古本屋通信

政務調査費、岡山県議会

古本屋通信       No 1346  3月15日


 政務調査費、アホやった岡山県議会。ツケは必ず戻ってくる


 私は何回も書いたからもう書かぬ。その後の朝日新聞とキンピーサイトの記事だけを貼っておく。ブサヨさん、ありがとう。岡山県議会の一番のアホウは横田悦子さんだった。これが今回の私が彼女に投票しない理由のひとつである。次のアホウが引退した武田英夫氏だった。この2人が最悪ワースト2だった。もっともマシなのが自民党だった。どうなってんの一体? 私は森脇さん支持を表明したが、間違っていることは間違っているとハッキリ言う。この件では倉敷の須増さんまでダメだった。党議拘束だが、本当に政治結社の自由が分かってんのか? これ政党助成金の問題と同格ですよ。

 ええですか、永久にいたちゴッコになりますよ。岡山市議会の共産党市議団長の河田さんだって言ってたよ。毎年かなりアウトが出て金を返却すると。ホンマに共産党はアホウやなあ(古本屋通信)。





朝日新聞デジタル
「これ政活費?」 あいまい 政務活動費全国調査
2015年3月14日05時49分
政務活動費をめぐる朝日新聞の47都道府県議調査(2013年度)で、公費でまかなうには疑問が生じかねない支出の数々が明らかになった。「政務調査費」という名称だった13年2月以前から使い道をめぐって住民訴訟が繰り返されてきたが、政策立案のためといえるかどうか線引きがあいまいなまま支出されている実態は変わっていない。
 「居酒屋夢家 5000円」「麺屋はやたろう 3710円」「くら寿司(ずし) 2760円」「王将フードサービス 3422円」「世界の山ちゃん 5630円」
 静岡の柏木健(たけし)議員(46)は年間108回、飲食店での会食代の一部に計35万8千円の政務活動費を充てていた。「ちょっとお酒でも飲みながら話さないと、話しづらいことは聞けない」
 使い道の基準を定めた県議会のマニュアルは、飲食を主とする会合への支出は禁じている。柏木議員は「あくまで意見交換が主目的だからマニュアルに違反しない」と説明する。野々村竜太郎・元兵庫県議(48)の不適切な支出が明らかになった後、県議会事務局から「飲食代に使わない方がいいのではないか」と指摘され、14年度から計上しないことにしたという。
 石川の米田昭夫議員(70)は飲食代29万6千円に政務活動費を充てた。「回転寿司 すし食いねぇ! 7463円」「焼肉の茂六 1万480円」などの147枚の領収書を提出し、名目の大半は「意見交換会」。マニュアルには飲食を禁止する規定がなく、「自分の分しか出していないし、マニュアルに違反していない」と話す。
■各地で相次ぐ住民訴訟
 各地の住民訴訟で、飲食代は長年の争点だった。11年9月の仙台高裁判決は「必要性を慎重に検討すべきだ」との原則を示し、特に酒を伴う会合は「公費からの支出は許されるべきでない」として05年度の岩手県議の飲食費支出を違法と認定。13年7月、最高裁で確定した。
 13年6月には横浜地裁が、神奈川県議会4会派の03~05年度の様々な支出について判断を示し、5千円を超える新年会費や出版記念パーティーの参加費、1500円を超える弁当代などを不適切とした。判決例が積み重なる一方、マニュアルの内容は議会が決める。その結果、疑問が生じるケースでもマニュアルで明確に禁じていないグレーゾーンは広い。
 同僚議員らとのホテルでの会食代、自宅の一室に設けた事務所の家賃……。大阪府東大阪市議会では昨年9月以降、そんな支出が相次いで発覚。市議1人が議員辞職、正副議長が辞任し、09~13年度の3884万円が返還された。
 マニュアルには、原則として支出を禁止していても「一定の条件、規定により認める」という例外規定が複数あり、解釈は議員ごとにまちまちだった。
 政策立案のための活動と後援会活動の線引きもあいまいだ。市民オンブズマン石川の林木(りんぎ)則夫代表幹事は2月、県議12人と1会派が13年度の政務活動費から支出した人件費計1724万円の返還を求め、住民監査請求した。「事務所の職員は選挙や後援会の活動にも従事しているとみられる。人件費すべてを政務活動費でまかなうのはおかしい」
 13件の訴訟に関わってきた市民オンブズマンおかやま代表幹事の光成卓明(みつなりたかあき)弁護士は「使い道の基準を決めるのは議員。自らに都合のいいグレーゾーンを撤廃するのは難しい」と話す。
 北海道函館市議会は、後援会活動などが混在する恐れがあるものは「原則として支出しない」と定める。携帯電話の通話料、陳情の費用への支出も禁止だ。
 議会事務局の塚谷圭永子次長は言う。「どこまで支出できるかは判例でもまちまち。混在する支出は認めないのが一番」
■切手代や会食費、異なる基準
 朝日新聞は2~3月に政務活動費について47都道府県議会事務局にアンケートした。飲食費や、兵庫で野々村竜太郎元県議らによる大量購入が問題になった切手への支出をどの程度認めているか尋ねると、議会によって基準が異なる実態が浮かび上がった。
 年賀はがきや年賀切手の購入を禁じる規定があるのは36議会。議員が選挙区内に年賀状を出すことが公職選挙法で禁じられているためだ。11議会には禁止規定がないが、うち静岡、三重は運用上、購入を認めていない。
 はがきと切手の購入を禁じている議会はなかったが、兵庫は昨年10月、いずれも1人あたり月1万円を上限にした。宮崎は現物を示し、大分は理由を記す必要がある。
 会食費の禁止規定があるのは千葉、長野、三重、京都、熊本の5議会。残る42議会のうち上限額を定めているのは26議会で、昼食で1千~2千円、夕食で1千~5千円だった。「飲酒費」を認めていないのは埼玉、千葉、長野、三重、福岡、熊本の6議会だ。



2015年03月14日21:30   キンピーサイト
大阪市、政務調査費領収書公開で、共産党へのカネの流れが明らかにw

時事通信
大阪市議会は13日の本会議で、政務活動費の領収書などを市議会のホームページで公開するための条例改正案を全会一致で可決した。今年4月30日以降の政務活動費を対象とし、2016年夏ごろに公開する方向だ。
 政務活動費の使途の透明化が狙いで、市議会事務局によると、領収書まで公開するのは政令市では初めて。 


えらいことになりましたな・・・ 共産党は清潔だから使途に一切問題がないと思っている党員諸君は多いと思うが、実際に見たら驚くぞ。
だって、党が関わっていない取引(たとえばパソコン購入)とかは別として、資料購入は赤旗、民主商工新聞、生健新聞とか党関係の発行物ばかり。印刷は当然関西共同とかどう見ても相見積もりをとっていると思えないところばっかしとか、党事務所に議員事務所をおいているところは党に家賃を払っているとか、政務調査費を党に入れようと一生懸命に見える、いろいろ楽しい支出が明らかになります。
唯一明らかにならないのは、事務所で雇って人件費を支出している人の名前。これが黒で潰してある。これが誰かわかって党員名簿と照合するとまた面白い実態が見えてくると思うのだが、残念w

もちろんこうした支出は違法ではないが、だからといって自慢できるようなもんじゃない。たとえば大阪市は凄くて、議員専用の図書館まで整備してあるほど勉強できる環境が揃っている。そんなところで党外の本一冊も買わずに済んでいる議員って、何勉強しているんでしょうかw?とかねw
strong>
  1. 2015/03/15(日) 05:26:43|
  2. 未分類