朝鮮」がわかる本』 三笠書房、2007年、235頁。ISBN 978-4837976738。
3.^ 関川夏央 『退屈な迷宮 - 「北朝鮮」とは何だったのか』 新潮社、1996年、7-8頁。ISBN 978-4101107134。(1992年に発行された同名著書の文庫版)
4.^ 「【潮流】忘れられた北朝鮮の日本人妻 救済へ一刻も猶予できず」『産経新聞』1994年7月25日、「社説 週のはじめに考える 「パンドラの箱」封じよ」『中日新聞』1994年6月20日。
  1. 2015/12/13(日) 08:23:39|
  2. 未分類