古本屋通信

小池晃と赤旗の欺瞞

古本屋通信    No 995  8月16日

  小池晃と赤旗の欺瞞



 今週初めから母の葬儀などあり、紙の赤旗日刊紙を全く読んでいなかった。だから最近のブログはウェブ版を見て書いたものである。たったいま赤旗にざっと目を通した。12日付赤旗に小池晃が登場したテレビ番組の後追い記事があった。これをザッと読んで無性に腹が立ってきた。

 赤旗は既に手許にない。なくても構わない。最初に結論ありきだった。つまり「河野談話」の有効性だけをこじつけている。あとは小池晃といい赤旗といい、従来からの死んだ教条の繰り返しばかりである。これでは小池が馬鹿にされるのも当然だろう。

 私は「韓」政府を相手にした「河野談話」の有効性など関心がない。それより問題なのは小池晃が事もなげに 「吉田証言が偽りであることは明らかだが・・・」 と言っている事だ。朝日新聞は自分の書いた捏造記事をアレコレ言い逃れはしているが、少なくとも記事が誤りだったと認めて取り消した。

 赤旗はどうなのか。何だったら検証してやろうか。1990年代当時、赤旗は朝日新聞の記事をうのみにして従軍慰安婦報道をやった。吉田証言が正しいとしたのだ。これは朝日新聞に騙されたでは済まぬ。赤旗はジャーナリズムであり、情報の受け手ではない。その発信者である。これが通用するなら、朝日新聞は吉田に騙されたのだ。吉田は火種に過ぎない。吉田証言を 「真実の懺悔」 として世界に伝えたのが朝日であるとすれば、国内の隅々とりわけ共産党界隈に徹底したのが赤旗だ。ちっとは反省したらどうか。

 朝日が過去記事のデッチアゲを認めた (村井さんいいですか、これは捏造を認めたことになるのです) 8月5日の翌日、読売新聞は以下の記事を書いた。右翼新聞でもこれだけ書く。少しは見習ったらどうか。


YOMIURI ONLINE
朝日慰安婦報道 「吉田証言」ようやく取り消し
2014年08月06日 01時17分

◆女子挺身隊との混同も認める
 日韓間の大きな棘とげである、いわゆる従軍慰安婦問題について、朝日新聞が過去の報道を点検し、一部だが、誤りを認めて取り消した。
 韓国・済州島で慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の証言である。吉田氏は戦時中、労務報国会下関支部の動員部長だったとされる。
 朝日新聞は1982年9月、「済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』」とする吉田氏の発言をうのみにして報じた。

◆世界に誤解広げた一因
 これが韓国の反日世論をあおっただけでなく、日本について誤った認識が、世界に広がる根拠の一つとなった。今回、吉田証言を初めて虚偽と判断し、それをめぐる記事をようやく撤回した。
 もっと早い段階で訂正されるべきだった。92年には疑問が指摘されながら、20年以上にわたって、放置してきた朝日新聞の責任は極めて重い。
 朝日新聞は82年以降、確認できただけで計16回にわたって、吉田氏について記事にした。92年に歴史家の秦郁彦氏が吉田証言への疑問を指摘したが、修正することはなかった。
 97年3月の検証記事でさえ、吉田証言について「真偽は確認できない」と表記するにとどめた。
 吉田証言は、96年の国連人権委員会のクマラスワミ報告にも引用された。これが、慰安婦の強制連行があったとする誤解が、国際社会に拡大する一因となった。
 朝日新聞の報道におけるもう一つの重大な問題は、慰安婦と「女子挺身ていしん隊」との混同である。
 92年1月の1面記事で「主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる」と記した。
 この記事は、宮沢首相の訪韓の直前に報じられた。政府が慰安婦問題を調査し、元慰安婦への「おわびと反省」を表明する河野談話を作成する発火点となった。
 朝日新聞は今回、「女子挺身隊は、戦時下で女性を軍需工場などに動員した『女子勤労挺身隊』を指し、慰安婦とはまったく別」と、初めて誤りを認めた。
 「93年以降、両者を混同しないよう努めてきた」としているが、小学生まで慰安婦にしたかのような誤解を生むことになった。
 「当時は、慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、記者が参考にした資料などにも慰安婦と挺身隊の混同がみられた」と釈明したうえ、他紙も同様の報道をしたと指摘している。
 読売新聞にも当初、女子挺身隊や吉田氏に関して、誤った記事を掲載した例があった。だが、90年代後半以降は、社説などを通じて、誤りを正している。

◆正しい歴史認識持とう
 疑問なのは、「強制連行の有無」が慰安婦問題の本質であるのに、朝日新聞が「自由を奪われた強制性」があったことが重要だと主張していることだ。
 朝日新聞は当初、吉田証言などを基に、慰安婦の強制連行を問題視してきた。だが、強制連行の根拠が崩れると、慰安婦が慰安所に留め置かれていたことに強制性があると主張するようになる。

 今回も、問題の本質は、「慰安所で女性が自由を奪われ、尊厳が傷つけられたことにある」としており、その主張は基本的に変化していない。
 フィリピンやインドネシアなども含め、戦時中に多数の女性の名誉と尊厳が傷つけられる行為があったことは確かである。政府・軍の強制連行はなくとも、現在の人権感覚では、許されないこともあっただろう。
 しかし、「戦場での性」の是非と、軍の強制連行があったかどうかは、区別して論じる必要がある。広義の強制性があったとして日本政府の責任を問うことは、議論のすりかえではないか。
 正しい歴史認識を持つためには、あくまで真実を究明することが欠かせない。
  1. 2014/08/16(土) 05:39:10|
  2. 未分類