古本屋通信

挑発に乗せられた共産党区議

古本屋通信    No 955   7月18日

  挑発に乗せられた共産党区議

 今回もキンピーサイトのお世話になります。ブサヨさん、ありがとう。どうしてこういう区議が生まれるんだろう? まあ、頭にくるのはわかるけど。然しこれきしの事で辞める必要は全くないと思う。
 私の結論。下記の赤大文字部分がマズかったのだろうが、相手が糞だったら、コレくらい返しても当然だ。辞任する必要はない。コメントに「そもそもツイッターなんてプラスになるか否かも疑問」とあるが同感。こんなもので相互コミニュケーションできると思ってるのが間違い。コレだけは私は坂井希に批判的。石村とも子見てたら分かる。
 


暴言辞任共産党区議、こういう経緯だったら辞任すべきではなかったな。
2014年07月17日16:10
トピックニュース
スタジオでは、金子氏が暴言に至るまでの経緯を紹介。同番組によると事の発端は、金子氏が一般ユーザーと集団的自衛権についてツイッター上で議論となり、金子氏に対して「働いてないヒキニート(ひきこもりニート)のゴミ屑が国の為に働けるんだぜ?」というコメントが送られたことだという。

このコメントに金子氏は「自分は何様のつもりか?」「人間をゴミ屑というあなたの人権感覚を疑います」などと反論。一般ユーザーはこれに対し、「切り捨てられる弱者が悪いのだ」「戦争に人権なんて無意味なんですよ」「お前らみたいな言葉だけの夢見ちゃってる政治家より、戦場へ向かう自衛隊や兵士のほうが余程マシさ」などと、金子氏に返したと紹介された。

そして、最後に金子氏は問題となったツイート「そう言いながら、自分は行かないで、『ヒキニート』みたいな『ゴミ屑』に行かせようとしているんだろ! おまえこそ人間の屑だ。死ね! 何も罪のない民間人を殺す前に、お前が死ね! 達者でな!さようなら! 生きてたら、また会おうね」を投稿したという。

これは・・・相手の発言をうけての発言で、辞任するべきじゃないな。
ぶっちゃけ「自分は行かないで、あんたの言う『ヒキニート』・・・」とやっていれば何の問題もないケースじゃないかと。

辞任しなけりゃならない共産党区議はほかにいるのにねぇ・・・ .
busayo_dicbusayo_dic コメント( 6 )
トラックバック( 0 )

 コメント一覧

1. セルジオ近江 2014年07月17日 17:53
辛口になっちゃうけど、どこの馬の骨かもわからない不見識なアホ(もしくは工作員?)の呟きを真に受けて相手をするのが間違いだったと思うよ。
挑発に乗って墓穴を掘ってしまったんだからね。
そもそもツイッターなんてプラスになるか否かも疑問。

2. けろりん
2014年07月17日 18:59
まんまと挑発に乗ってくれた訳ですね。ツイッターで日共の議席が一個減らせた訳ですから書き込みされた若い(?)方は殊勲賞です。これからも頑張って日共の馬鹿議員を蹴散らして下さい。 と、棒読み(笑)

3. matsuge-ext. 2014年07月17日 20:57
金子氏に「売られたケンカは買わない」という憲法9条の精神が宿っていればこんなことには…

4. 仮)山田二郎 2014年07月17日 22:26
普段ご立派な事言っておられる(ふだん心の中で思っているからそう言った発言が出るetc)のが共産党ですから、辞任ではなく共産党解散ぐらいやってもらわないとwww

5. KM生@管理人様 2014年07月17日 22:40
>辞任しなけりゃならない共産党区議
辞任しなけりゃならない共産党国会議員もね(^^)

6. ラスティ・ネイル
2014年07月17日 22:54
何にしろ議員が「クズ」だの「死ね」だの証拠が残る形で書いたらあきませんわね。そんなことぐらいわかりそうなもんなんだけど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 続報

 今日18日の赤旗日刊紙の2面に、党中央委員会「国民の声」室の3段の小さな記事が掲載された。経過は上記とほぼ同一だから、全文の引用はしないが、末尾は以下のように結ばせている。

「・・・・・・・・ ツイッターは未知の相手も含めて発信されるものであり、他人の人格を全面的に否定するようなことは、党の立場からいって許されません。特に問うの議員や候補者の場合、その発言が「党」を代表する見解ととらえられることもふまえて、発信することが求められます。」 (党中央委員会「国民の声」室)

 まあ、こういわざるをえまい。然しブログでもそうだが、未知の相手から、今回のような低脳ともイカレ右翼ともスパイ挑発者とも知れぬ者からの発信があったら、即座に削除するしか手がないのか。しかもツイッターはつぶやきである。論理もクソもないのだ。条件反射的応答が普通だろう。これに理性的対応を求める
ことにそもそも無理がある。「死ね」 は極端だが、相手に応じて言葉を返す、それが自然だろう。
 

 私は数年前、党中央が新しいコミニュケーションツールとしてHPやブログは別にして、ツイッターをも推奨したことに疑問をもった。しかし当時はツイッターの具体が分からなかったので、様子を見守っていた。今回のようなことが起こると、私の不安は的中したと言わざるをえない。結論だけ。未知の相手との意思の伝達は理性的な伝達手段で行われるべきだと思うのだが、同だろうか。
  1. 2014/07/18(金) 00:17:08|
  2. 未分類