古本屋通信

宮本徹のツイートから

古本屋通信     No 1294   2月18日

  宮本徹のツイートから


  現在午前 3 時半です。ネタ元はキンピーサイトです。 宮本徹に関するものです。ブサヨさん、貴サイトのキーワード 「ブーメラン」 と無関係に使わせて頂きます。あしからずご了解乞う




 宮本徹 @miyamototooru
本会議、志位委員長の質問中に、「テロ政党」というヤジが飛んで、頭にきました。主義主張の違いからくるヤジはあっていいと思いますが、こうした誹謗は絶対に許されません。 2015年2月17日

 宮本徹 @miyamototooru
侵略戦争礼賛の「日本版ネオナチ」の支配 一日も早く終わらせよう 赤旗まつり不破社研所長http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-04/2014110403_01_1.html … 動画でアップしてほしいです。 2014年11月4日



  古本屋通信

  いまさら不破の動画を見る気にならなかったので見なかった。宮本徹の短いツイートを見て直感的に思った。やはり宮本は大した男だ。ひょっとしたら宮本顕治の隠れた息子ではないかと。あくまで私流の思い込み的解釈である。宮本徹は(無意識のうちに) 3つの考えるに価する問題を提出してくれた。

その① ネオナチについて。池内沙織が例のツイートを取り消した翌日、どこかの番組に出て盛んに 「ネオナチ」 「ネオナチ」 と言って安倍政権を批判していた。私は妙な用語を使うなと思い呆れていた。従来の共産党圏の言葉でなかったからだ。なるほど不破の用語だったのか。だから池内が安心して使った。私はここで池内を貶しているのではない。咄嗟に不破を倣った感度の良さに感心している。池内は吉良の書記長候補の座を奪うかも知れない。不破の 「ネオナチ」 使用自体は戦後歴史学の普通の語だからとやかく云うに及ばないが、これ位のことば使いでも他の共産党幹部は遠慮するだろう。どちらかと云えば新左翼的な匂いがしないでもないから。

その② 「テロ政党」 というヤジ。私は誰から出たヤジか興味がないが、これは共産党の身から出た錆、つまりブーメランだと思う。私はこれまでも 「テロ」 「テロル」 「テロリズム」 「テロリスト」 なる用語のデタラメな使用法を指摘してきた。ついにはアタマに来て、自分でも「右翼テロ新聞=産経」など、皮肉を書くに至った。しかしこれは明らかに誤った使用法である。20年ほどまえから、ブル新聞中心に「テロ」が頻出し始めた。政府自民党筋が明らかに政治的意図を持って同調した。つまり 「自由主義体制」 に批判的な政治勢力、議会政治の枠を超えた政治運動をテロと呼ぶのだ。それが集中的に顕れたのが今回の 「イスラム国」 だった。
 私はアメリカその他の空爆は許されざる殺人だと思う。しかしそれは戦争行為であって政治テロではない。政治テロは政治指導者の暗殺をもって政治体制を変えようとする試みである。空爆による無差別殺人は政治テロではない。これに対するイスラム国の戦争のやり方の是非はある。しかし人質をとって身代金を要求する戦法を含めて、これは戦争の戦い方の問題であって、断じて政治テロではない。もっと端的に云えば全ての戦争は政治の延長である。いや戦争は政治そのものなのだ。
 こういうテロに関する初歩的な誤りの問題がある。日本共産党はこれを批判してこなかった。今回の全会一致の国会決議には確かに「テロ」なる用語は含まれていなかった? この決議文全文をブル新聞だけでなく、赤旗も掲載しない摩訶不思議。「テロ」 はなくても 「国際社会」 はあったろう。しかし「国際社会で一致してイスラム国を追いつめて行く」 ? これでは今日のブル新聞の圧倒的なデマ報道下にあって、イスラム国をテロ組織と断じているに等しい。
 誰がヤジったのか知らないけれど、浜田幸一の再現? 私は日本共産党が萎縮することを恐れる。党にとってブルジョア議会でのたたかいは階級闘争の一部に過ぎない。あらゆる大衆的なたたかいが議会に集約される訳ではない。議会外からも反動政権を追い詰めていかなければならない。今回の 「テロ政党」 ヤジを聞いていると、60年安保闘争さえテロ呼ばわりしているかの如くだ。

その③ 宮本徹が 「主義主張の違いからくるヤジはあっていいと思います」 と書いたことは重要である。当然だがヤジ=不規則発言もまた一定の制限の下、言論の自由の範疇である。これについては既に多く書いたから繰り返さない。都議会共産党と福山市議会共産党は宮本ツイートを味読されたい。
  1. 2015/02/18(水) 03:31:15|
  2. 未分類