古本屋通信

[倉敷民商弾圧事件] の後註

古本屋通信     No 1222  1月10日


 [通信 No 1199 倉敷民商弾圧事件] の後註

 年が明けて1月10日、ここのエントリーがキンピーサイトに転載された。 

   倉敷民商事件続報、某古本屋氏の努力に感謝


 ブサヨさん、ありがとう。623さんをはじめ民商にきびしいコメントが付きそうだ。楽しみである。なお私はこの件では伸子さんに違和はないが、別件の政務活動費問題では彼女と真っ向から対立している。そのうち伸子さん批判もやるつもりである。


 なお、岡山以外ではすます伸子さんを知らない人も多いだろうから、ひとこと紹介しておきます。私が一発で惚れた女性なのです。理由は東京だか伊豆の会館だかに行ったとき、新米の田中のぞみさんに不破のことを、「不破さんは将来、マルクス=エンゲルス=不破といわれる人よ」と紹介したと知ったからです。本人は皮肉のつもりはサラサラない。然し意識下の何とやら、立派な批判ではないか。これを党中央の議員研修会でやったのだから凄い。聞こえたら只じゃあ済まないよ。この時から私は伸子ファンなのです。宮本百合子の小説の主人公モデルでもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『宮本百合子と十二年』  1986年  不破哲三

 『私の宮本百合子論―「獄中への手紙」から「道標」へ』  1991年  不破哲三
  1. 2015/01/10(土) 13:42:35|
  2. 未分類