古本屋通信

たぶん惜しくないです。

古本屋通信      No 1394   4月14日

 
  たぶん惜しくないですヨ。




  投稿
  ロ-カルな内容の記事はよくわかりませんが、川上徹さんに関する記事など興味深かったです。統一地方選前半戦は、かなり躍進しましたが、大阪、兵庫の不振が気になります。話は変わりますが、古本屋さんは、仕事柄、本を読み放題でうらやましいです。昨年秋に、以前の住居を片付けたため、本をダンボ-ル40箱分をほぼ無料で処分してしまいました。今思えば、古本屋通信さんに送ればよかったかなとも思うけど、宅配送料も馬鹿にならなので、仕方ないですね。
2015/04/14(火) 17:36:03 | URL | 窮鼠 #-


 古本屋通信
 何時もという訳ではないのですが、少し時間がありますので本文に引きました。

 川上さんの記事は驚くほど支持がありました。しかし投稿は全くありません。まだ討論にならないのだと思っています。書く人も他に余りいなかったから、支持があったのだと。本当はもっと書かれてよいのですが。

 古本のこと。結論から云えば、余り惜しくなかったですね。いま古本は溢れ返っています。売れないけれど、いくらでも入ってきます。従って、選択買いの時代です。宅買いに伺っても、全部持ち帰らないで、欲しい本だけを抜いて帰ります。そうしないと割が合いません。

 だから、旧蔵者から買わないで、片付け屋や古紙回収業者から買うほうが合理的です。たぶん段ボール40箱を回収業者に出されたのだと思います。量から云って、研究職をされていたのかも知れません。それであっても処分のされ方は正解でしょう。よほど売れる本でない限り、古本屋は(旧蔵者から見た)相応な値で買い取らないと思います。じゃあ、一般的な文芸書だとか、読み本はどうかと言うと、アマゾンのサイトで一円から出品されていますから、まず買いません。

 私は回収業者だけをアテにしています。読者からはまず断ります。あとはマア、適当にやるのですが、儲からない時代です。売れないのです。書きすぎてもいけないので、この辺で止めます。



 投稿
  社会主義・共産主義文献  共産党がいくら大声を上げても、現代の古本市場で社会主義・共産主義文献の価値はゼロに近い。 日本共産党の幹部の著書はさらに・・・・w
2015/04/14(火) 23:44:32 |   URL |  ぶさよでいっく #3/VKSDZ2


 古本屋通信
 毎度何かとお世話になります。残念ながらそのとおりです。これは共産党系、新左翼系を問わずそうです。更にそれに留まらない社会系の殆んどがこれに含まれます。従って古本屋通信の在庫のすべてはゴミの山ということになります。それでも十年前は古本交換会(業者市会)で一束千円で値が付いていました。今では全く買う人がいません。だから上記の方に 「たぶん惜しくないですヨ」 と申し上げたのです。



 投稿
 ダンボ-ル40箱分の本を梱包してマンション2階から運び出してくれました。更に買い取り料金2000円くれました。良心的な若者だったのですね。
 アマゾンで検索すると8000円の値が付いている本も中にはありましたが、買い取り若者さんはタブレットを操作しながら、「値が高くても人気ランキングが低いと在庫を抱えるリスクが有る」という話をされてました。回収した殆どの本は資源ごみに出すといいます。「そんなものなのかなあ」と思いましたが、汗だくになってダンボ-ル詰めの本を運び出す若者さんを応援したくなり、私の本が無事に買い手がついて、それでこの若者が潤ってくれるなら本望と思いました。
2015/04/19(日) 16:01:43 | URL | 窮鼠 #-



 古本屋通信
 う~ん、本を拝見していないので何ともハッキリしたことは言えませんが、新古本屋なら妥当ではないでしょうか。慣れた誠実な若者(業者)だと思います。古書店なら少し評価基準は違うでしょうが、その場合の方が高くなるとは限りません。やはり大半がツブシ(売れないから捨てる本)となるでしょう。
 それからアマゾンの売価は引取り値と全く関係がないと考えて下さい。いや下値の一円はもちろんダメですが、上値が8000円であろうが2万円であろうが、少なくとも私は余り参考にしません。若者の言うとおりです。日本の古本屋の10倍の値をつけているケースは多いです。これは日本の古本屋の品切れを待っているのです。アマゾンの付け値が悪質だという事でもありません。サイトの性格の違いですから。いちばん正直なのがヤフーオークションですが、これは即決ですから安いし、だいいち落札され難いです。ということはトコトン安く買わないと古本屋は商売にならないということです。
 あれこれ書きましたが、旧蔵者の側からは納得のいかないことが多いと思います。古本屋も余り説明したがりません。いえばいうほど誤解を生むからです。だから古本屋を信頼してくれとしか言いようがないのです。まあ、こんなものだと思ってくれというのが正直なところです。
  1. 2015/04/14(火) 20:31:30|
  2. 未分類