古本屋通信

政治ポスターの貼付

古本屋通信    No 1000     8月19日

  政治ポスターの貼付


 今回の共産党ポスター貼りに対するクレームはキンピーサイト経由のネタだが、ブサヨさんは単なる話題提供だろう。特に共産党を強く非難しているようには見えない。よって、直接 みっちゃんのつれづれ日記 から引いて、私の見解を書きたい。
  一寸あと、キンピーサイトのコメントを見た。みなさんはこの男に批判的ではない。私は最初の一文を読んだだけで某団体の方だと直感したのだが・・・・。よろしかったら、私の見解と正反対のコメントをお読みください。私の方が正しいと思うんだけどなあ。




 引用開始

2014-08-13 18:02:48
電話応対が最悪な日本共産党
いやー。
自分、政治的なことなんぞ全くどこがどうとか全く考えていないのですが、
日本共産党だけは絶対この世から廃絶すべき団体ということが理解できた。
ことの発端はこうですわ。
公共の施設・柵に共産党とでかでか名乗っている掲示物を発見。
しかも、20枚も貼ってあるではありませんか~(笑)
ん?
待てよ、市議会議員選挙があるっていったって、11月の話。
そこまで貼っている気かい?!
・・・目障りだな・・
ってか、一言「うざい」
 って云う事で、千葉県土木事務所や松戸市役所の関連部署(選挙管理委員会・道路維持管理部局)に問合せをして先ずは掲示の許可を出しているか否かを確認しました。
回答は、当然、「原則認めていません」←そりゃそうだ。
仮に掲示してある場合は無許可ですねって回答を頂きました。
それをもとに、日本共産党本部に電話をしたところ・・・
日本共産党は違法に掲示物を掲げているのか?
と話をしたところ・・・
「法に基づき貼らせていただいている。」と回答。
じゃぁ、具体的にこういうところに貼っていて、関係機関は許可を出していない旨のことを
伝えたところ・・
話も聞かずに電話を切りましたw
何度かけても、話も聞かずに一方的に電話を切る。
電話口の対応者の名前を伺っても、名乗らない。
こちらが名乗っても全く名乗らない。
奴ら、社会通念上のマナーを知らない。
そんな基本的な対人コミニケーションができない公党はいらない。
たのむから、この世から消えて欲しい。
いや、消えてくれ。
基本的な対人マナーすらできない日本共産党なんて、
歳費を盗み取る詐欺集団ですわ~。
政策なんて言っても、歳費をもらうための方便なんでしょー。
仕方ないので、
選挙管理委員会や関連部局に行政指導して頂けるようにお願いをしました。
日本の公務員は働いています。
公務員さん、ご面倒なことをして頂きありがとうございます!!


2014-08-14 15:03:54
共産党の横暴
ビラやポスターは政治的・商業的を問わず何らかの意思表示や意味のあるものである。
それを相手の同意なく貼ることは相手方の(憲法で保証されている)思想・良心の自由を侵害することになるのではないかと考える。
他者(公共物を含む)の管理する場所を勝手に利用して、自己の政治的意見を公表することは他者に自己の政治的意見を押し付けることであり、他人の表現の自由を侵害する行為である。
 これらのことを基本に考えた上で、本題に入る。
今、松戸市で共産党が公共物に数えただけでも22枚のポスターを管理者の許可なく貼っている。
これを日本共産党本部に申し入れたところ、電話を一方的に切る。
全く聞く耳を持たない。
このような公党の横暴を許していいのでしょうか?

2014-08-15 10:03:34
日本共産党の不法行為のその後
昨日(8/14)、所轄の警察署に告発状を提出しようかと考えとりあえず電話で問い合わせた。
公共物の不当占拠ということは、生活安全課が担当らしい。
告発状を出す前に、情報提供をまずして欲しいということなので、
段取りとして仕方ないのかと思いつつ警察署へ赴く。
話を聞かれ、証拠写真や関連機関(県土木事務所・市役所関連部局の選挙管理委員会や
道路維持管理課・JR)の許可が出ていないことを提示した。
担当警察職員氏は時系列で説明を書き記した後に説明をされた。
「軽犯罪法違反といえど、即、捜査はできない。かつ、政治団体であるならば慎重に対応せざるを得ない。」
「安易に、警察権を行使すると政治活動の妨害と指摘される。」

  ・・・だそうだ。
とはいえ、こちらも「はい、そうですか。」と簡単には納得できない。
何らかの意思表示をしているものを管理者である自治体に許可無く掲示をし、勝手に他者に対して自己の政治的意見・主張を公表することは、他人に自己の政治的意見を押し付けることと同様である。この行為は他人の表現の自由やプライバシーの権利を侵害する重大な犯罪行為である。
 ・・・と言えればかっこいいのですが、そこまで言ってしまう段階ではないので、やんわりと指導や警告が可能であれば、そう言った何らかの対処を願いたいとお願いをしてきました。ここまでが昨日のいきさつ。

2014-08-15 10:25:05
日本共産党小池晃参議院議員の対応
日本共産党のこの度の
不法行為(民法)と軽犯罪法違反並びに権利侵害を
日本共産党小池晃参議院議員にメールした。
だって、全然、日本共産党本部は電話対応しないんだから。(笑)
で、その後、返事も謝罪も来ませんね。
今朝、散歩していたら、日本共産党のポスターの何枚かは
撤去されていた。
でも、おかしいんですよね。
同じ不当に公共物を占拠している「日本共産党講演会」のポスターは並んで掲示してあったのに撤去していないんです。
地方選挙が近いからって汚い事している。
こんな悪質な政治団体は無くなって欲しい。
批判をする前に、己の襟を正すのが先ではありませんか?
参議院議員 小池晃殿。

 引用終わり




 古本屋通信

 どうにも救いのない文を長々と引用したのは、共産党地方議員がこの手の言いがかりに日常的に悩まされていると思うからだ。この男の素性が (ウスウス見当はつくものの) 今一つはっきりしないところに議員諸氏の苦悩があるだろう。

 私の結論を先ず書く。この男がごく普通の共産党嫌いから義憤に駆られて今回の行為に及んだ確率はきわめて低い。対立する政治勢力に席を置くとしても、自民、民主などの幹部クラスではあるまい。また幸福の科学や右翼政治勢力でもないだろう。つまりもっと直接的に共産党と競合し、共産党に憎しみを抱いている陣営に属している人物だ。

 この文章は低偏差値の低脳文だが、全て無効である。2つの結論。共産党中央が電話を切ったのは唯一正しい対応である。落し処は警察の対応で、「相手にせず」が正解 である。この男は警察で軽くいなされている。

 自信があるなら共産党へ電話などせず、初めから警察に告発すればよかった。絶対に受理されない。あるいは単に義憤に駆られたのなら、共産党に抗議電話一本入れて終わりにすべきだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 公共の施設・柵に共産党とでかでか名乗っている掲示物を発見

 これのどこが悪い? 「公共の施設・柵」では分からぬ。一般に個人の私有財産と確定できない箇所には、商業宣伝物や各種文化団体の催事、政治ポスターは溢れるほど貼付されている。一般的には何の違法性もない。しかし例えば公民館の掲示板に政党ポスターを貼ったり、塀に貼ったりするのは、違法ではないが非常識だろう。然しそういう例を私は見たことがない。22枚のポスターの違法性を具体的に挙げたらどうか。出来はしまい。

 キンピーサイトのコメントに 「地主が遠くに居たり、あるいは不明である場合は 共産党を含めて他党も張り放題といったところが多数ありました」 とある。これはいっけん公共の施設に見えるが私物である。所有者が剥がさない以上構わない。

 この男は自分が名前を名乗ったのに共産党の窓口が名前を言わないと怒っている。第3者から評価して差し上げよう。あんたの名前なんか言っても言わなくても、どうでもよいのだ。共産党は中央委員会として電話口に出た。それだけで十分である。それ以上言う必要はない。それに訊けば(ふつうは訊かないけど)ふつうは答えるだろう。既に一発で正体が見抜かれているのだ。だから何回電話しても切れる。

 特に「2014-08-14 共産党の横暴」は無茶苦茶だね。個人の家の塀ではなく公共性のある建物、例えば公民館にポスターを貼るのは(許可制ならば許可を受けねばならないが、たとえ無断であろうと)、公民館の「表現の自由を侵害する行為」などであろう訳がない。低脳である。

 もう書き飽きた。要は反共のアホウ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  追記

 今回いくらか軽犯罪法広告条例迷惑防止条例の反動性に就いて書くつもりだったが、詳しくは別の機会に譲りたい。こんなもん、なんにでも適用可能なのだ。私は「悪法も法である」という立場はとらない。公職選挙法の例外はあるが、これら「微罪」に適用可能な悪法は、法令違反の実力行使でもって有名無実化することが肝心と心得ている。しかし議員諸氏はこれは書き難いだろう。そういう事情まで知った上でデマを飛ばし、共産党に打撃を加えようとしているグループが存在する。いわずとも知れている。ブサヨさんとその投稿者のみなさん、如何なもんでしょうか?

 ここで懐かしい思い出をひとつ。私は20歳の学生のころ、高松市で民青高松地区委員だった。夜間、電柱にステッカーを貼るため3人1組で深夜で出掛けた。当時はデカが張り込んでいることもあった。違法といえば広告条例に引っ掛っただろう。事実パクられた例もあった。職務質問などやらずいきなり現行犯逮捕だ。なんせ民青事務所の向かいを公安が借り切って24時間監視していた時代だ。向うから望遠鏡で覗いていた。こっちも負けずに望遠鏡で覗き返した。で、私服デカに踏み込まれたら咄嗟逃げる訓練までしていた。逮捕されたときの黙秘の手引きは事務所の2階宿直室にあった。懐かしい時代だが、民青事務所の宿直はイヤだったなあ。






  1. 2014/08/19(火) 17:04:25|
  2. 未分類