古本屋通信

デボーリンのトンデモ投稿

古本屋通信     No 1663  12月 3日

  デボーリンのトンデモ投稿


  直前板の最後尾をココに移して別エントリーを立てました。デボーリンの墓守の旧名は元東大民青です。私を差別主義者呼ばわりして出入りできなくなったので、石崎徹ブログを経由しての投稿です。



542: by デボーリンの墓守 on 2015/12/02 at 17:21:02 
 (石崎ブログのコメント欄より転載)


相変わらず古本屋通信は問題の所在すら理解できていないようで、うんざりさせられます。

>仮に百歩譲って、朴裕河の著書が間違っているとして、言論には言論をもって批判すればよい。言論の具体である著書を自国の共通認識と異なるなどとして検察が起訴するのはファッショそのものである。

朴裕河が起訴されたのは、「間違っている」からではなく、名誉棄損だからなんですけど。それすらも理解できないのか?

『帝国の慰安婦』に少しでも目を通せば、その内容が日本極右の歴史修正主義と同様に虚偽に満ちており、性奴隷被害者の名誉棄損にあたることはすぐに理解できることです。

たとえていうならば、「南京大虐殺はなかった」というのは単なる極右のトンデモ説であり、現在の法律では刑事罰の対象にはなりませんが、南京大虐殺の幸存者の証言を嘘つき呼ばわりすれば名誉棄損で処罰の対象になるでしょう。それと同じことです。

それに、古本屋通信はいつになったら<「韓」国>ではなく<「韓国」>だという事を理解するのでしょうか?





  古本屋通信 

  まず余りにもクドイので、「韓」国 と 「韓国」 について応えておこう。いったいに、何れでも大した問題にもならんでしょうが。「ご高説をご教示戴きたい」 とでも言えば満足なんだろうけれど、こっちはこの言語に修辞学的な興味などない。要はこの国家が偽物ニセモノであることを明確に(ネット上に)表示できればよいのだ。その場合、ニセ表示の個所を、「韓」 とするか、それとも「韓国」 とするかである。いずれが目立つかの違いである。それはいずれを色変換するかの違いと大差ない。韓国の「韓」が偽物であって、「国」まで道づれにすることもなかろうという程の意味しかない。ニセ表示の目立ち方の問題なのだ。それに日韓闘争で日「韓」闘争と書き続けて来た。当時のガリ切りで習慣になっている。その延長で「韓」国を言い続けている迄だ。しかし余りにもウルサイので、今後は「韓国」にしよう。その理屈など教示いただかなくて結構である。然し日「韓」基本条約や訪「韓」は今までのままになる。それが面倒だから「韓」国としたのでもあったが。
  ところで逆に訊きたいが、貴殿はいったい韓国なのか「韓国」なのか? とうぜん「韓国」なんだろうな? それでないと他人に説教する資格に欠けるだろう。ところがそうは見えない点が多々伺えるのだ。まあよい。こういう議論こそ時間の無駄だから。



  あとは言いがかりの、ためにするイチャモンに過ぎない。「名誉棄損」 はふつう個人の名誉が棄損されたから、それを回復するため訴訟を起こすんだろ。旧従軍慰安婦という集合体の名誉が棄損されたのか? それで訴訟が起こせるわけがなかろう。はっきりと今回の数名それぞれのおばあさん元従軍慰安婦の名誉回復のための訴訟であろう。しかし朴裕河は個人名など挙げていないぞ。これで個人の名誉が損なわれるわけがないではないか。すべて国家権力がヤラセたデッチアゲである。これは単に検察だけの所業ではないぞ(この点は朴裕河がインタビューに答えて、検察の現場を無視して上層部から圧力が懸かったらしいと証言している)。国家権力総体の不動の意思であり、後戻りできない決意である。言論の自由を侵害してまでも貫徹しなければならない不退転の国家意志である。数名のおばあさんなど、名誉もクソもない国家の手駒である。

  「南京大虐殺の幸存者の証言を嘘つき呼ばわりすれば名誉棄損で処罰の対象になるでしょう」 は仰る通りです。其の場合、具体的な証言者個人、何の何某の名誉が問題になります。集合体の従軍慰安婦の問題とは全く異質です。


  これで名誉棄損など二度と持ち出さないでね。ところで朴裕河が櫻井よしこナミだとかいえば、櫻井が超低脳ウヨだから説得力があるとでも思っているのだろうか。たしか櫻井さんは大の「韓国」嫌いではなかったかな? 朴裕河が櫻井よしこと近似であろうと、歴史修正主義者であろうと、マルクス主義者であろうと、はたまたトロツキストであろうと全く関係ありません。その著書を「韓国」国家が気に入らないからといって、おばあさんたちを利用して弾圧するのは紛れもなく言論ファッショです。

  あなたもいい加減に「韓国」が許されざるファシズムの国家であることを認めたら如何ですか? せんじつ正しくも石崎さんに説教したじゃあないですか?
  1. 2015/12/03(木) 00:55:17|
  2. 未分類